ステロイドはよく使われる薬ですが、どんな薬なのでしょうか?

私たちが普段、薬として呼んでいるステロイドはステロイド系抗炎症薬のことをいい、主な成分は糖質コルチコイドあるいはその誘導体です。ステロイド系抗炎症薬には、その名の通り抗炎症作用や免疫抑制作用があります。

ステロイドは実は体の中で作られている

腎臓の頭側には副腎という器官があり、そこから数種類のホルモンが産生/分泌されます。副腎の束状帯という部位からは糖質コルチコイドが分泌され、このホルモンは体内ではタンパク質の糖化(血糖値の上昇)、成長ホルモン分泌抑制などの働きを行っています。

どんな場合にステロイドを使う必要があるのでしょうか?

上述したように薬として用いた場合に期待する作用は、抗炎症作用や免疫抑制作用です。炎症は細胞傷害に対する生体反応で、傷害された組織の修復に密接に関連しています。また免疫とは、自己と非自己を見分け、非自己(つまり病原体や腫瘍細胞など)を排除しようとする生体反応です。

いずれも健康を維持するために大切な生体反応ですが、ときに生体にとって不利に働く場合があります。例えば関節炎が長期化した場合、線維化を伴い、やがて関節可動域が狭くなってしまいます。

また免疫が非自己でなく自己に対して異常に働くことで、生体に不利な状況をもたらすこともあります(アレルギー反応)。このように炎症や免疫を抑える必要がある場合、ステロイドを用います。

ステロイドときいて、無条件に拒絶反応を示していませんか?

ステロイドには副作用があります。したがって、高容量を長期間使用する場合は獣医師のモニタリングのもと適切に使われなければなりません。しかし、副作用の情報ばかりが先行して、ステロイドときいただけで無条件に拒絶する方も意外と多く、ときに症状を我慢することを選択されることもあります。ステロイドの使用にあたり不安なことがあれば、獣医師によく相談するとよいでしょう。

ステロイドは万能薬ではありません。獣医師には薬の説明をしっかりしてもらいましょう。

病気には原因があり、その原因は様々です。

ステロイドさえ投薬すれば病気は治るというものではありません。感染がある場合では、ステロイドの使用により症状がむしろ悪化してしまう恐れがあります。何も検査しないで最初からステロイドを単独で使うような行為は好ましくありません。例えば皮膚炎があり、検査を行って感染が疑われても、痒みが強いなど状況によっては獣医師の判断により少量のステロイドを併用することはあります。

どんな薬も使うときは根拠がなければいけません。獣医師には薬を使う根拠を説明してもらうとより安心できると思います。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

〔効果・効能】
ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。


【特長】
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分が抗炎症作用、止痒作用、抗真菌作用、抗細菌 作用をもち、様々な皮膚病の局所の治療に優れた効果を現す犬猫の皮膚疾患治療 剤です。特に、皮膚の最表層における細菌感染に優れた効果が期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1127 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 535 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 787 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 7027 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1028 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 1516 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 2275 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 546 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 1953 view

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 1068 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 615 view

完治しないと言われている犬のてんかん、その症状とは?

犬にもてんかんを発症するコがいます。完治はしないと言われており、飼い主のケアが必要になってきます。てんかんの…

Chriee / 1021 view

関連するキーワード