水頭症とは

水頭症は頭の脳室やくも膜下腔に過剰な脳脊髄液がたまった状態です。過剰な脳脊髄液がたまってしまっているために、周囲の脳が圧迫されて脳圧が上がり神経症状がみられることがあります。

水頭症には先天性ものと後天性のものがあります。

先天性の場合は遺伝性のことも多く、チワワやトイプードル、ヨークシャテリア、ポメラニアン、パグやペキニーズなどでよくみられます。症状は生後数か月など幼少期からみられるようになることが多いです。
後天性のものとしては頭部外傷や脳炎などが原因となることがあります。

水頭症の症状

しつけを覚えられない、落ち着きがない、ボーっとしていて目がうつろ、寝てばかりいる、急に興奮したり噛んだりする、視力低下、てんかん発作、グルグルと同じところをまわり続ける旋回運動、歩行異常などさまざまな症状がみられます。

診断方法

診断は症状に加えて、レントゲン、超音波検査やCT、MRI検査などを行います

予防・治療方法

残念ながら水頭症を予防することは難しいです。治療方法として内科的に治療する方法と外科的に治療する方法があります。
内科的治療としては、脳圧を薬によって下げます。薬をやめてしまうとまた脳圧が上がってしまうため、薬は継続的に使っていく必要があります。
外科的治療はカテーテルを入れて脳にたまった脳脊髄液を腹腔内に流し、腹膜から吸収させるようにする方法です。

水頭症は症状が重くなってしまうと治療での効果があまり期待できなくなってしまうこともあります。また治療をしても介助がないと生活が難しい場合に飼い主に大きな負担がかかり、悩まれることもあります。普段の生活をよく観察して、早期発見することで症状が軽いうちに治療をすることができます。眼球が圧迫されて目が外側を向いている、他の犬に比べて頭が大きく盛り上がっているような気がするなど、外見から疑えることもありますので心配な場合は様子をみずに動物病院を受診してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

突然犬が過呼吸を起こしたら?過呼吸の原因と治療、応急処置を解説

犬も過呼吸を起すことがあります。突然の過呼吸や呼吸の乱れにはどんな病気や体調不良があるのでしょうか?そして異…

Chriee / 15456 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 1343 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 2692 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 2408 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 3394 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 2149 view

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 1649 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 1938 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 2453 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1737 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1639 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 2688 view

関連するキーワード