耳ダニとは?

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます。このような病気を「耳疥癬」といいます。まれですが、耳以外の皮膚病変を起こすこともあります。このダニがヒトへ寄生することはありません。

耳ダニは目で見える!?

ミミヒゼンダニは成ダニであれば肉眼で観察可能です。しかし幼ダニや卵は肉眼で観察することができません。耳の中の貯留物(耳垢)を採り、黒い紙の上などで観察すると、成ダニは検出できます。成ダニが検出できない場合は顕微鏡を用いて幼ダニや卵がないかを探します。

耳ダニが居る犬には次のような症状がみられます。

耳疥癬の症状は、耳を激しく痒がる、耳が赤くなる、黒い耳垢が出る、臭いなどです。耳を掻くことにより傷つけたり、脱毛がみられることもあります。放っておくと、炎症が耳の中へ波及し、前庭障害などがみられることもあります。犬にとって大きなストレスですので、このような症状がみられる場合には早期に動物病院で検査および治療をしてもらいましょう。

オーツイヤークリーナー 125ml

特長
◆天然成分配合;古くから皮膚に良いといわれ、利用されてきたオーツ麦から耳ケアに有用な成分(アベナンスラマイド)を抽出し、イヤークリーナーの主成分としました。
◆低刺激性;動物の耳も定期的なケアが必要です。オーツイヤークリーナーは低刺激性なので、毎日使える、動物の耳にも人の手にも優しいクリーナーです。
◆微香性;鼻をつくようないやな刺激臭がありません。

治療

ミミヒゼンダニの駆除にはレボリューション(Pfizer社)などのスポットオンタイプの薬が有効です。耳垢をきれいに除去し、この薬で殺虫します。細菌などの二次感染や炎症が強い場合は、これに対する治療も平行して行います。

犬用 ミミィーナ (真菌性外耳炎用) 5ml

抗真菌剤であるピマリシンの耳科用製剤で、日本で初めての液剤タイプの動物用抗真菌剤です。
●犬の真菌性外耳炎に対する臨床効果が認められています。
●1回4~5滴、1日2回の投与で犬の真菌性外耳炎に効果を表します。
●外耳道に対する刺激が少ないです。

犬用 十味敗毒湯エキス錠 シンワ 60錠

漢方・動物用医薬品
60錠入り

【効能および効果】
犬の外耳炎(重篤な細菌感染、ダニ、異物、酵母菌等が原因となる
外耳炎を除く)の症状改善

【用法および用量】
犬の体重10kgごとに1日の用量として本剤1錠を朝夕の食中に2回に
わけて2~4週間経口投与する。
治療にあたっては、適宜外耳道を洗浄すること。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

〔効果・効能】
ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。


【特長】
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分が抗炎症作用、止痒作用、抗真菌作用、抗細菌 作用をもち、様々な皮膚病の局所の治療に優れた効果を現す犬猫の皮膚疾患治療 剤です。特に、皮膚の最表層における細菌感染に優れた効果が期待できます。

予防

ミミヒゼンダニの寄生が疑われる動物との接触を避けることが大切です。多頭飼いしている家庭では、一匹が耳疥癬にかかってしまうとすぐに他の犬へも広がる危険があります。
耳の状態をきれいに保つために日常のケアが大切です。綿棒による耳掃除は耳道内を傷つける可能性がありますので避けましょう。柔らかい布やティッシュ等で拭ける範囲で掃除してあげるとよいでしょう。
一度でも耳疥癬にかかってしまった場合、再発を防ぐために全身のシャンプーや飼育環境に対する対策も必要になってきます。ダニや卵がカーペット、畳やソファなどに付着している可能性があるため、頻繁に掃除を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 2121 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2962 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 3060 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1215 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1630 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 4135 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 2165 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 1102 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2475 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1404 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 1353 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1614 view

関連するキーワード