爪切りを行わないとどうなる?

近年では屋内で飼われる犬が主体となっており、生活環境の中で爪が自然に削れることはほとんどなく、爪切りを行わなければ爪はどんどん伸びてしまいます。爪は伸び続けるとかぎ爪のように曲がり、爪を何かにひっかけてケガをする、滑ってケガをする、爪が肉球などの周囲組織に当たり痛みを伴うなどのリスクになります。また、同時に血管や神経も伸びてしまうため、伸びすぎた爪を急に短く切ると出血や痛みを伴うことになり、犬にとってのストレスが増大します。

爪切りの適切なタイミングは?

爪が伸びる早さは犬によっても異なりますし、同じ犬でも指によっても変わってきます。歩く際に爪がフローリングに当たり、カシャカシャと音が鳴る場合は爪を切るタイミングです。

爪切りの種類

複数のタイプがあります。ギロチン式、ニッパー式、ハサミ式などです。飼い主側の要因(使いやすさ、握りやすさ、手のサイズなど)と犬側の要因(爪の大きさ、硬さなど)を考慮し、試されるとよいと思います。ギロチン式は力が入れやすく、ニッパー式は細かく微調整が可能、ハサミ式は握りやすいが力がかかりにくい、などそれぞれの性質があります。
切れ味が悪くなったものを用いると痛みや爪の破損の原因になってしまうかもしれないため、新しいものと交換しましょう。

爪切り(ギロチンタイプ)

「ライフ 爪切り」は、トリミングのプロが使用している業務用ギロチンタイプの爪切りです。 切れ味の良い刃を使用しているので、爪を割ってしまうことがなく、簡単にカットすることができます。 仕上げの際に便利な爪ヤスリが付いています。犬・猫、体格に関わらず使用できます。

爪切り後はヤスリを用いて磨きます

爪切りだけでは切り口が荒い状態ですので、ヤスリで磨いてあげるとよいでしょう。

狼爪も忘れない!

通常、犬の指は前5本、後ろ4本ですが、しばしば後ろが5本の犬もいます。5番目の爪は狼爪といいます。他の指と一緒に爪切りが必要です。

あると便利な「止血剤」

犬の爪はメラニン色素により内部が見えないことも多く、注意して爪切りを行っていても出血させてしまうことがあります。テッシュなどで数分抑えていれば止まりますが、待ち時間も犬にとってはストレスになりますので、その後の爪切りが難しくなります。時間があれば休憩をはさむのもよいですが、止血剤を用いればすぐに止血できるため一気に済ませることができます。

クイックストップ (爪切り時の必需品) (深爪による止血剤)

本剤は、犬と猫の爪切りによって起こる出血をすばやく止血します。ギンボーン社のクイックーストップは、1961年の以来のユニークな止血剤です。

爪切りのコツ

・慣れない人がやるときは2人でやる(保定者は関節が曲がらないように固定する)
・犬に爪を切るところを見せないように保定する
・長い時間をかけない
・優しく声をかけて気を紛らわせる
・爪は伸びた部分がやや乾いたように見え、その部分を少しずつ切る
・血管や神経は爪の中心に分布するため、爪は横一線に切るよりも山型になるように切るとよい。

最後に

飼い主の方がイライラしたり、怖がったりするとそれが犬にも影響し、より爪切りを困難にしてしまいます。爪切りに苦手意識がある方はプロにやってもらうのもよい選択肢ですが、プロに教えてもらいながら自分でトライするのも大切なことです。犬のために学ぶことが犬との信頼関係をより深いものにすると考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬もストレスは感じる?」:感情豊かでデリケートな動物!原因や対処法につ…

人は人間関係や仕事などでストレスを感じることがありますが、繊細な心を持っている犬もストレスを感じることがあり…

本間獣医科病院 / 949 view

獣医師が解説:海外で犬に咬まれてしまったら…恐ろしい病気「狂犬病」について

狂犬病はどんな病気!?狂犬病の病原体はウィルスです。狂犬病の流行地へ海外旅行する場合などその対策について解説…

本間獣医科病院 / 1088 view

しぐさ・行動でチェックする!自分はどれくらい信頼されているの?愛犬との距離は?

飼い主としての愛犬の信頼度はどれくらいなのか気になりませんか?愛犬との距離を普段のちょっとしたしぐさ・行動で…

Chriee / 3459 view

散歩のさせすぎもよくないの?!愛犬にあった散歩距離とは?

いくらお散歩大好き!だからといって、長距離のお散歩をさせていませんか?散歩が愛犬を弱らせているとしたら・・・…

cerisee / 8293 view

マーキングより困る犬の行動!“ウレション”はこんな気持ちの表現なのです

全部の犬ではありませんが、嬉しくてしてオシッコをしてしまう犬っていますね。ウレションと言いますが、一体何故?…

Chriee / 2719 view

そろそろ介護が必要?愛犬の高齢化をチェックしましょう!

犬はだいたい7歳を過ぎた頃から高齢犬の仲間入りをし、12歳くらいからは少しづつ出来ないことが増えてきます。そ…

cezannee / 1208 view

犬の行動しぐさは大切な観察ポイント!あくびは眠気じゃなく緊張のサインだった!?

大あくびをしている犬を見て眠いのかな?と思いきや、実は眠いどころか緊張しているサインだと知っていましたか?そ…

Antoine / 1866 view

獣医師が解説:犬も盗み食いやゴミあさりをするの?誤食をしてしまったら?

犬の問題行動:盗み食いやゴミあさりについてまとめてみました。

本間獣医科病院 / 1992 view

愛犬の行動で気になる遠吠え!そのしぐさにはどんな意味があるのでしょうか?

犬の行動・しぐさの中で気になるのが遠吠え。見ているとするコとしないコがいます。遠吠えをするのはどんな理由で、…

Chriee / 1649 view

犬の鳴き声で気持ちが分かる⁈犬語を覚えてもっと絆を深めよう

犬は体の動きや尻尾、耳などの部位で感情を表現しますが、もちろん鳴き声でもいろいろな気持ちを表しています。鳴き…

Chriee / 2418 view

知ってますか?かわいい小型犬チワワの意外な真実!?

チワワは小型犬の中でも常に人気は1位や2位と衰えることがありません。そんなかわいいチワワの意外な一面や驚きの…

Chriee / 11382 view

紅葉シーズンは愛犬と快適ドライブ♪移動に便利なグッズとは?

せっかく愛犬と車でおでかけしても、移動中はただの移動。 本当は、楽しくドライブを楽しみたいですよね! 安全に…

amblee / 1189 view

関連するキーワード