迅速に正確な治療を受けるために準備しておいてほしいこと。

愛犬の具合が悪くなった時あなたは、すぐに病院に駆け込んではいませんか?一刻も早くと焦る気持ちはわかりますが、病院に行く前に準備しておいた方が良いいくつかのことがあります。それをすることで、治療もスムーズに進むので、ぜひ、覚えておいてくださいね。

急に行ってもすぐ診てもらえない。まずは、電話で連絡を!

どんなに焦っていても、まずは動物病院に電話をしましょう。電話で犬の症状を伝えることで、応急処置の方法や運ぶ時の注意事項などのアドバイスを受けることが出来ますし、病院側もどんな状態の患畜が来るのか把握し準備が出来ます。また、行きつけの病院ならカルテを用意しておいてもらえるので治療がスムーズに進みます。

原因に思い当たるふしがあれば用意して行くと良いもの。

犬が急に具合が悪くなる場合の原因の一つに誤飲があります。その場合、どんなものを誤飲してしまったのかわかると治療の役に立ちます。特に薬などの誤飲の場合、どんな成分の薬を飲んだのかは重要なポイントです。飲んだ薬と同じものがあればそれを持参するようにしましょう。

急に様子がおかしくなった、そんな場合は動画を用意しましょう。

痛いとか苦しい場合と違い、歩き方がおかしいとか、様子が変だという場合。病院に行ったらその症状がおさっまてしまったということが良くあります。そんな場合、家で症状が出ている時に動画を記録し病院で見せるようにしましょう。そうすれば、今は治まっていても、どんな症状だったかを伝えて治療を受けることが出来ます。

応急処置や、犬を病院へ運ぶ準備は普段からしておきましょう。

怪我などの場合、犬を病院に運ぶ前に止血などの応急処置をした方が良い場合があります。そのために、犬用の救急箱を普段から用意しておきましょう。安全に運ぶためにキャリーケースなどの準備も必要ですね。また、痛みのため犬が暴れる場合もありますので、怪我のないよう軍手などもあると良いでしょう。

普段から、愛犬の様子をよく観察しておきましょう。

普段の愛犬の食事の量や飲水量などを正しく知っていますか?おやつなどをあげる場合も、どんなものをどれくらいあげたのか知っておくことが重要です。犬の食欲が落ちたと思っていたら、家族が沢山おやつをあげていたといった場合もあります。普段の様子をよく知っておき病院で正しく伝えられるよにしておきましょう。

犬を病院に連れて行く場合、まず落ち着いて病院に連絡し医師の指示を受けることと、治療のヒントになるものを用意することが大切です。また、普段から犬の生活をよく把握しておけば、普段とどう違うのか症状を説明するのに役に立ちますね。なるべく早く良い治療を受けるためにどんなことが役に立つのかお分かりいただけたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4432 view

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 910 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1247 view

犬が震えたり吐く時はこんな病気を疑ってみて!

犬が震えている時や、吐く症状にはさまざまな原因があります。特に心配ないものや、見落としてしまいがちな病気や体…

Chriee / 1879 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 1922 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 971 view

知っておいて欲しい、犬のフィラリア予防の大切さ。

毎月犬に薬を飲ませてるけど、なぜ毎月飲ませないといけないのか、そもそもフィラリアが何なのか、実際よくわからな…

Gigii / 1019 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 1157 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2644 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1665 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1604 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2060 view

関連するキーワード