犬の安楽死という問題

人間の安楽死については随分前から議論されることがあり、日本では法的に容認されていません。犬についてもさまざまな意見が分かれています。
しかし、余命が限られた状態での壮絶な症状など、苦渋の選択をする飼い主も少数ながらいるようです。
愛犬の死をどう迎えるか、考えておく機会も大切かも知れません。

安楽死を選択した場合の後悔

ネット上で、実際に愛犬の安楽死を選択した、または考えているという経験のあるいくつかの方々のブログや書き込みを見てみると、かなり葛藤を抱えていらっしゃる方が多いようです。
実際に既に安楽死で愛犬を見送ったという方も、もっと生きたかったのでは?自然死を選択すべきだったのでは?と後悔している方もいます。

安楽死を決断した場合の背景

最も多く見られるのは、病気の症状に苦しみ続ける愛犬を早く痛みから救ってあげたいという気持ちです。これは勿論、残された余命が無い状況に限定されています。
そして他には闘病が何年にも及んだ場合に膨らむ治療費など経済的な負担や、看病による家族の肉体的な負担などからやむなく決断する場合が多いようです。

安楽死ではなく自然死を選択した人は?

がんなど、苦しみを伴う病気でもない場合には自然死を選択するのは勿論ですが、ある程度の症状が出た状態でも、最後まで看取る飼い主さんの方が多いようです。
動物の命を奪うという観点から安楽死に対して否定的な意見の方が全体的に目立つこともあり、実際に安楽死を選択しても表に出さない飼い主も多いという印象です。

安楽死をする場合の費用は?

安楽死の場合は費用を明確にしていない病院がほとんどのようです。余命の無い末期がんなど飼い主の要望により対応してくれる場合には、投与する薬剤や処置として1万円前後というところもあれば、それ以上の金額もあるようです。定められているものではない為、病院によりさまざまなようです。

医師の対応や傾向は?

実際に安楽死を考え、いくつかの獣医師を当たっても断られたという人もいます。獣医さんは動物の命を救うのを使命とし、職業としている為、安楽死に対して否定的な考えの方が多い傾向が見られます。
特に主治医であれば、長く見てきた犬を自分の手で死なせることに抵抗を感じるのは当然かも知れません。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
安楽死という言葉は犬に対しても重いものですね。治療費に数百万もかかってしまった場合や、壮絶な痛みによる犬の鳴き声や、大型犬の場合は大きな体を抱き上げて介抱するのは人間の介護に相当すると思います。
人間との一番大きな違いは、自分で死を選択する意思表示が出来ないことではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 1964 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 864 view

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1559 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1453 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1080 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1299 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1367 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2748 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1833 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9728 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 2083 view

それは熱中症かも?愛犬の食欲不振などに表れるサイン

気温が高くなると心配なのが熱中症です。屋外はもちろんですが室内でも危険はいっぱい!突然の食欲不振など、愛犬の…

Chriee / 900 view

関連するキーワード