ステロイドはよく使われる薬ですが、どんな薬なのでしょうか?

私たちが普段、薬として呼んでいるステロイドはステロイド系抗炎症薬のことをいい、主な成分は糖質コルチコイドあるいはその誘導体です。ステロイド系抗炎症薬には、その名の通り抗炎症作用や免疫抑制作用があります。

ステロイドは実は体の中で作られている

腎臓の頭側には副腎という器官があり、そこから数種類のホルモンが産生/分泌されます。副腎の束状帯という部位からは糖質コルチコイドが分泌され、このホルモンは体内ではタンパク質の糖化(血糖値の上昇)、成長ホルモン分泌抑制などの働きを行っています。

どんな場合にステロイドを使う必要があるのでしょうか?

上述したように薬として用いた場合に期待する作用は、抗炎症作用や免疫抑制作用です。炎症は細胞傷害に対する生体反応で、傷害された組織の修復に密接に関連しています。また免疫とは、自己と非自己を見分け、非自己(つまり病原体や腫瘍細胞など)を排除しようとする生体反応です。

いずれも健康を維持するために大切な生体反応ですが、ときに生体にとって不利に働く場合があります。例えば関節炎が長期化した場合、線維化を伴い、やがて関節可動域が狭くなってしまいます。

また免疫が非自己でなく自己に対して異常に働くことで、生体に不利な状況をもたらすこともあります(アレルギー反応)。このように炎症や免疫を抑える必要がある場合、ステロイドを用います。

ステロイドときいて、無条件に拒絶反応を示していませんか?

ステロイドには副作用があります。したがって、高容量を長期間使用する場合は獣医師のモニタリングのもと適切に使われなければなりません。しかし、副作用の情報ばかりが先行して、ステロイドときいただけで無条件に拒絶する方も意外と多く、ときに症状を我慢することを選択されることもあります。ステロイドの使用にあたり不安なことがあれば、獣医師によく相談するとよいでしょう。

ステロイドは万能薬ではありません。獣医師には薬の説明をしっかりしてもらいましょう。

病気には原因があり、その原因は様々です。

ステロイドさえ投薬すれば病気は治るというものではありません。感染がある場合では、ステロイドの使用により症状がむしろ悪化してしまう恐れがあります。何も検査しないで最初からステロイドを単独で使うような行為は好ましくありません。例えば皮膚炎があり、検査を行って感染が疑われても、痒みが強いなど状況によっては獣医師の判断により少量のステロイドを併用することはあります。

どんな薬も使うときは根拠がなければいけません。獣医師には薬を使う根拠を説明してもらうとより安心できると思います。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

〔効果・効能】
ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。


【特長】
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分が抗炎症作用、止痒作用、抗真菌作用、抗細菌 作用をもち、様々な皮膚病の局所の治療に優れた効果を現す犬猫の皮膚疾患治療 剤です。特に、皮膚の最表層における細菌感染に優れた効果が期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬の健康を守るために混合ワクチンって必要なんでしょうか?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されていま…

adelee / 2008 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 969 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1305 view

愛犬のお散歩にもいいかも!こんなに可愛くてオシャレになった最近のエリザベスカラー

愛犬の治療中や介護のグッズとして便利なエリザベスカラー。硬いものはちょっと不便と感じることはありませんか?お…

Chriee / 4149 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1328 view

獣医師が解説「犬のうつ病?」:もしかして、、、と思ったら症状をチェック!原因と予防策…

犬は感情豊かな動物で、繊細な心を持っています。生活環境の変化などから犬にもうつ病のような症状があらわれること…

本間獣医科病院 / 1168 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1063 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1302 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1504 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 1055 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1732 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 1989 view

関連するキーワード