症状

・手足の裏や指の間をずっと舐め続けたり、噛んでいる
・毛が擦り切れるほど体を舐め続ける
・自分のしっぽを追いかけ続けて、しっぽを噛んだり傷つけたりする
・物を舐め続ける
・同じところを行ったり来たりする
・自分の影を追いかけまわす
・元気がなく、表情が暗い
・食欲があまりない

原因

犬は本来、群れを作って行動します。このため一人で留守番をしている時間が長いことが続くと不安やストレスから症状がでることがあります。
いつも家にいた家族が新たに仕事を始めるなどして家にいないことが多くなるなど、環境の変化や家族構成の変化がストレスになることもあります。
またケージの中で過ごすことが多く毎日の運動が不足していたり、スキンシップが少なく愛情が足りていない、怒られることが多く褒められない、などの愛情不足も要因となります。

予防・改善

毎日外に出て十分な運動をすることは肉体的にも精神的にも健康な生活を送る上で欠かせません。運動不足にならないよう心掛けましょう。

身体を舐めるなどの行動をしそうになったらお散歩やブラッシング、声かけ、おもちゃを使った遊びなどで気をそらしてあげるといいですね。刺激を与え、スキンシップをたくさんとってください。

犬は褒められることが大好きです。たくさん褒めてあげてくださいね。
症状が重くとなると皮膚を舐め続けてしまうことにより皮膚トラブルなどを起こしていることもあります。この場合は心のケアをしてあげると同時に皮膚症状の治療をしていく必要がありますので、心配な症状に気づいたら早めに動物病院で相談してくださいね。

【カーミング】精神安定をサポートする動物用サプリ【ペットナチュラルズ製品紹介】 - YouTube

出典:YouTube

アメリカで大人気の動物用サプリメント、ペットナチュラルズがついに日本上陸!
初乳と緑茶に含まれる成分で、愛犬愛猫の精神を健康的に維持。
総販売元:MKコーポレーション

ペットナチュラルズ カーミング 小型犬用

カーミング 小型犬用
初乳カーミングコンプレックスとビタミンB1(チアミン)が精神神経機能の健康維持に考慮。
カーミングははペットの個々の性格・エネルギーレベルに影響することなく問題行動によるストレスに。デイリーユースはもちろんのこと、リラクゼーション時のサポートとして与えてください。

シェリング・ジルケーン 225mg 30粒入

犬用健康補助食品

ジルケーンの発祥は、フランス。チーズや様々な乳製品、農産物に恵まれた国からやってきました。
ジルケーンは、牛乳生まれの健康食品です。
Alpha-S1 tryptic casein(アルファ-S1 トリプシン カゼイン)
という牛乳の成分を取り出したものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 1403 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 1215 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 776 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 498 view

ダイエットしてるのに痩せない!そんな愛犬には血液検査が必要?

おやつをあげ過ぎて愛犬が肥満になるのは良くあること。でも、ダイエットを初めても効果が得られなければ病気が隠れ…

cezannee / 817 view

愛犬のお口が臭い!ひどい口臭はこうして解決できる!?

シニアになってくると気になるのが愛犬の口臭です。歯磨きができるコでも気になるという飼い主さんは多いようです。…

Chriee / 811 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 1239 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 654 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 987 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1156 view

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 823 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 543 view

関連するキーワード