気をつけたい膿皮症の症状とそ予防法

膿皮症という皮膚病があります。元々アレルギー性皮膚炎を患っている犬にも見られますが、幼犬やシニアなどにも見られる皮膚の疾患です。
その症状や予防法を知って、愛犬の異変に早期に気づき、適切なケアをしてあげましょう。

膿皮症には4つのタイプがあります

膿皮症には、主に幼犬がかかりやすい浅在性、夏の暑い時期に見られる表在性、主に短頭種に見られる皺壁性、ジャーマンシェパードに良く見られる深在性の4つのタイプがあります。
その違いは細菌の種類や感染の深さの違いになります。

主な症状にはこんなものがあります

どのタイプにも共通して見られる症状は、発赤や湿疹、そして脱毛やかさぶたに進む場合もあります。
しかし、これらは一般的に見られる主な症状で、感染が深くなっていくと腫れや痛みを伴うことがあり、さらには発熱と愛犬にとって辛いものとなります。

膿皮症の原因とその背景は?

膿皮症の原因はぶどう球菌の感染によるものです。しかし、衛生上や健康に何の問題もない犬にはあまり考えられないものです。ぶどう球菌が感染しやすい状況とは、感染しやすい傷などがあり、さらに不衛生である場合などになります。栄養不良など免疫力の低下や、アレルギー性皮膚炎から引き起こすこともあります。

膿皮症を発症した場合の治療法とは?

上記で挙げた症状が見られたら早めに獣医さんに相談しましょう。治療方法としては抗生物質の投与が主になります。
それ以外には通常のシャンプーではなく薬用シャンプーに切り替えるなどして皮膚への刺激や負担を抑えるようにすることも併用して行いたいことです。

膿皮症にならない為の予防法は?

まずは飼育環境を清潔に保つことです。愛犬がケガをしたら早期に病院へ連れて行き適切な処置をしてもらうことも当然重要です。栄養が不足しないような食事を心がけ、アレルギー性皮膚炎の場合にはそこから誘発させないことが大切です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
湿疹やかゆみを伴うものは犬にも辛いものです。掻きむしってしまったり、そこから脱毛やかさぶたに進んでしまうとさらに悪化することもあります。
飼育環境をまず清潔にし、幼犬やシニア犬など免疫力の低い場合には傷を作らないなどのケアをしながら、十分な栄養を摂取できる餌を与えてあげるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

アレルギー体質の犬はご注意!ワクチンに気をつけることや食べ物の選び方は?

アレルギー体質の犬のケアにはいろいろ気を使う必要があります。普段から気をつけたいアレルギー体質の犬の食べ物の…

Chriee / 850 view

なんだかおいしそう⁈犬用フィラリアのお薬は進化しているのです

犬のフィラリアの薬と言ったら白い錠剤。なかなか飲んでくれないし、困ってる…。そんな方にお勧めしたい、フィラリ…

Gigii / 2173 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2189 view

飼い主が何気なく吸っているタバコ、愛犬の健康にはどんな影響があるか知ってますか?

ペットの健康を気遣う飼い主さんは増えていますが、タバコはどうでしょうか?しっかり別の部屋で吸う人もいると思い…

Chriee / 1134 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1105 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1140 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 5914 view

突然犬が過呼吸を起こしたら?過呼吸の原因と治療、応急処置を解説

犬も過呼吸を起すことがあります。突然の過呼吸や呼吸の乱れにはどんな病気や体調不良があるのでしょうか?そして異…

Chriee / 12550 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 749 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1538 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 2738 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 2724 view

関連するキーワード