内蔵脂肪がつくとこんな感じ

人間も油っぽい食事が多かったり運動不足になると内臓脂肪がつきやすくなります。そして、犬も同様なんです。
愛犬のお腹が膨れてくるのは、部分的だったり偏りがあるのは病気の可能性が高いですが、全体的に太くなってきたら立派な肥満です。お散歩やフードで上手に痩せさせましょう。

いつもより速度アップしてお散歩する

内臓脂肪を燃焼させるには、ややスピードアップしたお散歩をすると効果的です。スピードアップと言っても走るのではなく、やや早歩きでお散歩しましょう。
散歩コースも自転車や歩行者の少ない場所を選ぶとペースアップしても歩きやすいですよ。

お散歩の時間を少し長めにする

犬種や犬の体力にもよりますが、小型犬の場合なら通常は1日30分以内でも十分ですが、1日で40分〜1時間程度は歩くようにします。歩くのが好きな犬であれば、朝夕で行うとかなり効果的です。
飼い主さんの事情もあるので、時間の取れる時に1回で40分以上歩いたり、30分程度ずつで分けるといいですね。

お散歩自体が苦手な犬は?

お散歩があまり好きではない犬の場合は体を動かすのが苦手というコもいますが、臆病で外が怖いという場合も多いものです。
近くに公園があれば公園でじっくり散歩させたり、可能であれば郊外まで車で移動して静かな場所を散歩コースに選んであげましょう。

もともとお散歩をあまりしていない犬は?

お散歩が本当に嫌いで歩かないという犬は多いものです。得に身体上のの問題が無く少しなら歩く場合は無理に長時間させる必要はないと思いますが、肥満が気になったらその犬のペースで少しずつ時間を伸ばしていきましょう。また、水が大丈夫な犬ならプールで泳がせるのも足に負担がかからずおすすめです。

以前は歩いたのに最近歩かなくなったら?

始めはお散歩が好きだったのに嫌がるようになったという場合には何か原因があるはずです。その原因を考えてみましょう。
散歩コースを変えたら歩かない場合は以前のコースに戻してみましょう。首輪やハーネスが原因の時もあります。または足をケガしたりしていないかチェックしたほうがいいですね。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
お散歩は犬によって好きなコと嫌いなコに分かれます。苦手な犬でも肥満や足が弱っているようだったら少しずつでも歩かせましょう。
梅雨の時期など悪天候が続く時には散歩出来ない日が増えますが、室内で遊んだり、晴れた時に時間をかけてじっくり歩くなどバランスを取るといいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 961 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1034 view

獣医師が解説「犬のうつ病?」:もしかして、、、と思ったら症状をチェック!原因と予防策…

犬は感情豊かな動物で、繊細な心を持っています。生活環境の変化などから犬にもうつ病のような症状があらわれること…

本間獣医科病院 / 1026 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 2924 view

みんなどうしてる?犬のバスタイム、適切な回数はどれくらい?

犬を自宅で入れる場合もトリマーさんにお願いする場合も、気になるのはその頻度だと思います。爪切りなどと合わせて…

Chriee / 1063 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2644 view

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 939 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4433 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2362 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 1284 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1739 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1823 view

関連するキーワード