犬との初めての旅行は、楽しみだけど、不安もありますよね?

夏休み、最近は犬も一緒に旅行に出かける人も増え、宿泊施設でも犬と一緒に止まれる施設が増えてきています。でも、犬と初めて旅行をする飼い主さんには、よくわからないことや不安もあると思います。そんな方の為に、宿泊施設選びで注意することや、移動中に気をつけること、出かける前にしておくことなどをご紹介します。

宿によって様々な条件があるので宿泊施設選びは慎重に!

犬との宿泊OKの施設でも、部屋でフリーにして良い場合と、部屋でもケージに入れる場合、部屋以外の場所で犬を預かる場合など宿泊施設によって様々です。また、犬の大きさによっては宿泊できない場合もありますので、特に大型犬を飼っている方はよく確認するようにしましょう。

何を持って行けばいいの?宿泊施設の備品の確認を忘れずに!

犬と一緒に泊まれる宿泊施設の中には、犬が一緒であることに特化した宿泊施設もあり、トリミングやドッグランなどの施設も充実し、犬用の食事から、トイレシートまで、必要な物が全て揃っている所もあります。反対に一部犬も受け入れているような宿泊施設では、そのような施設や備品がない場合も多いので確認が必要です。

犬との旅行、必要な準備とグッズを確認しましょう

犬と旅行に行く時用意するのは、散歩や宿泊先での移動に必要なリードとトイレの始末をする水やエチケット袋、移動時に必要なキャリーバック、飲み水やフード、トイレシートなどがあります。他に普段飲んでいる薬や、応急処置用のガーゼやタオル、熱中症対策の保冷材、車に酔う犬には酔い止めも忘れずに用意しましょう。

犬と旅行に出る前に、犬のしつけもしておきましょう。

沢山の人や犬と触れ合う旅先では、犬にきちんとしたしつけが出来ていることも大切です。宿泊施設によっては食事中や入浴中は部屋で留守番をさせる場合もありますので、その際騒がないできちんと留守番できるしつけが求められます。また、トイレのしつけがきちんとできていない場合にはマナーベルトなどを着用させましょう。

出かける前のトリミング、ブラッシングは大切なマナー

旅行に出る3日前から前日までに犬をトリミングしておくようにしましょう。特に室内で一緒に過ごせるタイプの宿泊施設の場合には注意事項としてトリミングが必要なことを明記している場合もあります。また、長毛犬種の場合、念入りにブラッシングをしておくことをお勧めします。ノミ・ダニ駆除も忘れずにしておきましょう。

他にも宿泊施設によっては狂犬病の予防接種や、ワクチン接種の確認を求められる場合もあり確認が必要です。また、はじめての宿泊に興奮した犬がトラブルを起こしたりすることもありますので、宿泊先には犬との宿泊に特化された宿の方が安心です。予約の際には、犬が初めての宿泊であることを伝えてアドバイスを貰うと良いでしょう。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

知ってた?散歩中の犬のマーキング対策に便利なグッズまとめ

散歩中の犬のマーキング。よその庭先や歩道など、場所によっては迷惑になってしまうものです。犬のマーキングの対処…

Chriee / 1761 view

あなたの愛犬は幸せですか?行動やしぐさで知る犬の幸福度について

「うちの犬って幸せなのかしら?」そんな風に考えたことはありませんか?ちょっとした犬の行動やしぐさから、犬が感…

cezannee / 15065 view

獣医師が解説:爪切りしないとどうなる?犬の爪のケアについて注意すること

犬の爪のケアは快適な生活のために定期的に行わなければならないことの一つです。トリミングや定期検診の際に併せて…

本間獣医科病院 / 1825 view

犬がなめるのは何故?やめさせる前に読知って欲しい理由があります

犬が自分をなめるのは何故?お口の周りをなめるのはどんな理由?やめさせる前に愛犬がなめる理由を知っておくと、ち…

Chriee / 2020 view

獣医師が解説「犬もストレスは感じる?」:感情豊かでデリケートな動物!原因や対処法につ…

人は人間関係や仕事などでストレスを感じることがありますが、繊細な心を持っている犬もストレスを感じることがあり…

本間獣医科病院 / 673 view

犬の行動しぐさは大切な観察ポイント!あくびは眠気じゃなく緊張のサインだった!?

大あくびをしている犬を見て眠いのかな?と思いきや、実は眠いどころか緊張しているサインだと知っていましたか?そ…

Antoine / 1471 view

愛犬の性格に合わせた、とっておきのストレス解消法をご紹介!

犬だってストレスはたまります。ストレスで吠えたりいたずらしたり悪いコになる場合も。愛犬の性格に合わせたストレ…

Chriee / 1535 view

獣医師が解説「犬の涙」:涙の量は大丈夫?涙がこぼれ落ちる症状と考えられる原因について

涙は眼球の背側にある涙腺で産生され、眼球表面に潤いや滑らかさを与え、また異物の排除などに機能します。

本間獣医科病院 / 1302 view

添い寝したり寝言を言ったり、寝ている時の無防備さがなんとも可愛い!癒しの犬動画まとめ

犬の寝ている時の姿は何とも可愛いですが、中には寝言を言ったりすることもあります。そんな姿を見るのも飼い主の醍…

Chriee / 1900 view

性格の違い!?ティッシュ好きな犬にはどんな対処をすればいいの?

意外と多いティッシュ好きの犬。全部の犬ではないので性格や嗜好によるようです。ティッシュの好きな犬にはどんな対…

Chriee / 1629 view

犬はやっぱりパグが一番!可愛いしぐさに胸キュン!

可愛いしぐさと、豊かな表情で人気の犬種のパグですが実はそれだけではないんです。様々なパグの魅力をご紹介したい…

cezannee / 5434 view

関連するキーワード