ステロイドはよく使われる薬ですが、どんな薬なのでしょうか?

私たちが普段、薬として呼んでいるステロイドはステロイド系抗炎症薬のことをいい、主な成分は糖質コルチコイドあるいはその誘導体です。ステロイド系抗炎症薬には、その名の通り抗炎症作用や免疫抑制作用があります。

ステロイドは実は体の中で作られている

腎臓の頭側には副腎という器官があり、そこから数種類のホルモンが産生/分泌されます。副腎の束状帯という部位からは糖質コルチコイドが分泌され、このホルモンは体内ではタンパク質の糖化(血糖値の上昇)、成長ホルモン分泌抑制などの働きを行っています。

どんな場合にステロイドを使う必要があるのでしょうか?

上述したように薬として用いた場合に期待する作用は、抗炎症作用や免疫抑制作用です。炎症は細胞傷害に対する生体反応で、傷害された組織の修復に密接に関連しています。また免疫とは、自己と非自己を見分け、非自己(つまり病原体や腫瘍細胞など)を排除しようとする生体反応です。

いずれも健康を維持するために大切な生体反応ですが、ときに生体にとって不利に働く場合があります。例えば関節炎が長期化した場合、線維化を伴い、やがて関節可動域が狭くなってしまいます。

また免疫が非自己でなく自己に対して異常に働くことで、生体に不利な状況をもたらすこともあります(アレルギー反応)。このように炎症や免疫を抑える必要がある場合、ステロイドを用います。

ステロイドときいて、無条件に拒絶反応を示していませんか?

ステロイドには副作用があります。したがって、高容量を長期間使用する場合は獣医師のモニタリングのもと適切に使われなければなりません。しかし、副作用の情報ばかりが先行して、ステロイドときいただけで無条件に拒絶する方も意外と多く、ときに症状を我慢することを選択されることもあります。ステロイドの使用にあたり不安なことがあれば、獣医師によく相談するとよいでしょう。

ステロイドは万能薬ではありません。獣医師には薬の説明をしっかりしてもらいましょう。

病気には原因があり、その原因は様々です。

ステロイドさえ投薬すれば病気は治るというものではありません。感染がある場合では、ステロイドの使用により症状がむしろ悪化してしまう恐れがあります。何も検査しないで最初からステロイドを単独で使うような行為は好ましくありません。例えば皮膚炎があり、検査を行って感染が疑われても、痒みが強いなど状況によっては獣医師の判断により少量のステロイドを併用することはあります。

どんな薬も使うときは根拠がなければいけません。獣医師には薬を使う根拠を説明してもらうとより安心できると思います。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

〔効果・効能】
ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。


【特長】
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分が抗炎症作用、止痒作用、抗真菌作用、抗細菌 作用をもち、様々な皮膚病の局所の治療に優れた効果を現す犬猫の皮膚疾患治療 剤です。特に、皮膚の最表層における細菌感染に優れた効果が期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2938 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1215 view

混合ワクチンが完了しない幼犬がお散歩NGなのは何故?こんな健康上の理由があるんです

混合ワクチンが完了していない幼犬は健康上どんな心配があるのでしょう?混合ワクチンが重要な理由をまとめてみまし…

Chriee / 1116 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 3054 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1571 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1603 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1548 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 1434 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1691 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 1247 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 2165 view

犬が震えたり吐く時はこんな病気を疑ってみて!

犬が震えている時や、吐く症状にはさまざまな原因があります。特に心配ないものや、見落としてしまいがちな病気や体…

Chriee / 2255 view

関連するキーワード