部屋の中や、車内にもペットにとっての危険が隠れています。

夏場、ペットの留守番中に、もし停電になったらどうなるでしょう?部屋の中は、たちまち高温になってしまいますよね。また、車もクーラーを入れていない状態では、すぐに高温になってしまい、ペットたちにとっては、とても危険です。体の小さいペットが熱中症にかかると急激に悪化し命を落とすことも少なくありません。

留守中、急にエアコンが止まったら?

あなたの留守中に停電や故障でエアコンが止まってしまったらペットはどうなるでしょう?そんな危険に備えて、普段から準備しておいてほしいことは、出かける間には、室内のドアをペットが自由に出入り出来るくらいに開けておくことです。そうすることで、比較的涼しい玄関のたたきなどへペットが避難することが出来ます。

ペットが自分で体を冷やせるものを用意しておきましょう。

ペット用の冷感のグッズや、凍らせたペットボトルをタオルでくるんだお手製の冷感グッズなどペットが自分で体を冷やせるものも用意しておくと安心ですね。また、お風呂場を開放し湯桶に水をたっぷり張っておくのも良いでしょう。その場合、ペットが湯船に落ちないよう風呂の蓋はしっかり閉めておくことを忘れずに。

ペットを車に置き去りにするのは、絶対にダメ!

車の中はクーラーを止めてしまうと、すぐに温度が上昇してしまいます。買い物の際、少しの間だけペットを車内で待たせている場合でも、そのわずかな時間に夏の車の中では、一気に温度が上がってしまうことがありペットが脱水症状になる危険がありますので、絶対に止めて下さい。

外出先でも、様々な注意が必要です。

夏はペットと一緒に出掛ける機会も多くなりますね。公共の交通機関の場合、キャリーバックなど狭い空間に長時間ペットを入れておくことになるので、保冷材などを用意しておくと良いでしょう。ただし、冷房の良く効いた電車内などでは逆に冷えすぎることがありますので、キャリーバックを覆うタオルなどを用意いましょう。

楽しい花火も、ペットにとっては恐怖を感じることも。

気温の問題の他にも、夏に行われる花火大会などもペットにとっては危険です。打ち上げ花火の大きな音は、特に雷などを怖がる犬にとっては、とても恐ろしく、花火大会に連れて行った犬が音の驚いて逃げ出し迷子になることもあります。また、大きな音のストレスから体調を崩してしまうペットもいるので注意しましょう。

夏の暑さはペットたちにとってはとても危険なんですね。ですから、ペットを留守させている時や、一緒に出掛ける際には、普段以上にペットの体調管理の為に気を配ることが大切です。また、大きな音が苦手なペットには雷や花火の音などが負担になることもあり、繊細な子だと体調を崩すこともありますので注意が必要です。最後まで、お読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 926 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 1918 view

知っておいて欲しい、犬のフィラリア予防の大切さ。

毎月犬に薬を飲ませてるけど、なぜ毎月飲ませないといけないのか、そもそもフィラリアが何なのか、実際よくわからな…

Gigii / 1146 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2050 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 7282 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 1078 view

愛犬のお散歩にもいいかも!こんなに可愛くてオシャレになった最近のエリザベスカラー

愛犬の治療中や介護のグッズとして便利なエリザベスカラー。硬いものはちょっと不便と感じることはありませんか?お…

Chriee / 4208 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1332 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1079 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1441 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2102 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2848 view

関連するキーワード