愛犬の生理にはどんなことに気をつければいいの?

メス犬には生理があります。期間は大きさや犬種によってもさまざまですが、2週間〜3週間程度が多く、およそ1ヶ月間は気をつけてあげたほうがいいようです。
そして気になるのは犬の生理痛です。出血は目に見えるので程度は分かりますが、痛みは分かりません。生理痛やケアしてあげたいことはどんなことでしょうか?

1、犬には生理痛はある?

生理痛は人間以外の動物には無いと言われています。もちろん犬も同様で、特に痛みというものは無いそうです。
しかし、痛みは無い代わりに生理の始め辺りは特に怠い感じは見られことが多いようです。愛犬が怠そうにしていたらお散歩は控えてあげるのもいいですね。

2、散歩中に気をつけたいこと

整理中で一番気をつけたいことは何と言ってもオス犬との接触です。犬はメスの生理中の臭いでオスも発情するものです。この時期は散歩の時間やコースを工夫し、他のオス犬に会わないことが大切です。臭いで発情してしまうとオス犬の飼い主さんにも迷惑が及んでしまうことになります。

3、生理中の感染症に注意

メスは生理中は陰部が通常のおよそ3倍にもなってしまいます。これは生理が終わって落ち着けば元に戻りますが、その間は子宮口も開いていることになります。普段よりも感染症などに感染するリスクが高い為、清潔な環境を心がけてあげましょう。
また、尿などに異常が見られたらすぐに病院に行くと良いですね。

4、想像妊娠をしてしまうこともあります

犬の妊娠期間はおよそ2ヶ月ですが、妊娠しない場合も、生理が終わったあとに妊娠のような症状が見られることもあります。
これは嘔吐などが見られるのが主ですが、犬も想像妊娠があるのだそうです。犬にもよりますが、妊娠の可能性がなくても嘔吐が見られたら安静を心がけてあげましょう。数日で落ち着くようです。

5、生理中の避妊手術は避ける

赤ちゃんを生ませない場合や、すでに生んでいて次は良いという判断がついたら出来るだけ早い段階で避妊手術をしておくと将来の健康面も安心です。
ただし、生理中は子宮も非常にデリケートな状態になっている為、焦らずに十分落ち着いてからのほうが愛犬の体にも良く安全なようです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
犬の生理は生理痛もほぼ無いという見方がされているようです。
出血も多くの場合は自分で舐めて処理出来てしまう為、気になる場合を覗いては生理用のシートなどのケアは不要なようです。
散歩中のオス犬との接触や感染症を注意し、整理中は快適で清潔に過ごせるように心がけてあげるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 989 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9033 view

簡単にチェックしたい!犬の皮膚や毛の状態でわかる、手軽な健康管理とは?

愛犬の体調管理は飼い主さんにとって一番気になることではないでしょうか?嘔吐や食欲不振など判りやすい症状のほか…

Chriee / 1155 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1620 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1860 view

これなら使わせてみたい!?愛犬の健康グッズ5選

ペット用のサプリも多いですが、健康グッズも実はいろいろあって、愛犬の健康を気づかう飼い主さんには使ってみたい…

Chriee / 1606 view

飼い主が何気なく吸っているタバコ、愛犬の健康にはどんな影響があるか知ってますか?

ペットの健康を気遣う飼い主さんは増えていますが、タバコはどうでしょうか?しっかり別の部屋で吸う人もいると思い…

Chriee / 1219 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1872 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2305 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 794 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 2757 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1194 view

関連するキーワード