脳腫瘍の種類

・脳腫瘍には脳が原発となる脳原発性腫瘍と、身体の他の場所にできたものが脳に転移した転移性腫瘍があります。
脳原発性腫瘍としては、脳を覆っている髄膜が腫瘍化して脳を圧迫してしまう髄膜腫や、浸潤といって脳にしみこむように広がっていくグリオーマなどがあります。
・転移性腫瘍としては血管肉腫やリンパ腫などがあります。

症状

脳腫瘍の症状としては痙攣を起こす、うまく歩けなくなってきた、性格の変化、目が見えなくなる、など様々な症状がみられます。症状によっては他の疾患の症状と似ているために脳腫瘍に気づかないこともあるかもしれません。

検査・治療

脳腫瘍の疑いがある場合には、全身麻酔をしてMRI検査などの精密検査をしていきます。
脳腫瘍の治療としては外科治療や放射線治療、化学療法や症状を和らげてあげるための緩和治療などがおこなわれます。
MRI検査などの精密検査や脳腫瘍の治療が可能な設備が整っている大学病院などの2次診療施設は少ないため、通院可能な範囲にこのような施設があるか、どこまでの治療を望むのかなど、かかりつけの動物病院でよく相談されてください。

ヒルズ 犬用 n/d(エヌディー) 缶 360g

がんに対する化学療法あるいは放射線療法を受けている犬に給与することを目的とした食事療法食です。

特徴はがん細胞への栄養供給を抑えながら犬の蛋白質とエネルギー要求量を満たすのに役立つ成分含有です。

犬猫用 ハタケシメジペット

「ハタケシメジペット」は王子製紙の長年にわたる天然資源の研究から生まれたキノコの犬・猫用健康補助食品です。
特別な条件下で栽培したハタケシメジを原料とし、健康維持・栄養補給に好ましい成分を豊富に含み、嗜好性が高く、飲みやすい微粉末にしております。
愛犬・愛猫の健康維持・QOL(生活の質)の維持にお役に立てます。

まとめ

脳腫瘍は高齢犬に多いですが、若い犬にも発症することがあります。てんかんのような発作や痙攣が起きる、痴呆のような症状がみられる、寝てばかりいる、視覚や聴覚が急激に衰えた、性格が急に変わったなど、普段いっしょに生活しているからこそ気づくことができる症状が実は脳腫瘍のサインかもしれません。
気になる症状が出てきたときには早めに動物病院を受診することが、早期発見・早期治療につながります。

犬猫用 D-フラクション 30ml

商品説明

【特長】
マイタケ抽出エキス(D-フラクション)主成分の栄養補助食品
β-グルカン配合
【原材料】マイタケ抽出エキス

【給与法】
体重1kgあたり1~3滴を1日1~2回に分けて容器等に滴下するか、
食餌にまぜて給与します。液状なので、毎日の投与も簡単です。
30ml 犬猫用
【販売製造元】ZENOAQ 日本全薬工業(株

明治 メイベットDC 2gx60包

商品説明

◆メイベットDCは、犬用健康補助食品で
不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸)を主成分としています。
オメガ3脂肪酸(EPA<エイコサペンタ塩酸>、
DHA<ドコサヘキサエン酸>)が含まれています。
◆2g包x60 入
◆明治製菓(株)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2026 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 3655 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 5036 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1258 view

獣医師が解説「犬のうつ病?」:もしかして、、、と思ったら症状をチェック!原因と予防策…

犬は感情豊かな動物で、繊細な心を持っています。生活環境の変化などから犬にもうつ病のような症状があらわれること…

本間獣医科病院 / 691 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 698 view

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 803 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1403 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 1626 view

ダイエットしてるのに痩せない!そんな愛犬には血液検査が必要?

おやつをあげ過ぎて愛犬が肥満になるのは良くあること。でも、ダイエットを初めても効果が得られなければ病気が隠れ…

cezannee / 1019 view

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 680 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1288 view

関連するキーワード