ノミ・ダニ駆除の薬が使えないペットのノミ・ダニ対策はどうしたらいいの?

ペット用のノミ・ダニ駆除の薬は、もちろんペットの体には害のない薬品が使用されています。それでも、ペットの中には体質的に合わなかったり、副作用を引き起こすこともあります。薬の使用にはどんなリスクがあるのか、また、駆除用の薬に頼らずにペットのノミ・ダニを駆除するにはどうしたらよいのかをご紹介します。

ノミ・ダニ駆除の薬を使う前に、こんなペットは要注意!

ペットも高齢になると体も弱ってきてわずかな刺激でも体調を悪くすることがあります。また肌がデリケートだったりアレルギー体質のペットも同様です。このようなペットの場合ノミ・ダニ駆除の薬を使う前に必ず獣医師などに相談してから使うようにして下さい。また、一度に全部薬をつけずに少しづつつけて様子をみましょう。

もし、ノミ・ダニ駆除の薬を使ってペットが体調を崩したら。

病院で大丈夫と言われても、実際にノミ・ダニ駆除の薬を使って体調を崩してしまうペットもいます。そんな時には、薬をつけた直後なら、まず薬をふき取り、塗布したところを水で洗い流し様子を見ます。その後、体調が回復しないようでしたら速やかに動物病院に連れて行きましょう。その際、使用した薬を持参してください。

ペットに付いたノミ・ダニを薬以外で駆除する方法は?

自分で見つけてとる場合、ダニはダニを取る専門のピンセットを使うようにしましょう。また、駆除後はノミ・ダニ除けになるハーブや、磁気を利用した首輪や、首輪に取り付けるタイプのメタルなどもありますので、これらのペットの体に負担にならないタイプのノミ・ダニ除けを利用して再寄生を防ぐと良いでしょう。

ノミ・ダニを集めてまとめて退治してしまいましょう。

きれいに室内を清掃しても、本当にノミ・ダニがいなくなっているか不安。そんな時には、ノミ・ダニの誘引剤を使った市販のシートなどを使うと良いでしょう。これらをノミ・ダニの潜んでいそうな場所に設置することで掃除では取り切れなかったノミ・ダニを引き寄せてまとめて退治することが出来ます。

駆除したノミ・ダニが再びつくことを防ぎましょう。

ペット、特に犬の場合、毎日の散歩でノミ・ダニが付くのを防ぐ必要があります。散歩の際には、ノミ・ダニが嫌がるハーブなどを使ったスプレーや、ノミダニ除けの洋服、首輪などをつけて防ぐようにしましょう。また、ノミ・ダニ取り用のコームを使って毎日、ブラッシングをし、再寄生を素早く見つけるようにしましょう。

薬を使うと、ペットの全身に付いたノミ・ダニを簡単に駆除することが出来ますが薬によるリスクもあります。手間はかかってもノミ・ダニ対策のグッズを上手に利用したり、こまめに掃除をしてノミ・ダニの繁殖を防げれば、その方がペットの体にも負担が少なく安全な方法と言えるかもしれませんね。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 721 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 5218 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 821 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 649 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1445 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1089 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 2632 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 1472 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 1477 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 1885 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 1411 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 1472 view

関連するキーワード