部屋の中や、車内にもペットにとっての危険が隠れています。

夏場、ペットの留守番中に、もし停電になったらどうなるでしょう?部屋の中は、たちまち高温になってしまいますよね。また、車もクーラーを入れていない状態では、すぐに高温になってしまい、ペットたちにとっては、とても危険です。体の小さいペットが熱中症にかかると急激に悪化し命を落とすことも少なくありません。

留守中、急にエアコンが止まったら?

あなたの留守中に停電や故障でエアコンが止まってしまったらペットはどうなるでしょう?そんな危険に備えて、普段から準備しておいてほしいことは、出かける間には、室内のドアをペットが自由に出入り出来るくらいに開けておくことです。そうすることで、比較的涼しい玄関のたたきなどへペットが避難することが出来ます。

ペットが自分で体を冷やせるものを用意しておきましょう。

ペット用の冷感のグッズや、凍らせたペットボトルをタオルでくるんだお手製の冷感グッズなどペットが自分で体を冷やせるものも用意しておくと安心ですね。また、お風呂場を開放し湯桶に水をたっぷり張っておくのも良いでしょう。その場合、ペットが湯船に落ちないよう風呂の蓋はしっかり閉めておくことを忘れずに。

ペットを車に置き去りにするのは、絶対にダメ!

車の中はクーラーを止めてしまうと、すぐに温度が上昇してしまいます。買い物の際、少しの間だけペットを車内で待たせている場合でも、そのわずかな時間に夏の車の中では、一気に温度が上がってしまうことがありペットが脱水症状になる危険がありますので、絶対に止めて下さい。

外出先でも、様々な注意が必要です。

夏はペットと一緒に出掛ける機会も多くなりますね。公共の交通機関の場合、キャリーバックなど狭い空間に長時間ペットを入れておくことになるので、保冷材などを用意しておくと良いでしょう。ただし、冷房の良く効いた電車内などでは逆に冷えすぎることがありますので、キャリーバックを覆うタオルなどを用意いましょう。

楽しい花火も、ペットにとっては恐怖を感じることも。

気温の問題の他にも、夏に行われる花火大会などもペットにとっては危険です。打ち上げ花火の大きな音は、特に雷などを怖がる犬にとっては、とても恐ろしく、花火大会に連れて行った犬が音の驚いて逃げ出し迷子になることもあります。また、大きな音のストレスから体調を崩してしまうペットもいるので注意しましょう。

夏の暑さはペットたちにとってはとても危険なんですね。ですから、ペットを留守させている時や、一緒に出掛ける際には、普段以上にペットの体調管理の為に気を配ることが大切です。また、大きな音が苦手なペットには雷や花火の音などが負担になることもあり、繊細な子だと体調を崩すこともありますので注意が必要です。最後まで、お読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 956 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 1832 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1091 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1076 view

なんだかおいしそう⁈犬用フィラリアのお薬は進化しているのです

犬のフィラリアの薬と言ったら白い錠剤。なかなか飲んでくれないし、困ってる…。そんな方にお勧めしたい、フィラリ…

Gigii / 2100 view

犬が震えたり吐く時はこんな病気を疑ってみて!

犬が震えている時や、吐く症状にはさまざまな原因があります。特に心配ないものや、見落としてしまいがちな病気や体…

Chriee / 1718 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 1700 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 956 view

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1248 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 1916 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1500 view

犬の健康を守るために混合ワクチンって必要なんでしょうか?

狂犬病予防接種は犬を飼うと毎年することが義務付けられていますが、混合ワクチンは飼い主さんの自由に任されていま…

adelee / 1372 view

関連するキーワード