気をつけたい膿皮症の症状とそ予防法

膿皮症という皮膚病があります。元々アレルギー性皮膚炎を患っている犬にも見られますが、幼犬やシニアなどにも見られる皮膚の疾患です。
その症状や予防法を知って、愛犬の異変に早期に気づき、適切なケアをしてあげましょう。

膿皮症には4つのタイプがあります

膿皮症には、主に幼犬がかかりやすい浅在性、夏の暑い時期に見られる表在性、主に短頭種に見られる皺壁性、ジャーマンシェパードに良く見られる深在性の4つのタイプがあります。
その違いは細菌の種類や感染の深さの違いになります。

主な症状にはこんなものがあります

どのタイプにも共通して見られる症状は、発赤や湿疹、そして脱毛やかさぶたに進む場合もあります。
しかし、これらは一般的に見られる主な症状で、感染が深くなっていくと腫れや痛みを伴うことがあり、さらには発熱と愛犬にとって辛いものとなります。

膿皮症の原因とその背景は?

膿皮症の原因はぶどう球菌の感染によるものです。しかし、衛生上や健康に何の問題もない犬にはあまり考えられないものです。ぶどう球菌が感染しやすい状況とは、感染しやすい傷などがあり、さらに不衛生である場合などになります。栄養不良など免疫力の低下や、アレルギー性皮膚炎から引き起こすこともあります。

膿皮症を発症した場合の治療法とは?

上記で挙げた症状が見られたら早めに獣医さんに相談しましょう。治療方法としては抗生物質の投与が主になります。
それ以外には通常のシャンプーではなく薬用シャンプーに切り替えるなどして皮膚への刺激や負担を抑えるようにすることも併用して行いたいことです。

膿皮症にならない為の予防法は?

まずは飼育環境を清潔に保つことです。愛犬がケガをしたら早期に病院へ連れて行き適切な処置をしてもらうことも当然重要です。栄養が不足しないような食事を心がけ、アレルギー性皮膚炎の場合にはそこから誘発させないことが大切です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
湿疹やかゆみを伴うものは犬にも辛いものです。掻きむしってしまったり、そこから脱毛やかさぶたに進んでしまうとさらに悪化することもあります。
飼育環境をまず清潔にし、幼犬やシニア犬など免疫力の低い場合には傷を作らないなどのケアをしながら、十分な栄養を摂取できる餌を与えてあげるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 950 view

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 1182 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9151 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 2152 view

獣医師が解説:「犬の生理」いつから始まるの?注意すべき点とは?

メスの犬には生理があります。犬にも生理があることは知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか…

本間獣医科病院 / 1483 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1912 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1591 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 6377 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 875 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1823 view

愛犬のお散歩にもいいかも!こんなに可愛くてオシャレになった最近のエリザベスカラー

愛犬の治療中や介護のグッズとして便利なエリザベスカラー。硬いものはちょっと不便と感じることはありませんか?お…

Chriee / 3717 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1486 view

関連するキーワード