ケンネルコフってどんな病気?

ケンネルコフとは、犬がかかる風邪のような症状の出る気管支炎を引き起こす病気です。犬パラインフルエンザや犬アデノウイルスII型のウィルスが主なものです。混合ワクチンを摂取していないと感染しやすく、発熱が伴い、咳が出ることで飼い主が気づく場合が多いのです。咳に気づいた時点ですぐに病院で受診しましょう。

子犬が感染しやすい理由は?

ケンネルコフはワクチン接種をしっかり行っていればまず感染しない病気です。その為、生まれて最初の3回目のワクチン接種が完了する前に感染してしまうことがあるからです。
現代の日本ではワクチンを接種して飼育されている犬がほとんどな為、成犬での感染はほぼ見られないようです。

ケンネルコフの感染ルートは?

ケンネルは犬舎のこと、コフは咳のことです。この名前の由来でも分かるように、主に多頭飼いの場合や、ブリーダー、そしてペットショップなど子犬が多数いる所での感染が多く、1頭から感染が広まりやすい病気です。
ペットショップで感染していることも多く、迎えてみて咳や発熱の症状が表れることも少なくありません。

咳や発熱以外の症状は?

食欲が無くなったり、全体的に元気が無くなります。同じ子犬がかかりやすいものでは、ジステンパーがあります。こちらの場合は嘔吐や下痢といった症状も加わりますが、いずれにしても放置しておくと危険な病気です。食欲不振に加えて咳が出ていたら早めに病院へ連れて行きましょう。

ケンネルコフの主な治療法は?

病院によって処置の違いはありますが、抗生剤の投与や点滴などを行います。初期症状の場合なら数回の通院で回復する場合がほとんどです。
症状が出て1〜2週間のうちには完治が見られるようになります。
また、予防法として、毎年適切な時期にワクチンの接種を受けましょう。

予防以外にはこんなことにも注意を

病院へ行く場合には、キャリーケースにしっかり入れていくなど、他の犬への感染に注意しましょう。動物病院はいろいろな犬がやってきます。免疫が出来ている犬ばかりではありません。
また、通院中は他の子犬と接触してうつしたりしないように注意が必要です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
ケンネルコフは比較的子犬がかかりやすく、初めて家に迎えた時に発症することも多い病気です。
ペットショップやブリーダーさんのところでは思わぬ病気に感染していることもあります。特にワクチン接種前には食欲や運動量など気になることがあったら出来るだけ早く獣医さんに相談しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 1273 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4437 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 971 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1232 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 2098 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 1046 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 961 view

犬の避妊手術と去勢後、どんな体調管理が必要?

犬を飼うに当って、避妊手術や去勢をする人は多いですね。これは自治体や動物病院などで奨励していたり、ペットの健…

Chriee / 1887 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2053 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 1715 view

要チェック!色、形、匂い、ウンチを見ればわかる愛犬の健康状態

毎日の散歩で、あるいはペットシートで、愛犬がウンチをしたら良く見て健康状態をチェックするようにしましょう。

cezannee / 3245 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 3256 view

関連するキーワード