犬の散歩における注意点~山編~

ペットが家族の一員であることは言うまでもなく、近年ではペット同伴で旅行やレジャーを楽しむご家庭も多いです。自然と触れ合うことは大切なことですが、一方で注意しなければいけないこともあります。今回は犬を連れて「山」に行く際の注意点をご紹介します。

宿泊施設には、犬連れ禁止の場合がある!

山に限らず、宿泊施設には犬連れ禁止の場合があります。宿泊施設を利用しようと考えている場合は事前に確認しておく必要があります。また、犬連れの登山自体が禁止されている山も意外とあるようです。犬連れ登山者お断りの山かどうか、下調べが必要です。

足場が悪い山道はケガの原因になりうる!

山道には小枝や砂利なども多く、犬がケガをするリスクがあります。例え小さなものが刺さったとしても、異物反応として強い炎症が起こることもあります。このような場所は避ける方が無難でしょう。

レプトスピラなどの感染予防が必要!

レプトスピラとはスピロヘータ目の菌で、ネズミなど野生動物からイヌに感染します。この菌は人獣共通感染症であり、人間にも感染するため注意が必要です。レプトスピラ症は腎臓で増殖し、イヌが死に至ることもあります。この病気は混合ワクチンで予防することができますので、山など自然環境へイヌを連れて行くことが多い場合は、レプトスピラの予防もできる混合ワクチンを選択する必要があります。ワクチン接種の際は獣医師に相談すると良いでしょう。

【ご来院出来る方のみ】犬 9種混合ワクチン接種【動物病院へ行こう!】【診療・接種代】

【9種混合ワクチン】
犬6種混合ワクチンにプラスして、レプトスピラ感染症(3種類)への予防効果があるのが9種混合ワクチンです。レプトスピラ感染症は人獣共通感染症のため、お散歩が大好きでスキンシップが多い犬や、お子様やご年配の方と同居している場合は接種の必要性が高まります。
しかしながらレプトスピラに対する成分がワクチン接種後のアレルギーを起こす原因となりやすいため、完全室内飼育の犬や子犬では接種の必要性を考慮するべきでしょう。

【ご来院出来る方のみ】犬 11種混合ワクチン接種【動物病院へ行こう!】【診療・接種代】

【11種混合ワクチン】
6種類のウイルスによる感染症と5種類のレプトスピラによる感染症を防ぎます。レプトスピラには250を超える種類がありますが、そのうち日本でよく見られる種類のものに対して予防効果を持ちます。
レプトスピラ感染症は発症すると発熱や頭痛など風邪の様な症状をしめし、そのまま治るものもありますが、肝障害、黄疸、出血、腎障害など重症になり、治療をしない場合死にいたることもあります。
また、レプトスピラ感染症は人獣共通感染症としてしられ、人では「秋疫(あきやみ)」と呼ばれます。お散歩が大好きでスキンシップが多い犬や、お子様やご年配の方と同居している場合は接種の必要性が高まります。
しかしながらレプトスピラに対する成分がワクチン接種後のアレルギーを起こす原因となりやすいため、完全室内飼育の犬や子犬では接種の必要性を考慮するべきでしょう

ノミやダニの予防を徹底する!

山にはマダニなどの外部寄生虫が生息していますので、これらについても対策が必要です。このような外部寄生虫は犬に貧血、皮膚炎や病原体の媒介をもたらすだけでなく、ヒトにも危害を及ぼす可能性があります。ノミとダニの予防は簡単にできますので、被害を受ける前に必ず対策をすべきでしょう。

動物病院で販売されているノミダニ駆除薬は、確実に駆除し、なおかつ予防をします。
このような商品をできるだけ通年投与してあげることが最良です。

フロントラインプラス 猫用 CAT シングルピペット 動物用医薬品

フロントライン プラスは、ペットに寄生した成ノミやマダニを速やかに駆除。ノミの卵の孵化・発育まで阻止するダブルの効果で、寄生中のノミだけでなく、その繁殖・再寄生を予防します。 また、犬のシラミとハジラミ、猫のハジラミを駆除する効果も確認されています。

フロントラインプラス 犬用 XS (5kg未満用) シングルピペット 動物用医薬品

フロントライン プラスは、ペットに寄生した成ノミやマダニを速やかに駆除。ノミの卵の孵化・発育まで阻止するダブルの効果で、寄生中のノミだけでなく、その繁殖・再寄生を予防します。 また、犬のシラミとハジラミ、猫のハジラミを駆除する効果も確認されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたの愛犬は幸せですか?行動やしぐさで知る犬の幸福度について

「うちの犬って幸せなのかしら?」そんな風に考えたことはありませんか?ちょっとした犬の行動やしぐさから、犬が感…

cezannee / 16804 view

愛犬の性格に合わせた、とっておきのストレス解消法をご紹介!

犬だってストレスはたまります。ストレスで吠えたりいたずらしたり悪いコになる場合も。愛犬の性格に合わせたストレ…

Chriee / 1690 view

そろそろ介護が必要?愛犬の高齢化をチェックしましょう!

犬はだいたい7歳を過ぎた頃から高齢犬の仲間入りをし、12歳くらいからは少しづつ出来ないことが増えてきます。そ…

cezannee / 1140 view

愛犬の行動で気になる遠吠え!そのしぐさにはどんな意味があるのでしょうか?

犬の行動・しぐさの中で気になるのが遠吠え。見ているとするコとしないコがいます。遠吠えをするのはどんな理由で、…

Chriee / 1560 view

犬と楽しく水遊びをするために注意することと、マナーについて

暑い夏は、犬と一緒に川や湖など、水辺へ出かける機会も多くなります。犬と楽しく水遊びをする時のマナーと気をつけ…

cezannee / 1987 view

獣医師が解説「犬の発情」:複数のホルモンが関与している!?発情周期の異常について

雌犬の発情周期は平均6-7ヶ月おきにみられますが、個体、品種などにより差があり、4-18ヶ月程度のばらつきあ…

本間獣医科病院 / 4243 view

犬が人間にお腹を見せるのは服従?それとも…

犬が人間にお腹を見せるしぐさ、飼い犬であれば良く目にする姿です。お腹を見せるのは一般的には服従の意味がありま…

Chriee / 3187 view

ご存知ですか?覚えておきたい愛犬との登山マナー&健康管理について

暖かい季節には愛犬と登山も楽しいものです。しかし、最近犬登山が問題視されているのも事実です。登山に備えての健…

Chriee / 969 view

愛犬の気持ちがわかるかも⁈読んで役立つ話題の本まとめ

犬って何をしたいのかわからない!そんな時に役立つ、おもしろく解決できる本をまとめてみました。これで愛犬の気持…

Chriee / 2197 view

お腹を出して服従ポーズ!?反省する犬の動画が可愛い!

イタズラは困りますが、見つかって気まずそうにしている時や

Chriee / 2266 view

犬の中でも意外と奥が深いんです!知能が高く飼いやすい、プードルについて知ろう!

プードルと言うと最近ではトイプードルを連想することが多いかと思いますが、猟犬としても使われてきた犬です。そん…

Chriee / 1855 view

獣医師が解説:爪切りしないとどうなる?犬の爪のケアについて注意すること

犬の爪のケアは快適な生活のために定期的に行わなければならないことの一つです。トリミングや定期検診の際に併せて…

本間獣医科病院 / 2061 view

関連するキーワード