避妊手術とはどんな手術でしょうか!?

避妊手術とは雌の生殖器を外科的に摘出する手術であり、卵巣と子宮を全摘出する方法が主流と考えられます。これらの臓器は腹腔内に存在しますので、全身麻酔をかけてお腹を開ける必要があります。避妊手術は頻繁に行われますが、お腹を開けるので雄の精巣摘出(去勢手術)より大掛かりな手術になります。また卵巣組織の取り残しがあると避妊したのに発情がくるなどの現象がみられますので、熟練した信頼できる獣医師に依頼しましょう。

避妊手術の適期はいつ!?

避妊手術は全身麻酔が必要ですので、麻酔がかけられる状態であれば手術可能です。初回の発情がくる前に避妊手術を行うと乳腺腫瘍の発生率が大きく下がるという報告がありますので、特に交配予定のない場合は乳腺腫瘍の発生予防の観点から早期に避妊手術を行った方がよいでしょう。発情は生後6ヶ月くらいから起こるため、その子の成長段階をみながら獣医師と適期を決定しましょう。また発情中の場合は出血量が多くなるリスクがありますので、やむを得ない場合を除いて、あえて発情中に手術を行うことはしないのが一般的です。

手術時間、入院期間、術後管理について

手術自体は通常1時間程度です。全身麻酔下での開腹手術になりますので、一泊程度入院するのが一般的です。退院後は、傷口がふさがるまで10日から2週間程度かかりますので、それまで傷口をなめたりしないように注意して観察する必要があります。傷口が膿んだり、中の糸が出てきたりした場合は動物病院で処置が必要となります。また糸自体が体質に合わず、異物反応として炎症が強くでる場合がありますので、術後の傷口の治りが悪い、傷口辺りにしこりが触れるなどの場合は獣医師に相談しましょう。

ロイヤルカナン 犬用 ベッツプラン ニュータードケア 3Kg

[犬用 ベッツプランTM ニュータードケア]は、生後6ヶ月齢からの避妊・去勢した犬のために特別に調製された食事療法食です。この食事は、避妊・去勢した犬で特に気をつけなければいけない理想的な体重維持に配慮して設計されています。また、健康的な下部尿路の維持についても配慮しています。

避妊手術のメリットとデメリット

避妊手術を行うメリットは、上記の乳腺腫瘍のリスク軽減の他にもいくつかあります。卵巣と子宮を摘出しますので、同部位を由来とする腫瘍疾患のリスク、子宮内膜炎や子宮蓄膿症などの子宮疾患のリスクはなくなります。また陰部や膣部に発生する線維腫の発生には雌性ホルモンの影響が示唆されていることから、避妊手術による発生予防が期待できます。デメリットとしては、出産ができなくなる、食欲が増大して肥満のリスクが上がるなどが挙げられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 1087 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1944 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2406 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 2095 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 911 view

獣医師が解説:デンタルケア、してますか?犬の歯について考えよう

さまざまな歯のトラブルを防ぐために、愛犬のデンタルケアについて、まとめてみました。

本間獣医科病院 / 1329 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1755 view

夜中に愛犬の具合が悪くなったら、きちんと対処できますか?

人間でも犬でも、夜中に急に具合が悪くなることってありますよね?そんな時、落ち着いてきちんと対処できるよう日頃…

cezannee / 1902 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1978 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1763 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 960 view

関連するキーワード