愛犬のシャンプーで気をつけたいのは?

自宅でシャンプーをしている人は多いと思います。シャンプー剤もいろいろ出ており、気を使っていると思います。
今回はシャンプー剤ではなく、洗い方次第では犬の健康にも影響してしまう、シャンプーをする時の注意点を書いていきます。

シャンプー前にはしっかりブラッシング

これは長毛種も短毛種もどちらも大切です。長毛種の場合には、毛が絡んでいたり、抜け毛が浮いたままになっていると十分洗えなかったり、またすすぎの妨げになることがあります。
短毛種の場合は毛が絡むことは少ないものの、やはり抜け毛が残っていると十分なすすぎが出来ないことがあります。

適温のお湯で十分皮膚マッサージ

犬をシャンプーする時の適温は35度〜37度程度です。季節や室温によって温度設定は調整するといいですね。
まず指の腹を使って皮膚マッサージをしながら、十分毛の根本までお湯を行き渡らせます。根本部分が乾いた状態の所にシャンプーがいきなり触れるのを防ぐ為です。

皮膚に傷が付かないように注意する

人間もそうですが、皮膚に傷を付けないことはとっても大切です。爪が長い場合にはしっかり切り、爪を立てないように指の腹だけを使ってシャンプーをします。力を入れないように指先を動かしていくと毛を上手に分けながら洗えますよ。

一番重要なのはシャンプーを流す時です

そして、自宅でのシャンプーで最も気をつけたいのは、実はシャンプーを流す時なんです。
シャンプーをしっかり流せず、皮膚に残ってしまっていると、そこが荒れてしまいトラブルを起す場合が意外と多いんです。気づかずに乾かしてそのままにしてしまい、病院へ行く犬も少なくありません。

シャンプーがきれいに流せたかどうかの目安は?

指で毛の根本を触ってみましょう。ぬめりが無くなっていれば流せている証拠です。シャンプーを始める前にしっかりブラッシングしておくのも、抜け毛でシャンプーが残ってしまうことを防ぐ目的もあるんです。
流す時も指の腹で軽くマッサージしながらシャワーを当てて流すと効果的です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
シャンプーは大人しい犬であれば自宅でも簡単ですし、自分で洗ってあげる飼い主さんは多いと思います。
しかし、シャンプーの流し残しで皮膚トラブルを起こし、受診するという犬も多いものです。シャンプーの仕方を見直し、不安な場合はトリマーさんにお願いするのも良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 3254 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1268 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 2663 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 2720 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2608 view

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 1325 view

愛犬が寝たきりになったら…高齢犬の床ずれ対策は大丈夫?

犬も高齢になると寝たきりになってしまうことがあります。そうなると人と同じで床ずれが出来てしまうことをご存じで…

cezannee / 1747 view

ミニチュアダックスフンドは腰を大事にして!犬種によって気をつけたい病気や不調とは!?…

犬を飼っていて重要な事の1つは、病気になった時です。病気・不調は犬種によっても様々なもの。事前にかかりやすい…

Chriee / 1432 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 835 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2282 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4814 view

関連するキーワード