脳炎の原因

脳炎の原因は感染性のものと、免疫などが関係していると考えられている肉芽腫性髄膜脳炎、壊死性髄膜脳炎などに分けることができます。

・感染性としては細菌やウィルス、真菌や原虫などがあげられます。特に犬ではジステンパーウィルス感染による脳炎があります。ジステンパーウィルスに感染すると鼻水や咳、発熱などをおこしますが、脳に感染すると脳炎を起こし、神経症状などがみられるようになります。この病気は死亡率が高く、助かっても後遺症が残ることが多いです。混合ワクチンを接種することで予防することができますので、毎年のワクチン接種を忘れないようにしましょう。

【ご来院出来る方のみ】【動物病院へ行こう!】【診療・接種代】犬 11種混合ワクチン接種

【11種混合ワクチン】

6種類のウイルスによる感染症と5種類のレプトスピラによる感染症を防ぎます。レプトスピラには250を超える種類がありますが、そのうち日本でよく見られる種類のものに対して予防効果を持ちます。

・肉芽腫性髄膜脳炎の症状は病変部位によって様々で、眼振や斜頸、発作、旋回運動、顔面神経麻痺などがみられます。

・壊死性髄膜脳炎
壊死性髄膜脳炎はパグ脳炎ともいわれ、パグに多くみられます。
パグ以外にもマルチーズやヨーキー、シーズー、チワワ、パピヨンなどでもみられますが、原因はわかっていません。
症状として発作や旋回運動、斜頸などがみられます。

治療

ジステンパーウィルス感染による脳炎ではウィルスに有効な薬がないため、点滴や抗生剤、インターフェロン療法などの対症療法が主となります。
肉芽腫性髄膜炎や壊死性髄膜炎では、免疫抑制剤や放射線療法、抗けいれん薬などを使って治療していきます。

まとめ

脳炎は原因がまだわかっていないこともあり難しい病気ですが、MRI検査で早期に発見・診断をして適切な治療をすれば治療効果が得られて回復がみられることもあります。
どんどん症状が進行していってしまうこともありますので、発作、同じところをグルグルと回っている、口が麻痺してうまくゴハンが食べられない、ふらつきなど何か気になる症状に気づいたときにはすぐに動物病院を受診しましょう。

犬用 ドロンタールプラス 20錠 動物用医薬品

〔効果・効能】
犬に寄生する犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫を駆除するお薬です。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

〔効果・効能】
ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

こんな症状から始まります!年齢とともに気になる犬の痴呆症とは?

犬にも痴呆症があります。全ての犬に起こるわけではありませんが、シニアに入って不審な行動などの症状が見られるよ…

Chriee / 1429 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 1038 view

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 1430 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 2276 view

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 1323 view

これは病気・不調なの?!愛犬の食糞症って?

パピーを迎え入れたけれど、あのかわいい愛犬が、まさかの食糞症! これは病気・不調のサインなのでしょうか!? …

amblee / 1310 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 2102 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 2899 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 3308 view

獣医師が解説「逆くしゃみ(犬の病気)」:小型犬や短鼻種のワンちゃんに起こりやすい!?…

逆くしゃみって知っていますか? 犬が突然立ち止まって苦しそうにグエ~グエ~というような音をさせながら、空気を…

本間獣医科病院 / 2572 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 3856 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3371 view

関連するキーワード