初めての子猫が来る前に、どんな物を用意しておけば良いの?

子猫を初めて飼う時、どんな物を揃える必要があるのでしょう?また、それらのコストってどれくらいかかるのでしょう?猫を飼ったことの無い人は悩んでしまいますよね。そんな新米飼主さんの為に、初めて猫を飼う時に必要なグッズと、かかるコストをご紹介します。

子猫用のトイレ、どんな物が良いの?

猫用のトイレには、主にトレイタイプと、ドーム型の物があります。猫は排泄しているところを見られるのを嫌うのでドーム型の方を好む猫が多いようですね。トレイタイプを購入した場合、物陰など見えにくい場所に置くと良いでしょう。トレイタイプ:1,500円前後、ドーム型:3,000円前後とドーム型の方が高額です。

猫のトイレの必需品!猫砂には様々なタイプがあります。

猫のトイレに入れる猫砂は様々なタイプがあり、それぞれ特徴があります。檜チップや炭など消臭効果の高い素材が使われた物から、水分を含むとしっかり固まり始末が楽なタイプや、素材に紙が使われているためトイレに流せるタイプなど様々です。価格は素材によって異なりますが5L:400円前後の物が多いようです。

食器を用意する時に注意しておいて欲しいこと

猫のフード用の食器は、猫が食事をする時髭が当たらないような口が広く浅い物が良いでしょう。飲み水用の容器を選ぶとき注意する点は、ある程度の重さがあり簡単にはひっくり返らないものを選ぶことです。軽い素材だと猫がひっくり返して留守中などは水が飲めなくなります。フードボウルは400円くらいからです。

猫の健康管理とコミュニケーションのためのブラッシング

猫のブラッシングに必要なスリッカーやブラシを揃えておきましょう。ブラッシングは長毛種以外でも毛玉予防のために必要です。また、短毛種でも換毛期にはかなりの毛が抜けるのでまめにブラッシングする必要があります。他に猫用の爪切りなども揃えておきましょう。スリッカー:500円前後。ブラシ:300円前後。

子猫と遊べるおもちゃや、キャットタワーもあれば良いですね。

他には子猫が遊ぶためのおもちゃや、運動の役にも立つキャットタワーなどもあれば良いですね。おもちゃは単純なぬいぐるみのような物から、猫の動くものを追う習性を利用したレーザーポインターなど 300~1,800円程度でしょう。キャットタワーは大きなものだと1万円を超える高価なものもあります。

他にも猫の爪とぎ用のダンボールなども必要です。家にあるものでも構いませんが、「猫の爪とぎ用」として、様々な形のダンボール製品が売られていますので、それらを購入するのも良いでしょう。だいたい1,500円前後で購入できます。猫が留守中に部屋を荒らしてしまうようならケージを購入し出かける際は猫を入れるようにしても良いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード