チョコレートを犬に与えるのはよくない?

犬にチョコレートを与えると中毒を起こすことがあり、与えてはいけません。

チョコレート中毒の原因は?

チョコレートの中に含まれるテオブロミンという成分が過剰に摂取されることで中毒が生じます。ある報告では200mg/ kg体重以上のテオブロミンを摂取すると中毒症状が生じるとされていますが、他の報告ではそれよりも少ない量のテオブロミンで致死的であったとも言われています。したがって、濃度が薄いミルクチョコレートや摂取量が少量であった場合についても注意が必要と考えられます。

チョコレート中毒になるとどうなる?

症状は様々で、嘔吐、下痢、動悸、興奮、頻脈、不整脈、痙攣、昏睡、突然死などが生じることがあります。

チョコレートを食べてしまったらすぐに動物病院に連れて行きましょう!

犬がチョコレートを食べてしまったら、消化/吸収してしまう前に吐かせることが大切です。チョコレートが胃の中にまだ残っていれば催吐薬を用いて吐かせます。その他には活性炭の投与などによる毒性物質の吸着、また症状がでていれば精神安定剤や鎮静剤、リドカインの投与など対症療法を行います。

犬猫用 GABA錠 60粒

犬・猫のためのQOLをサポート。
ギャバはアミノ酸の一種で、神経の興奮を抑える働きがあり、精神的な緊張感を軽減し、リラックスさせるといわれています。愛犬・愛猫のQOLをサポートし、ストレスの軽減に役立つのがGABAです。

ペットナチュラルズ カーミング

初乳カーミングコンプレックスとビタミンB1(チアミン)が精神神経機能の健康維持に考慮。
カーミングははペットの個々の性格・エネルギーレベルに影響することなく問題行動によるストレスに。デイリーユースはもちろんのこと、リラクゼーション時のサポートとして与えてください。
こんな場合にオススメ

・引越し・旅行 ・病院・グルーミング時
・倦怠感・分離ストレス ・環境の変化
・来客が多い・パーティー時 ・乗車時
・花火・雷雨

犬がチョコレートを食べないように、飼育環境の工夫や危険性の周知が大切。

人間が普段食している食べ物の中に、動物にとって有害なものがあることは意外と知られていないのかもしれません。まずはチョコレートは犬にとっては、ときに命を奪ってしまうような危険な食べ物であることを多くの人が知ることが大切です。犬自身はチョコレートが有害なものであると判断できません。チョコレートを盗み食いされないように、保管場所にも注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 5768 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 953 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1404 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1291 view

簡単にチェックしたい!犬の皮膚や毛の状態でわかる、手軽な健康管理とは?

愛犬の体調管理は飼い主さんにとって一番気になることではないでしょうか?嘔吐や食欲不振など判りやすい症状のほか…

Chriee / 1068 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 781 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 986 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2079 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1735 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 2646 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 9016 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 871 view

関連するキーワード