犬の日常生活から夏バテ度をチェックしましょう!

犬は、人間同様に夏バテをすることがあります。なんとなく怠い、食欲がないなどの状態が続く夏バテは、病気ではありませんが、放っておくと体力が落ち病気にかかりやすくなります。特に老犬は体力が落ちると回復に時間がかかってしまいます。そこで、早めに犬の夏バテ度をチェックして対策をとることが大切になります。

まず知っておこう!夏バテと熱中症は違うものです。

夏に注意しておきたいのが、愛犬の熱中症ですが、熱中症と夏バテにはどんな違いがあるのでしょう?熱中症も夏バテも同じ暑さが原因で起こりますが、夏バテが、高温が続くことで食欲不振や睡眠不足により慢性的に疲労が蓄積された状態になるのに対して熱中症は急激に体温が上がり下がらなくなる状態で命の危険があります。

ご飯の食べ方で、愛犬の夏バテ度をチェック!

まず、ご飯の食べ方で愛犬の夏バテ度のチェックをしましょう。いつもと変わりなければ問題なしですが、いつもと同じように食べていても少し残したりすることが続くようなら、夏バテ度:小。なかなか食べたがらず半分近く残すようなら、夏バテ度:中。ほとんど食べようとしないようだと、夏バテ度:大です。

散歩の様子から愛犬の夏バテ度をチェック!

お散歩の様子でも夏バテ度をチェックしてみましょう。いつも通りお散歩に出るけど途中から抱っこをせがんだり、ペースダウンするようなら、夏バテ度:小。お散歩には出るけど、途中から全く動かなくなってしまうようなら、夏バテ度:中。玄関でストップしてしまったり、散歩に出たがらないようなら、夏バテ度:大です。

家で過ごしている時の様子から、愛犬の夏バテ度をチェック!

愛犬がいつも通り過ごしているようなら安心ですが、次のような行動があれば夏バテかも・・。早朝や夕方以降は元気だけど日中ほとんど動かないのは、夏バテ度:小。1日中ほとんど動かないが食事や散歩には反応するのは、夏バテ度:中。食事や散歩にも反応せず、呼んでもじっとしている様だと夏バテ度:大です。

おもちゃで遊びながら、愛犬の夏バテ度をチェック!

大好きなおもちゃで一緒に遊ぶ時、次のような態度をとることはありませんか?楽しく遊び始めたのに、すぐに自分から止めてしまうのは、夏バテ度:小。遊んでいる途中で息が荒くなったり、ダウンしてしまうようだと、夏バテ度:中。おもちゃにも反応せず、遊びに誘っても全く乗って来ないようだと、夏バテ度:大です。

愛犬の普段の生活をよく観察し、夏バテ度をチェックしてみて下さい。夏バテは早めに気が付くことで、餌を変えたり、散歩時間やコースを変えるなどの対策をとることで改善することが出来ます。逆に、そのままの状態が続けばどんどん悪化してしまう危険があります。暑い季節はいつも以上に愛犬の生活に気を配り、夏バテしないように注意してあげましょうね。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1324 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 988 view

これは病気・不調なの?!愛犬の食糞症って?

パピーを迎え入れたけれど、あのかわいい愛犬が、まさかの食糞症! これは病気・不調のサインなのでしょうか!? …

amblee / 1170 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1334 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1751 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1081 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4824 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1972 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 2636 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10438 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 2421 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2285 view

関連するキーワード