耳ダニとは?

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます。このような病気を「耳疥癬」といいます。まれですが、耳以外の皮膚病変を起こすこともあります。このダニがヒトへ寄生することはありません。

耳ダニは目で見える!?

ミミヒゼンダニは成ダニであれば肉眼で観察可能です。しかし幼ダニや卵は肉眼で観察することができません。耳の中の貯留物(耳垢)を採り、黒い紙の上などで観察すると、成ダニは検出できます。成ダニが検出できない場合は顕微鏡を用いて幼ダニや卵がないかを探します。

耳ダニが居る犬には次のような症状がみられます。

耳疥癬の症状は、耳を激しく痒がる、耳が赤くなる、黒い耳垢が出る、臭いなどです。耳を掻くことにより傷つけたり、脱毛がみられることもあります。放っておくと、炎症が耳の中へ波及し、前庭障害などがみられることもあります。犬にとって大きなストレスですので、このような症状がみられる場合には早期に動物病院で検査および治療をしてもらいましょう。

オーツイヤークリーナー 125ml

特長
◆天然成分配合;古くから皮膚に良いといわれ、利用されてきたオーツ麦から耳ケアに有用な成分(アベナンスラマイド)を抽出し、イヤークリーナーの主成分としました。
◆低刺激性;動物の耳も定期的なケアが必要です。オーツイヤークリーナーは低刺激性なので、毎日使える、動物の耳にも人の手にも優しいクリーナーです。
◆微香性;鼻をつくようないやな刺激臭がありません。

治療

ミミヒゼンダニの駆除にはレボリューション(Pfizer社)などのスポットオンタイプの薬が有効です。耳垢をきれいに除去し、この薬で殺虫します。細菌などの二次感染や炎症が強い場合は、これに対する治療も平行して行います。

犬用 ミミィーナ (真菌性外耳炎用) 5ml

抗真菌剤であるピマリシンの耳科用製剤で、日本で初めての液剤タイプの動物用抗真菌剤です。
●犬の真菌性外耳炎に対する臨床効果が認められています。
●1回4~5滴、1日2回の投与で犬の真菌性外耳炎に効果を表します。
●外耳道に対する刺激が少ないです。

犬用 十味敗毒湯エキス錠 シンワ 60錠

漢方・動物用医薬品
60錠入り

【効能および効果】
犬の外耳炎(重篤な細菌感染、ダニ、異物、酵母菌等が原因となる
外耳炎を除く)の症状改善

【用法および用量】
犬の体重10kgごとに1日の用量として本剤1錠を朝夕の食中に2回に
わけて2~4週間経口投与する。
治療にあたっては、適宜外耳道を洗浄すること。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

〔効果・効能】
ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。


【特長】
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分が抗炎症作用、止痒作用、抗真菌作用、抗細菌 作用をもち、様々な皮膚病の局所の治療に優れた効果を現す犬猫の皮膚疾患治療 剤です。特に、皮膚の最表層における細菌感染に優れた効果が期待できます。

予防

ミミヒゼンダニの寄生が疑われる動物との接触を避けることが大切です。多頭飼いしている家庭では、一匹が耳疥癬にかかってしまうとすぐに他の犬へも広がる危険があります。
耳の状態をきれいに保つために日常のケアが大切です。綿棒による耳掃除は耳道内を傷つける可能性がありますので避けましょう。柔らかい布やティッシュ等で拭ける範囲で掃除してあげるとよいでしょう。
一度でも耳疥癬にかかってしまった場合、再発を防ぐために全身のシャンプーや飼育環境に対する対策も必要になってきます。ダニや卵がカーペット、畳やソファなどに付着している可能性があるため、頻繁に掃除を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

混合ワクチンが完了しない幼犬がお散歩NGなのは何故?こんな健康上の理由があるんです

混合ワクチンが完了していない幼犬は健康上どんな心配があるのでしょう?混合ワクチンが重要な理由をまとめてみまし…

Chriee / 977 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 1924 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 1448 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7654 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1334 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1533 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1696 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 3553 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2438 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 941 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 1230 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2611 view

関連するキーワード