犬の熱中症は飼い主の不注意が原因になります

気温が急激に上がる季節は、屋外だけでなく室内でも熱中症になります。犬が熱中症になると食欲不振の他にさまざまな症状が表れます。
早めに気づくのはもちろん大切ですが、適切な応急処置をしてすぐ病院へ相談しましょう。

体全体が熱くなる

気温が高い時にお散歩など屋外で過ごした後に体全体が熱くなっている時は要注意です。
体が熱いだけでなく、横になって苦しそうにしていたら熱中症を疑ってますは涼しい部屋で休ませてあげましょう。冷やしたタオルを体に当ててあげるのもいいですよ。

呼吸が早く苦しそうにしている

お散歩から帰って時間が経っている時、または得に体を動かしていないのに呼吸が速く下を出して苦しそうにしていたら注意しましょう。
さらに吐くような様子が見られたら部屋を涼しくするだけでなく、水分を取らせて病院へ。

こんな症状も見逃さないようにしましょう

犬は体調が悪い時には舌の色が変わります。元気な時にはきれいなピンク色のことが多いものですが、白っぽかったり紫がかっていたら体調が悪いサインです。
上記の症状が見られ、さらに舌の色が悪くなっていたら、出来るだけすぐに病院で診てもらいましょう。

お散歩など屋外で過ごす時の注意

気温が高い日中のお散歩は避け、早朝や夕方など風が涼しく気温が低めの時を選びましょう。
アスファルトなど照り返しのある場所や熱がこもりやすいより芝生などを歩くようにします。飲料水を持参し、こまめに水分補給をしましょう。
また、外飼いは風通しの良い場所に日避けをしてあげるといいですよ。

室内でも熱中症にはなります

気温が高い時には適度に冷房を入れます。25度〜27と冷えすぎない程度にしましょう。エアコンの温度を高めに設定して、愛犬が自由に調整出来るように冷却マットなどを用意してあげるといいですね。
夏のお留守番には必ずエアコンを適温設定で入れてあげましょう。車内の放置は絶対NGです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
最近は5月頃から急激に気温が上がることが増えています。愛犬が苦しそうに横になっていることが増えたら適温で冷房してあげましょう。
また、肥満気味な犬や短足系の犬種は特に熱中症にかかりやすいようです。
外飼いはもちろんですが、室内の場合も小屋やサークルの場所を涼しい場所に移動してあげるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

なんだかおいしそう⁈犬用フィラリアのお薬は進化しているのです

犬のフィラリアの薬と言ったら白い錠剤。なかなか飲んでくれないし、困ってる…。そんな方にお勧めしたい、フィラリ…

Gigii / 2822 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2295 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 2120 view

アレルギー体質の犬はご注意!ワクチンに気をつけることや食べ物の選び方は?

アレルギー体質の犬のケアにはいろいろ気を使う必要があります。普段から気をつけたいアレルギー体質の犬の食べ物の…

Chriee / 1254 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 2159 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3478 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1549 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 2190 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9977 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 2079 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1395 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 1248 view

関連するキーワード