避妊手術とはどんな手術でしょうか!?

避妊手術とは雌の生殖器を外科的に摘出する手術であり、卵巣と子宮を全摘出する方法が主流と考えられます。これらの臓器は腹腔内に存在しますので、全身麻酔をかけてお腹を開ける必要があります。避妊手術は頻繁に行われますが、お腹を開けるので雄の精巣摘出(去勢手術)より大掛かりな手術になります。また卵巣組織の取り残しがあると避妊したのに発情がくるなどの現象がみられますので、熟練した信頼できる獣医師に依頼しましょう。

避妊手術の適期はいつ!?

避妊手術は全身麻酔が必要ですので、麻酔がかけられる状態であれば手術可能です。初回の発情がくる前に避妊手術を行うと乳腺腫瘍の発生率が大きく下がるという報告がありますので、特に交配予定のない場合は乳腺腫瘍の発生予防の観点から早期に避妊手術を行った方がよいでしょう。発情は生後6ヶ月くらいから起こるため、その子の成長段階をみながら獣医師と適期を決定しましょう。また発情中の場合は出血量が多くなるリスクがありますので、やむを得ない場合を除いて、あえて発情中に手術を行うことはしないのが一般的です。

手術時間、入院期間、術後管理について

手術自体は通常1時間程度です。全身麻酔下での開腹手術になりますので、一泊程度入院するのが一般的です。退院後は、傷口がふさがるまで10日から2週間程度かかりますので、それまで傷口をなめたりしないように注意して観察する必要があります。傷口が膿んだり、中の糸が出てきたりした場合は動物病院で処置が必要となります。また糸自体が体質に合わず、異物反応として炎症が強くでる場合がありますので、術後の傷口の治りが悪い、傷口辺りにしこりが触れるなどの場合は獣医師に相談しましょう。

ロイヤルカナン 犬用 ベッツプラン ニュータードケア 3Kg

[犬用 ベッツプランTM ニュータードケア]は、生後6ヶ月齢からの避妊・去勢した犬のために特別に調製された食事療法食です。この食事は、避妊・去勢した犬で特に気をつけなければいけない理想的な体重維持に配慮して設計されています。また、健康的な下部尿路の維持についても配慮しています。

避妊手術のメリットとデメリット

避妊手術を行うメリットは、上記の乳腺腫瘍のリスク軽減の他にもいくつかあります。卵巣と子宮を摘出しますので、同部位を由来とする腫瘍疾患のリスク、子宮内膜炎や子宮蓄膿症などの子宮疾患のリスクはなくなります。また陰部や膣部に発生する線維腫の発生には雌性ホルモンの影響が示唆されていることから、避妊手術による発生予防が期待できます。デメリットとしては、出産ができなくなる、食欲が増大して肥満のリスクが上がるなどが挙げられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2470 view

これは病気・不調なの?!愛犬の食糞症って?

パピーを迎え入れたけれど、あのかわいい愛犬が、まさかの食糞症! これは病気・不調のサインなのでしょうか!? …

amblee / 1367 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2571 view

これなら使わせてみたい!?愛犬の健康グッズ5選

ペット用のサプリも多いですが、健康グッズも実はいろいろあって、愛犬の健康を気づかう飼い主さんには使ってみたい…

Chriee / 2176 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 1699 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 1200 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 2380 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 8011 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2455 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 2354 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1439 view

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 1639 view

関連するキーワード