チョコレートを犬に与えるのはよくない?

犬にチョコレートを与えると中毒を起こすことがあり、与えてはいけません。

チョコレート中毒の原因は?

チョコレートの中に含まれるテオブロミンという成分が過剰に摂取されることで中毒が生じます。ある報告では200mg/ kg体重以上のテオブロミンを摂取すると中毒症状が生じるとされていますが、他の報告ではそれよりも少ない量のテオブロミンで致死的であったとも言われています。したがって、濃度が薄いミルクチョコレートや摂取量が少量であった場合についても注意が必要と考えられます。

チョコレート中毒になるとどうなる?

症状は様々で、嘔吐、下痢、動悸、興奮、頻脈、不整脈、痙攣、昏睡、突然死などが生じることがあります。

チョコレートを食べてしまったらすぐに動物病院に連れて行きましょう!

犬がチョコレートを食べてしまったら、消化/吸収してしまう前に吐かせることが大切です。チョコレートが胃の中にまだ残っていれば催吐薬を用いて吐かせます。その他には活性炭の投与などによる毒性物質の吸着、また症状がでていれば精神安定剤や鎮静剤、リドカインの投与など対症療法を行います。

犬猫用 GABA錠 60粒

犬・猫のためのQOLをサポート。
ギャバはアミノ酸の一種で、神経の興奮を抑える働きがあり、精神的な緊張感を軽減し、リラックスさせるといわれています。愛犬・愛猫のQOLをサポートし、ストレスの軽減に役立つのがGABAです。

ペットナチュラルズ カーミング

初乳カーミングコンプレックスとビタミンB1(チアミン)が精神神経機能の健康維持に考慮。
カーミングははペットの個々の性格・エネルギーレベルに影響することなく問題行動によるストレスに。デイリーユースはもちろんのこと、リラクゼーション時のサポートとして与えてください。
こんな場合にオススメ

・引越し・旅行 ・病院・グルーミング時
・倦怠感・分離ストレス ・環境の変化
・来客が多い・パーティー時 ・乗車時
・花火・雷雨

犬がチョコレートを食べないように、飼育環境の工夫や危険性の周知が大切。

人間が普段食している食べ物の中に、動物にとって有害なものがあることは意外と知られていないのかもしれません。まずはチョコレートは犬にとっては、ときに命を奪ってしまうような危険な食べ物であることを多くの人が知ることが大切です。犬自身はチョコレートが有害なものであると判断できません。チョコレートを盗み食いされないように、保管場所にも注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「逆くしゃみ(犬の病気)」:小型犬や短鼻種のワンちゃんに起こりやすい!?…

逆くしゃみって知っていますか? 犬が突然立ち止まって苦しそうにグエ~グエ~というような音をさせながら、空気を…

本間獣医科病院 / 1402 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 535 view

獣医師が解説「血尿(犬の病気)」:早めの検査を!重大な病気が隠れていることもあるんで…

オシッコが赤い!愛犬が血尿をしていたらビックリして心配になりますよね。考えられる原因をまとめてみました。(犬…

本間獣医科病院 / 1896 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 1410 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1307 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 1904 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 782 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 1590 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 1953 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 717 view

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 602 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 1654 view

関連するキーワード