避妊手術とはどんな手術でしょうか!?

避妊手術とは雌の生殖器を外科的に摘出する手術であり、卵巣と子宮を全摘出する方法が主流と考えられます。これらの臓器は腹腔内に存在しますので、全身麻酔をかけてお腹を開ける必要があります。避妊手術は頻繁に行われますが、お腹を開けるので雄の精巣摘出(去勢手術)より大掛かりな手術になります。また卵巣組織の取り残しがあると避妊したのに発情がくるなどの現象がみられますので、熟練した信頼できる獣医師に依頼しましょう。

避妊手術の適期はいつ!?

避妊手術は全身麻酔が必要ですので、麻酔がかけられる状態であれば手術可能です。初回の発情がくる前に避妊手術を行うと乳腺腫瘍の発生率が大きく下がるという報告がありますので、特に交配予定のない場合は乳腺腫瘍の発生予防の観点から早期に避妊手術を行った方がよいでしょう。発情は生後6ヶ月くらいから起こるため、その子の成長段階をみながら獣医師と適期を決定しましょう。また発情中の場合は出血量が多くなるリスクがありますので、やむを得ない場合を除いて、あえて発情中に手術を行うことはしないのが一般的です。

手術時間、入院期間、術後管理について

手術自体は通常1時間程度です。全身麻酔下での開腹手術になりますので、一泊程度入院するのが一般的です。退院後は、傷口がふさがるまで10日から2週間程度かかりますので、それまで傷口をなめたりしないように注意して観察する必要があります。傷口が膿んだり、中の糸が出てきたりした場合は動物病院で処置が必要となります。また糸自体が体質に合わず、異物反応として炎症が強くでる場合がありますので、術後の傷口の治りが悪い、傷口辺りにしこりが触れるなどの場合は獣医師に相談しましょう。

ロイヤルカナン 犬用 ベッツプラン ニュータードケア 3Kg

[犬用 ベッツプランTM ニュータードケア]は、生後6ヶ月齢からの避妊・去勢した犬のために特別に調製された食事療法食です。この食事は、避妊・去勢した犬で特に気をつけなければいけない理想的な体重維持に配慮して設計されています。また、健康的な下部尿路の維持についても配慮しています。

避妊手術のメリットとデメリット

避妊手術を行うメリットは、上記の乳腺腫瘍のリスク軽減の他にもいくつかあります。卵巣と子宮を摘出しますので、同部位を由来とする腫瘍疾患のリスク、子宮内膜炎や子宮蓄膿症などの子宮疾患のリスクはなくなります。また陰部や膣部に発生する線維腫の発生には雌性ホルモンの影響が示唆されていることから、避妊手術による発生予防が期待できます。デメリットとしては、出産ができなくなる、食欲が増大して肥満のリスクが上がるなどが挙げられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

飼い主が何気なく吸っているタバコ、愛犬の健康にはどんな影響があるか知ってますか?

ペットの健康を気遣う飼い主さんは増えていますが、タバコはどうでしょうか?しっかり別の部屋で吸う人もいると思い…

Chriee / 1525 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2755 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 1098 view

ペットに寄生するノミの生活サイクルを知って完全撃退!

ペットに寄生したノミどうしてますか?薬でしっかり駆除したのに、また寄生されてしまった。そんあことありませんか…

cezannee / 1147 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 2917 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2831 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 1448 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 2275 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2439 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 5034 view

ノミが原因で起こる犬の不調、対策と予防をわかりやすくご紹介!

何だか元気がないみたい、いつもイライラしている。そんな犬の不調の原因はノミかもしれませんよ。

cezannee / 1209 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 1048 view

関連するキーワード