ステロイドはよく使われる薬ですが、どんな薬なのでしょうか?

私たちが普段、薬として呼んでいるステロイドはステロイド系抗炎症薬のことをいい、主な成分は糖質コルチコイドあるいはその誘導体です。ステロイド系抗炎症薬には、その名の通り抗炎症作用や免疫抑制作用があります。

ステロイドは実は体の中で作られている

腎臓の頭側には副腎という器官があり、そこから数種類のホルモンが産生/分泌されます。副腎の束状帯という部位からは糖質コルチコイドが分泌され、このホルモンは体内ではタンパク質の糖化(血糖値の上昇)、成長ホルモン分泌抑制などの働きを行っています。

どんな場合にステロイドを使う必要があるのでしょうか?

上述したように薬として用いた場合に期待する作用は、抗炎症作用や免疫抑制作用です。炎症は細胞傷害に対する生体反応で、傷害された組織の修復に密接に関連しています。また免疫とは、自己と非自己を見分け、非自己(つまり病原体や腫瘍細胞など)を排除しようとする生体反応です。

いずれも健康を維持するために大切な生体反応ですが、ときに生体にとって不利に働く場合があります。例えば関節炎が長期化した場合、線維化を伴い、やがて関節可動域が狭くなってしまいます。

また免疫が非自己でなく自己に対して異常に働くことで、生体に不利な状況をもたらすこともあります(アレルギー反応)。このように炎症や免疫を抑える必要がある場合、ステロイドを用います。

ステロイドときいて、無条件に拒絶反応を示していませんか?

ステロイドには副作用があります。したがって、高容量を長期間使用する場合は獣医師のモニタリングのもと適切に使われなければなりません。しかし、副作用の情報ばかりが先行して、ステロイドときいただけで無条件に拒絶する方も意外と多く、ときに症状を我慢することを選択されることもあります。ステロイドの使用にあたり不安なことがあれば、獣医師によく相談するとよいでしょう。

ステロイドは万能薬ではありません。獣医師には薬の説明をしっかりしてもらいましょう。

病気には原因があり、その原因は様々です。

ステロイドさえ投薬すれば病気は治るというものではありません。感染がある場合では、ステロイドの使用により症状がむしろ悪化してしまう恐れがあります。何も検査しないで最初からステロイドを単独で使うような行為は好ましくありません。例えば皮膚炎があり、検査を行って感染が疑われても、痒みが強いなど状況によっては獣医師の判断により少量のステロイドを併用することはあります。

どんな薬も使うときは根拠がなければいけません。獣医師には薬を使う根拠を説明してもらうとより安心できると思います。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

〔効果・効能】
ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。


【特長】
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分が抗炎症作用、止痒作用、抗真菌作用、抗細菌 作用をもち、様々な皮膚病の局所の治療に優れた効果を現す犬猫の皮膚疾患治療 剤です。特に、皮膚の最表層における細菌感染に優れた効果が期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4926 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 3355 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 996 view

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 1096 view

こんな症状から始まります!年齢とともに気になる犬の痴呆症とは?

犬にも痴呆症があります。全ての犬に起こるわけではありませんが、シニアに入って不審な行動などの症状が見られるよ…

Chriee / 1371 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 7642 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2311 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1519 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1080 view

獣医師が解説「犬のうつ病?」:もしかして、、、と思ったら症状をチェック!原因と予防策…

犬は感情豊かな動物で、繊細な心を持っています。生活環境の変化などから犬にもうつ病のような症状があらわれること…

本間獣医科病院 / 1262 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 2732 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10495 view

関連するキーワード