症状

・手足の裏や指の間をずっと舐め続けたり、噛んでいる
・毛が擦り切れるほど体を舐め続ける
・自分のしっぽを追いかけ続けて、しっぽを噛んだり傷つけたりする
・物を舐め続ける
・同じところを行ったり来たりする
・自分の影を追いかけまわす
・元気がなく、表情が暗い
・食欲があまりない

原因

犬は本来、群れを作って行動します。このため一人で留守番をしている時間が長いことが続くと不安やストレスから症状がでることがあります。
いつも家にいた家族が新たに仕事を始めるなどして家にいないことが多くなるなど、環境の変化や家族構成の変化がストレスになることもあります。
またケージの中で過ごすことが多く毎日の運動が不足していたり、スキンシップが少なく愛情が足りていない、怒られることが多く褒められない、などの愛情不足も要因となります。

予防・改善

毎日外に出て十分な運動をすることは肉体的にも精神的にも健康な生活を送る上で欠かせません。運動不足にならないよう心掛けましょう。

身体を舐めるなどの行動をしそうになったらお散歩やブラッシング、声かけ、おもちゃを使った遊びなどで気をそらしてあげるといいですね。刺激を与え、スキンシップをたくさんとってください。

犬は褒められることが大好きです。たくさん褒めてあげてくださいね。
症状が重くとなると皮膚を舐め続けてしまうことにより皮膚トラブルなどを起こしていることもあります。この場合は心のケアをしてあげると同時に皮膚症状の治療をしていく必要がありますので、心配な症状に気づいたら早めに動物病院で相談してくださいね。

【カーミング】精神安定をサポートする動物用サプリ【ペットナチュラルズ製品紹介】 - YouTube

出典:YouTube

アメリカで大人気の動物用サプリメント、ペットナチュラルズがついに日本上陸!
初乳と緑茶に含まれる成分で、愛犬愛猫の精神を健康的に維持。
総販売元:MKコーポレーション

ペットナチュラルズ カーミング 小型犬用

カーミング 小型犬用
初乳カーミングコンプレックスとビタミンB1(チアミン)が精神神経機能の健康維持に考慮。
カーミングははペットの個々の性格・エネルギーレベルに影響することなく問題行動によるストレスに。デイリーユースはもちろんのこと、リラクゼーション時のサポートとして与えてください。

シェリング・ジルケーン 225mg 30粒入

犬用健康補助食品

ジルケーンの発祥は、フランス。チーズや様々な乳製品、農産物に恵まれた国からやってきました。
ジルケーンは、牛乳生まれの健康食品です。
Alpha-S1 tryptic casein(アルファ-S1 トリプシン カゼイン)
という牛乳の成分を取り出したものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1675 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2250 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 2375 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 961 view

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 1410 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 1018 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 949 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4673 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1305 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1817 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7621 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 2952 view

関連するキーワード