犬も味覚はある?

犬に与える食べ物はほとんど味のない自然そのままのものが多いものです。犬に塩分や濃い味のものを与えないようにするのは、犬には味覚がないからと考える人もいるようですが、実際にはどうなのでしょうか?
犬と味覚について調べてみました。

犬の味覚は人間とは異なっている

人間の舌は甘い、しょっぱい、酸っぱいなど5つの味覚を明確に感じることが出来ますが、犬は人間のおよそ5分の1の味覚しか感じることが出来ないそうです。さらに舌の部分のどの部位でどんな味覚を感じているのか定かではなく、犬自身にしか分からないという見方がされています。

犬が感じている味覚とは?

犬は主に甘味、酸味、苦味、旨味などに反応し、その味覚を感じているようです。苦味に関しては若干の時間差があるものの感じることは出来ます。しつけ用のスプレーなど苦味をつけているものに反応することから感じているのは確かと言えそうです。
また、甘味は果物などの自然素材に強く反応するようです。

古来から肉食であったという裏付け

犬は塩味に対しては鈍感であるとされています。しかし、これは犬が古来から肉食であったということを意味しているそうです。
野生での補食は、捉えた獲物をまるごと食べることになり、その歳獲物の血液に含まれる塩分で全体のバランスが取れることになります。つまり、肉食で栄養バランスが取れていた裏付けなのです。

犬にも食べ物の好みがあった!

犬が食べるものとして選別する一番の条件は臭いです。次に食感、味、見た目と続き、多くはまず臭いで食べられるかどうかを判断していることになります。確かにまず鼻をクンクンさせていますよね?
また、過去の研究では生肉よりも加熱したもの、冷めたものより温かいものを好むことが分かっています。

生後6ヶ月までの食生活で一生の嗜好が決まる?

犬の嗜好性は生まれる前からある程度決まっていると言われています。これは妊娠中の母犬が食べていたものがそのまま影響することや、母犬の母乳からも影響すると言われています。
また、月齢6ヶ月頃までに食べたものである程度の嗜好性が固まってしまうという研究データもあります。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
犬は人間程の細やかな味覚はありませんが、自分の体内に必要な栄養素を取り込む為の味覚には特殊な感覚があるようです。
また、生後6ヶ月頃までに食べたものがその後の嗜好を左右してしまうと言われていることから、幼犬の時期に健康に良い餌を食べさせることで味覚を覚えさせておくことが大切と言えそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

柿は口臭予防になる⁈犬に与えていい果物まとめ

誕生日など、愛犬にスイーツを与えることは多いと思います。犬用のものでも可愛くて彩りもきれいで美味しそうですよ…

Chriee / 926 view

獣医師が解説:愛犬になぜ玉ねぎを与えてはいけないのでしょうか?

愛犬にタマネギを与えてはダメ!タマネギ中毒は溶血性貧血を起こす、動物にとって危険な食べ物なのです。

本間獣医科病院 / 986 view

愛犬と行きたい!癒しのレストラン東京編

ペット同伴のレストランはテラス席が多いですね。でも実は店内にも入店OKの東京都内のレストランを紹介します。愛…

Chriee / 1625 view

野菜不足?お散歩中に草を食べるワンちゃんに隠されたサインとは⁈

散歩で犬が草を食べることってありませんか?むしゃむしゃと美味しそうですよね?あの行為は野菜不足から来ているん…

Chriee / 980 view

クリスマスシーズン到来!愛犬OKの安心で美味しいクリスマスケーキ

クリスマスは愛犬と一緒に楽しむ飼い主さんは多いと思います。愛犬用のディナーやケーキもいろいろ出ていますね。愛…

Chriee / 1762 view

獣医師が解説:愛犬にトウモロコシを与えても大丈夫なのでしょうか?

犬のごはんについて解説します。トウモロコシは犬にとっても良質な穀物なのです。

本間獣医科病院 / 758 view

子犬が餌を食べないのはどんな理由があるの?その対処法とは?

最近餌を食べないというのは、離乳食が終わった後の3ヶ月頃から半年くらいの子犬に時々見られるようです。その原因…

Chriee / 1313 view

獣医師が解説:動物用のサプリメントについて目的や用途を理解しましょう!

ペットにどんな場合にサプリメントを用いればよいのでしょうか?

本間獣医科病院 / 898 view

猫に与えてはいけない生の魚介類(イカ、貝、魚など)、犬は大丈!?

猫に与えてはいけない生の魚介類(イカ、貝、魚など)、犬は大丈夫!?

本間獣医科病院 / 1331 view

愛犬の餌を変える適切な時期や上手な切り替え方法とは?

成長に合わせて、または健康管理など、一生涯のうちに何度か犬の餌を切り替えるタイミングがあります。そのタイミン…

Chriee / 957 view

犬に魚貝類は要注意!アレルギーの原因になりやすいんです

魚介類は犬に与えるとアレルギーを起こしやすくなります。加熱で大丈夫なものもありますが、皮膚に湿疹やしこりがで…

Chriee / 1949 view

愛犬にも安心な食べ物「さつまいも」の驚くべき魅力とは?

さつまいもが美味しい季節ですね!さつまいもが好きな犬には嬉しい季節です。実はさつまいもって犬には結構すごい食…

Chriee / 992 view

関連するキーワード