避妊手術とはどんな手術でしょうか!?

避妊手術とは雌の生殖器を外科的に摘出する手術であり、卵巣と子宮を全摘出する方法が主流と考えられます。これらの臓器は腹腔内に存在しますので、全身麻酔をかけてお腹を開ける必要があります。避妊手術は頻繁に行われますが、お腹を開けるので雄の精巣摘出(去勢手術)より大掛かりな手術になります。また卵巣組織の取り残しがあると避妊したのに発情がくるなどの現象がみられますので、熟練した信頼できる獣医師に依頼しましょう。

避妊手術の適期はいつ!?

避妊手術は全身麻酔が必要ですので、麻酔がかけられる状態であれば手術可能です。初回の発情がくる前に避妊手術を行うと乳腺腫瘍の発生率が大きく下がるという報告がありますので、特に交配予定のない場合は乳腺腫瘍の発生予防の観点から早期に避妊手術を行った方がよいでしょう。発情は生後6ヶ月くらいから起こるため、その子の成長段階をみながら獣医師と適期を決定しましょう。また発情中の場合は出血量が多くなるリスクがありますので、やむを得ない場合を除いて、あえて発情中に手術を行うことはしないのが一般的です。

手術時間、入院期間、術後管理について

手術自体は通常1時間程度です。全身麻酔下での開腹手術になりますので、一泊程度入院するのが一般的です。退院後は、傷口がふさがるまで10日から2週間程度かかりますので、それまで傷口をなめたりしないように注意して観察する必要があります。傷口が膿んだり、中の糸が出てきたりした場合は動物病院で処置が必要となります。また糸自体が体質に合わず、異物反応として炎症が強くでる場合がありますので、術後の傷口の治りが悪い、傷口辺りにしこりが触れるなどの場合は獣医師に相談しましょう。

ロイヤルカナン 犬用 ベッツプラン ニュータードケア 3Kg

[犬用 ベッツプランTM ニュータードケア]は、生後6ヶ月齢からの避妊・去勢した犬のために特別に調製された食事療法食です。この食事は、避妊・去勢した犬で特に気をつけなければいけない理想的な体重維持に配慮して設計されています。また、健康的な下部尿路の維持についても配慮しています。

避妊手術のメリットとデメリット

避妊手術を行うメリットは、上記の乳腺腫瘍のリスク軽減の他にもいくつかあります。卵巣と子宮を摘出しますので、同部位を由来とする腫瘍疾患のリスク、子宮内膜炎や子宮蓄膿症などの子宮疾患のリスクはなくなります。また陰部や膣部に発生する線維腫の発生には雌性ホルモンの影響が示唆されていることから、避妊手術による発生予防が期待できます。デメリットとしては、出産ができなくなる、食欲が増大して肥満のリスクが上がるなどが挙げられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 2235 view

健康状態はこの部位でわかる?病気知らずの犬の特徴とは?

犬は普段見るだけで健康状態が分かる部位が多いものです。特にこの条件の犬は病気知らずと言われていることが多いも…

Chriee / 1732 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 4487 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2641 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 1249 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 2323 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 3105 view

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1812 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2728 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 3810 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1326 view

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 1624 view

関連するキーワード