ステロイドはよく使われる薬ですが、どんな薬なのでしょうか?

私たちが普段、薬として呼んでいるステロイドはステロイド系抗炎症薬のことをいい、主な成分は糖質コルチコイドあるいはその誘導体です。ステロイド系抗炎症薬には、その名の通り抗炎症作用や免疫抑制作用があります。

ステロイドは実は体の中で作られている

腎臓の頭側には副腎という器官があり、そこから数種類のホルモンが産生/分泌されます。副腎の束状帯という部位からは糖質コルチコイドが分泌され、このホルモンは体内ではタンパク質の糖化(血糖値の上昇)、成長ホルモン分泌抑制などの働きを行っています。

どんな場合にステロイドを使う必要があるのでしょうか?

上述したように薬として用いた場合に期待する作用は、抗炎症作用や免疫抑制作用です。炎症は細胞傷害に対する生体反応で、傷害された組織の修復に密接に関連しています。また免疫とは、自己と非自己を見分け、非自己(つまり病原体や腫瘍細胞など)を排除しようとする生体反応です。

いずれも健康を維持するために大切な生体反応ですが、ときに生体にとって不利に働く場合があります。例えば関節炎が長期化した場合、線維化を伴い、やがて関節可動域が狭くなってしまいます。

また免疫が非自己でなく自己に対して異常に働くことで、生体に不利な状況をもたらすこともあります(アレルギー反応)。このように炎症や免疫を抑える必要がある場合、ステロイドを用います。

ステロイドときいて、無条件に拒絶反応を示していませんか?

ステロイドには副作用があります。したがって、高容量を長期間使用する場合は獣医師のモニタリングのもと適切に使われなければなりません。しかし、副作用の情報ばかりが先行して、ステロイドときいただけで無条件に拒絶する方も意外と多く、ときに症状を我慢することを選択されることもあります。ステロイドの使用にあたり不安なことがあれば、獣医師によく相談するとよいでしょう。

ステロイドは万能薬ではありません。獣医師には薬の説明をしっかりしてもらいましょう。

病気には原因があり、その原因は様々です。

ステロイドさえ投薬すれば病気は治るというものではありません。感染がある場合では、ステロイドの使用により症状がむしろ悪化してしまう恐れがあります。何も検査しないで最初からステロイドを単独で使うような行為は好ましくありません。例えば皮膚炎があり、検査を行って感染が疑われても、痒みが強いなど状況によっては獣医師の判断により少量のステロイドを併用することはあります。

どんな薬も使うときは根拠がなければいけません。獣医師には薬を使う根拠を説明してもらうとより安心できると思います。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

〔効果・効能】
ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。


【特長】
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分が抗炎症作用、止痒作用、抗真菌作用、抗細菌 作用をもち、様々な皮膚病の局所の治療に優れた効果を現す犬猫の皮膚疾患治療 剤です。特に、皮膚の最表層における細菌感染に優れた効果が期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1331 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2094 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 784 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 921 view

なんだかおいしそう⁈犬用フィラリアのお薬は進化しているのです

犬のフィラリアの薬と言ったら白い錠剤。なかなか飲んでくれないし、困ってる…。そんな方にお勧めしたい、フィラリ…

Gigii / 2233 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1180 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 960 view

愛犬のお口が臭い!ひどい口臭はこうして解決できる!?

シニアになってくると気になるのが愛犬の口臭です。歯磨きができるコでも気になるという飼い主さんは多いようです。…

Chriee / 1333 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1135 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1585 view

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 988 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 1208 view

関連するキーワード