チョコレートを犬に与えるのはよくない?

犬にチョコレートを与えると中毒を起こすことがあり、与えてはいけません。

チョコレート中毒の原因は?

チョコレートの中に含まれるテオブロミンという成分が過剰に摂取されることで中毒が生じます。ある報告では200mg/ kg体重以上のテオブロミンを摂取すると中毒症状が生じるとされていますが、他の報告ではそれよりも少ない量のテオブロミンで致死的であったとも言われています。したがって、濃度が薄いミルクチョコレートや摂取量が少量であった場合についても注意が必要と考えられます。

チョコレート中毒になるとどうなる?

症状は様々で、嘔吐、下痢、動悸、興奮、頻脈、不整脈、痙攣、昏睡、突然死などが生じることがあります。

チョコレートを食べてしまったらすぐに動物病院に連れて行きましょう!

犬がチョコレートを食べてしまったら、消化/吸収してしまう前に吐かせることが大切です。チョコレートが胃の中にまだ残っていれば催吐薬を用いて吐かせます。その他には活性炭の投与などによる毒性物質の吸着、また症状がでていれば精神安定剤や鎮静剤、リドカインの投与など対症療法を行います。

犬猫用 GABA錠 60粒

犬・猫のためのQOLをサポート。
ギャバはアミノ酸の一種で、神経の興奮を抑える働きがあり、精神的な緊張感を軽減し、リラックスさせるといわれています。愛犬・愛猫のQOLをサポートし、ストレスの軽減に役立つのがGABAです。

ペットナチュラルズ カーミング

初乳カーミングコンプレックスとビタミンB1(チアミン)が精神神経機能の健康維持に考慮。
カーミングははペットの個々の性格・エネルギーレベルに影響することなく問題行動によるストレスに。デイリーユースはもちろんのこと、リラクゼーション時のサポートとして与えてください。
こんな場合にオススメ

・引越し・旅行 ・病院・グルーミング時
・倦怠感・分離ストレス ・環境の変化
・来客が多い・パーティー時 ・乗車時
・花火・雷雨

犬がチョコレートを食べないように、飼育環境の工夫や危険性の周知が大切。

人間が普段食している食べ物の中に、動物にとって有害なものがあることは意外と知られていないのかもしれません。まずはチョコレートは犬にとっては、ときに命を奪ってしまうような危険な食べ物であることを多くの人が知ることが大切です。犬自身はチョコレートが有害なものであると判断できません。チョコレートを盗み食いされないように、保管場所にも注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬のうつ病?」:もしかして、、、と思ったら症状をチェック!原因と予防策…

犬は感情豊かな動物で、繊細な心を持っています。生活環境の変化などから犬にもうつ病のような症状があらわれること…

本間獣医科病院 / 1026 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 1705 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2053 view

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 1665 view

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 910 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1486 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2643 view

犬のおならには情報がいっぱい⁈おならでわかる内蔵の異常や病気について

犬のおならには体調を知る為の情報が意外とたくさんあります。臭いや頻度、音の有無など、内蔵の異変に気づけるもの…

Chriee / 1441 view

獣医師が解説:犬に生理痛はあるのでしょうか?

避妊手術をしていないメスの犬には「生理」が年に1~2回ほどあります。生理中の犬にも人間の女性が感じるような「…

本間獣医科病院 / 1454 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2313 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1944 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 833 view

関連するキーワード