どこにでもいるマダニ!完全に駆除するにはマダニのことを良く知ろう!

公園や散歩道、庭などありとあらゆる場所に潜んでいるマダニは、ペットが近づくと飛びついて寄生し、吸血を繰り返しながら成長します。成長の過程で宿主から離れたり、再寄生する特徴がありこのことがマダニを駆除する上でとても厄介なんです。

幼ダニから成ダニまでの成長過程を知ろう。

卵として産み落とされたマダニは20~30日で孵化します。これが幼ダニです。幼ダニは、ペットに寄生し3~4日くらい血を吸い続けて成長するとペットの体から落ち1週間ほどで脱皮して若ダニになります。若ダニもペットに寄生し4~5日の吸血後ペットから離れ2~3週間後に脱皮して成ダニになります。

ダニが1度に産む卵の数は、なんと数千個にもなるんです。

成ダニは、再びペットに寄生し1週間ほど吸血するとペットから離れ湿気の多いところや暗いところで産卵をします。産卵を終えると成ダニは死んでしまいますが、このとき生む卵の数は数百から数千個にもなります。これらが室内で孵化したら・・そう考えると、ぞっとしてしまいますね。

ダニ退治に肝心なのは繁殖を防ぐことと再寄生させないこと!

このようにダニは、生態を変えながらペットへの再寄生を繰り返して生涯を終えます。ですから、今ペットについているダニを駆除しただけでは十分ではありません。室内の特にダニの好む暗く湿気のある所を徹底的に清掃し繁殖を防ぐことが重要です。外での再寄生を防ぐためには虫除けの首輪・薬などを使いましょう。

出典:http://mrg.bz

ペットからダニを駆除するときに注意することは

ダニは吸血するとき、ペットの皮膚に頑丈な口下片を食い込ませるのですがその際、セメントのような物質を出し固めてしまいます。ですから、無理にダニを取るとこの口下片がペットの体表に残り炎症などを引き起こすのです。ですから、ダニを見つけた際は自分で取ったりせず動物病院に行くか、駆除用の薬を使用しましょう。

ダニの吸血が原因で起こる怖い病気のこと

ダニは吸血の際、血液の栄養素だけを取り込み残りの水分などを唾液と一緒にペットに戻します。その際に、ダニを媒介としているウイルスや細菌などがペットの体に送り込まれ様々な病気の原因になってしまうこともあるのです。ダニに噛まれた場所が腫れたり、ペットの様子がおかしいようなら病院に行くようにしましょう。

ここで紹介したのは主にペットにとって最も恐ろしいマダニについてですが、ダニは他にも多くの種類がいて中には人間に害を与えたり、アレルギーの原因になるものもいます。血液だけでなく、ペットや人間の皮脂などを栄養分としてはびこるダニもいるので、暗くじめじめした場所の他にも、ペットや人間の良く居る場所なども重点的に清掃し清潔に保つことが大切ですね。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 2358 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 941 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1292 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3118 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 812 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1637 view

愛犬のお散歩にもいいかも!こんなに可愛くてオシャレになった最近のエリザベスカラー

愛犬の治療中や介護のグッズとして便利なエリザベスカラー。硬いものはちょっと不便と感じることはありませんか?お…

Chriee / 4064 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1685 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9513 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1911 view

これは病気・不調なの?!愛犬の食糞症って?

パピーを迎え入れたけれど、あのかわいい愛犬が、まさかの食糞症! これは病気・不調のサインなのでしょうか!? …

amblee / 1116 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 3494 view

関連するキーワード