幼犬の時期を過ぎた犬を迎える時の注意点

ペットショップには可愛い犬の赤ちゃんがたくさん販売されています。2ヶ月〜せいぜい3ヶ月程で飼われる場合が多いものですが、半年を過ぎても残ってしまう犬もいます。
ほとんどのショップでは値下げしている上に、あるていど成長した方が安心という人もいますが、実際に飼うにはどんな点に注意すべきでしょうか?

3回目のワクチンが完了した頃の犬は?

3回目のワクチンが完了した直後ぐらいであればまだ幼犬なので、しつけを始め特に気にする点は少ないものです。
小さい頃から社会性を身につけるのはとても大切です。3ヶ月〜4ヶ月であればワクチンも済んで免疫も出来ている上に、まだ自我もあまり出ていないので逆に安心して外に出せるというメリットがあります。

月齢半年を過ぎてしまった場合には?

半年は自我が芽生え始めている上に、避妊手術や去勢のタイミングでもあります。もちろん、個体差はあるのでどの犬もピッタリこの時期ということではありませんが、迎えた時期はちょうど避妊や去勢をするかどうか考えるタイミングにもなります。将来に向けて手術を考えるならまず獣医さんに相談所しておきたい時期です。

7ヶ月以上の場合は?

7ヶ月を過ぎてしまうとほとんどの犬は自我がはっきり出来上がっています。性格にもよりますが、初めて外に出るにはやや時間がかかる場合もあることを年頭におきましょう。
ワクチンが終わっているので免疫には問題はありませんが、外を知らないまま自我だけ出来上がることで恐怖心や警戒心がついてしまうからです。

月齢半年以上の犬は迎えたらまず健康チェックを

成長期に散歩や運動が出来ていないことで筋肉の付き具合が悪かったり、歯の生え変わりが上手く出来ていないなど、何らかのトラブルが起こっていることもあります。
月齢半年以上の犬は特に避妊や去勢の相談も兼ねて健康チェックをして貰うと安心ですよ。

多頭飼いをする場合の注意点は?

先住犬がいる家庭で、2頭目に月齢の大きな犬を迎える人もいます。うまく順応出来る犬もいますが、自我が芽生えてからでは、幼犬に比べて先住犬や飼い主への順応性に欠ける場合も見られます。また、先住犬より上の立場になろうとする犬も見られるので、餌やおやつなど徹底して先住犬を優先してしつけることが重要です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
ペットショップで残ってしまい成長した犬は、その後どうなってしまうのか気になる人は多いようです。
実際には成長しても飼う人は多く、1頭であれば特に問題は見られないようです。外に恐怖心を持つ犬もいますが、少しずつ慣れて散歩も出来るようになります。逆に小さ過ぎると不安な人には良いかも知れません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

”コマンドを聞かない!”犬にも反抗期があるのです。

愛犬が突然 コマンド(言う事を聞かない)  これはズバリ反抗期 何故?どうして?どうするの? 愛犬を理解して…

Etoilee / 1736 view

電車もバスも幼犬の時からチャレンジ!?TPOで考えたい愛犬のしつけとは?

愛犬と楽しく出掛ける人が多い現代では、場所によっていろいろと求められるしつけが変わってくるものです。TPOに…

Chriee / 1094 view

愛犬の気になる行動しぐさの一つマウンティングってどんな意味があるの!?

犬の行動で気になる行動・しぐさの一つがマウンティング。愛犬は舞うティングしていませんか?この行動にはいろいろ…

Chriee / 1618 view

テーマパークや人の多い場所に愛犬を同伴する時のマナーを知ろう!

犬を飼ったら知っておきたい!テーマパークなど人の多い場所に愛犬を同伴する時に気をつけたいことは何でしょうか?…

Chriee / 881 view

みんなはどうしてる?犬にコマンドをしつけるコツ

愛犬をコマンドでコントロール出来るようにするには始めがかなり難しいものです。しつけ教室に通うのもおすすめです…

Chriee / 1090 view

理解してみませんか!?犬の血液検査の項目の種類と読み方!

犬の血液検査、いろんな項目があって何がなんだかわからない…じゃもったいない!検査結果の見方を理解して、愛犬の…

Gigii / 25733 view

あなたの愛犬は大丈夫?動物病院でのマナーまとめ

犬を飼っていると年に一度や二度はワクチン接種など病院へ行くのは避けられないことです。ところで、病院でもマナー…

Chriee / 1646 view

犬を飼い始めたばかりの方必見!無料のしつけ教室を体験してみましょう!

犬を飼い始めたばかりの頃に悩むのはやはりしつけではないでしょうか?そんな時、無料で利用できるしつけ教室を体験…

Chriee / 1713 view

近所のお散歩で気をつけたい!愛犬との歩き方

近所のお散歩では特に狭い場所を歩くことが多くなります。信号待ちでの飛び出しや他の歩行者のじゃまにならない愛犬…

Chriee / 1160 view

ストレスのサイン!?愛犬の噛む行為、その原因とは?

噛む癖のある犬はストレスを抱えている場合が多いものです。その噛む対象によってもいろいろなストレスがあります。…

Chriee / 1620 view

飼い犬の健康のために、季節ごとに気を付けたいこと

日本は四季がはっきりしており、季節ごとに、その時の気候に応じたケアが必要です。愛犬に健康でいてもらうため、気…

Gigii / 1098 view

犬をしつけに“撫でる”が効果的⁉︎密なコミニュケーションが大切な理由

犬をしつけるにはいろいろ方法があります。その中でも撫でるというのも大切なことの1つです。ところでどんな時にど…

Chriee / 2268 view

関連するキーワード