内蔵脂肪がつくとこんな感じ

人間も油っぽい食事が多かったり運動不足になると内臓脂肪がつきやすくなります。そして、犬も同様なんです。
愛犬のお腹が膨れてくるのは、部分的だったり偏りがあるのは病気の可能性が高いですが、全体的に太くなってきたら立派な肥満です。お散歩やフードで上手に痩せさせましょう。

いつもより速度アップしてお散歩する

内臓脂肪を燃焼させるには、ややスピードアップしたお散歩をすると効果的です。スピードアップと言っても走るのではなく、やや早歩きでお散歩しましょう。
散歩コースも自転車や歩行者の少ない場所を選ぶとペースアップしても歩きやすいですよ。

お散歩の時間を少し長めにする

犬種や犬の体力にもよりますが、小型犬の場合なら通常は1日30分以内でも十分ですが、1日で40分〜1時間程度は歩くようにします。歩くのが好きな犬であれば、朝夕で行うとかなり効果的です。
飼い主さんの事情もあるので、時間の取れる時に1回で40分以上歩いたり、30分程度ずつで分けるといいですね。

お散歩自体が苦手な犬は?

お散歩があまり好きではない犬の場合は体を動かすのが苦手というコもいますが、臆病で外が怖いという場合も多いものです。
近くに公園があれば公園でじっくり散歩させたり、可能であれば郊外まで車で移動して静かな場所を散歩コースに選んであげましょう。

もともとお散歩をあまりしていない犬は?

お散歩が本当に嫌いで歩かないという犬は多いものです。得に身体上のの問題が無く少しなら歩く場合は無理に長時間させる必要はないと思いますが、肥満が気になったらその犬のペースで少しずつ時間を伸ばしていきましょう。また、水が大丈夫な犬ならプールで泳がせるのも足に負担がかからずおすすめです。

以前は歩いたのに最近歩かなくなったら?

始めはお散歩が好きだったのに嫌がるようになったという場合には何か原因があるはずです。その原因を考えてみましょう。
散歩コースを変えたら歩かない場合は以前のコースに戻してみましょう。首輪やハーネスが原因の時もあります。または足をケガしたりしていないかチェックしたほうがいいですね。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
お散歩は犬によって好きなコと嫌いなコに分かれます。苦手な犬でも肥満や足が弱っているようだったら少しずつでも歩かせましょう。
梅雨の時期など悪天候が続く時には散歩出来ない日が増えますが、室内で遊んだり、晴れた時に時間をかけてじっくり歩くなどバランスを取るといいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1492 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9977 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1425 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 1483 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 2388 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2300 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 2896 view

突然犬が過呼吸を起こしたら?過呼吸の原因と治療、応急処置を解説

犬も過呼吸を起すことがあります。突然の過呼吸や呼吸の乱れにはどんな病気や体調不良があるのでしょうか?そして異…

Chriee / 14906 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 1240 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 3031 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 1164 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2475 view

関連するキーワード