気をつけたい膿皮症の症状とそ予防法

膿皮症という皮膚病があります。元々アレルギー性皮膚炎を患っている犬にも見られますが、幼犬やシニアなどにも見られる皮膚の疾患です。
その症状や予防法を知って、愛犬の異変に早期に気づき、適切なケアをしてあげましょう。

膿皮症には4つのタイプがあります

膿皮症には、主に幼犬がかかりやすい浅在性、夏の暑い時期に見られる表在性、主に短頭種に見られる皺壁性、ジャーマンシェパードに良く見られる深在性の4つのタイプがあります。
その違いは細菌の種類や感染の深さの違いになります。

主な症状にはこんなものがあります

どのタイプにも共通して見られる症状は、発赤や湿疹、そして脱毛やかさぶたに進む場合もあります。
しかし、これらは一般的に見られる主な症状で、感染が深くなっていくと腫れや痛みを伴うことがあり、さらには発熱と愛犬にとって辛いものとなります。

膿皮症の原因とその背景は?

膿皮症の原因はぶどう球菌の感染によるものです。しかし、衛生上や健康に何の問題もない犬にはあまり考えられないものです。ぶどう球菌が感染しやすい状況とは、感染しやすい傷などがあり、さらに不衛生である場合などになります。栄養不良など免疫力の低下や、アレルギー性皮膚炎から引き起こすこともあります。

膿皮症を発症した場合の治療法とは?

上記で挙げた症状が見られたら早めに獣医さんに相談しましょう。治療方法としては抗生物質の投与が主になります。
それ以外には通常のシャンプーではなく薬用シャンプーに切り替えるなどして皮膚への刺激や負担を抑えるようにすることも併用して行いたいことです。

膿皮症にならない為の予防法は?

まずは飼育環境を清潔に保つことです。愛犬がケガをしたら早期に病院へ連れて行き適切な処置をしてもらうことも当然重要です。栄養が不足しないような食事を心がけ、アレルギー性皮膚炎の場合にはそこから誘発させないことが大切です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
湿疹やかゆみを伴うものは犬にも辛いものです。掻きむしってしまったり、そこから脱毛やかさぶたに進んでしまうとさらに悪化することもあります。
飼育環境をまず清潔にし、幼犬やシニア犬など免疫力の低い場合には傷を作らないなどのケアをしながら、十分な栄養を摂取できる餌を与えてあげるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7558 view

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 1831 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1227 view

獣医師が解説:犬に生理痛はあるのでしょうか?

避妊手術をしていないメスの犬には「生理」が年に1~2回ほどあります。生理中の犬にも人間の女性が感じるような「…

本間獣医科病院 / 1618 view

犬の避妊手術と去勢後、どんな体調管理が必要?

犬を飼うに当って、避妊手術や去勢をする人は多いですね。これは自治体や動物病院などで奨励していたり、ペットの健…

Chriee / 2000 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2109 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1376 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2031 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1003 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1150 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2215 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1488 view

関連するキーワード