ノミやマダニを駆除する必要性を知っておきましょう

犬を飼っている人であれば、毎年春になるとノミやマダニの駆除や予防に気をつけている人が多いと思います。

ノミやマダニの予防には注射するタイプや服用させるタイプなどさまざまな方法があります。中でも最も実施している人が多く、自宅でも比較的対応しやすいフロントラインでの予防法にスポットを当ててみます。

フロントラインプラスは取り扱っている動物病院も多いので、かかりつけの病院でも入手しやすい予防薬なんです。初めて予防を始める人も参考にしてみてください。

ノミとマダニはこんな風に愛犬に近づきます

犬につくノミは主に猫についているネコノミというものです。成虫は犬の体に寄生することがあり、ノミがついた場合には痒みを感じて引っ掻いたりします。そこから皮膚炎に発展することもあり、その部分の皮膚はかぶれたり赤くなったりします。もちろん寄生すれば血を吸う為、ノミの唾液に含まれる分泌液から病気を併発することもあるのです。

ノミは犬の体に寄生するだけではありません。卵や幼虫が室内など落ちることで、生活環境そのものがノミに汚染される可能性もあります。

一方、マダニは主に草の中に潜んでいます。散歩など屋外で過ごすことの多い犬の体に付着し、ついてしまうとノミと同様に犬の血を吸い始めます。始めは1mm程度と小さく気づきにくものですが、血を吸い続けることで体がパンパンに膨らみ、肉眼でもはっきり見えるようになる頃には相当吸血されていることになります。

ノミ・マダニ予防を春から始める理由

このノミ・マダニの行動が活発になるのが3月下旬から夏にかけての時期になる為、毎年このタイミングで予防を始めるのが適切というわけです。動物病院へ定期的に通院している場合にはこの時期になるとハガキやメールでお知らせが届く人も多いと思います。愛犬の為はもちろんですが、飼い主と家族全体の為にも適切に予防をしましょう。

春先から初秋というのは、普段のお散歩だけでなく犬を連れてのお出かけが頻繁になる人も多い時期ですよね。特に郊外や自然の中で過ごすことの多い犬や、アウトドアを犬と一緒に楽しむ場合にはノミやマダニの予防は絶対欠かせません。
犬が好んで行動する所こそ、ノミやマダニが潜んでいることの多い場所でもあるのです。

ノミやマダニの予防をしないとどうなる?

飼い主にもよ被害が及ぶ危険性も

これらのノミやマダニの予防をしないまま屋外での散歩や飼育をしていると、さまざまな弊害があります。単純に犬の体に付着するという以外にももっと恐ろしい事態にも発展する危険も潜んでいるのです。
ノミの付着に気づかずに放置しておくと、その量が特に大量の場合には犬が貧血状態に陥ることもあります。

また、卵や幼虫が家の中に散乱することで、さらに成長したノミが犬だけでなく人間にもつくようになります。特に1年中空調で温かく保たれている環境下においては、産卵を繰り返しノミの温床となってしまうこともあります。一度こうなってしまうと、完全に駆除するのは大変なものです。

マダニが媒介する恐ろしい感染症

マダニの場合は、特殊な口で犬の体にしっかり食い付いている為、なかなか取ることは出来ません。無理に取ってしまうと口の部分が皮膚に付着したまま残ってしまうことになり、そこから化膿することも珍しくありません。

また、最も恐ろしいのはバベジアというマダニが媒介する感染症です。これは感染することでさまざまな症状を発症します。
◎低体温
◎ショック
◎昏睡等
この他にも急性症のものがあります。
◎溶血性貧血
◎血尿
◎脾臓の肥大
◎嘔吐等

これらの症状が見られたらすぐに動物病院へいくことは一番ですが、幼犬や老犬など体が弱っている犬の場合には早期に死に至ることもある恐ろしいものです。

実際に症状が出ていない場合でも、犬の体にマダニを発見したらまず動物病院で診てもらうことが適切な対処法です。先に述べたように、マダニを無理に犬から剥がすと皮下にマダニの口の一部が残ってしまう可能性が高いからです。

フロントラインプラスの適切な投与期間は?

パピーでも使える?

フロントラインプラスは生後2ヶ月以上であれば投与が可能とされています。ただし、発育状態や体質、健康状態など個体差はある為、場合によってはその月齢を超えていても投与出来ない犬もいます。

生まれて初めての投与には獣医さんにまず相談し、指導を受けるのが安心で適切です。塗布する場所や手順などの方法も初めての場合は獣医さんにやってもらい、コツを覚える方が確実で安全だと思います。分からないところや不安な部分はしっかり聞いてしまいましょう。ほとんどの獣医さんは丁寧に教えてくれるものです。

開始時期と終了時期は?

投与の時期や期間は住んでいる地域や飼い主さんによってもさまざまですが、4月下旬から9月下旬頃までの半年間を目安に実施している人が多いようです。

暖かくなるのが早い年や地域などは3月下旬から始める例も少なくありません。終了時期も10月下旬にずらしたり寒くなるのが早い地域は9月に入る頃の秋口で終了する人もいるようです。

飼育環境によって適切な時期や期間をそれぞれ選び、実施期間に迷ったり心配な時にはかかりつけの動物病院で相談するのもいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1503 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 2189 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 2207 view

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 1232 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2474 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 1482 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1891 view

獣医師が解説「逆くしゃみ(犬の病気)」:小型犬や短鼻種のワンちゃんに起こりやすい!?…

逆くしゃみって知っていますか? 犬が突然立ち止まって苦しそうにグエ~グエ~というような音をさせながら、空気を…

本間獣医科病院 / 2695 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 2007 view

獣医師が解説「犬とステロイド」:薬や作用?犬に処方されるのはどんな時?

犬へのステロイドの使用について考えてみました。

本間獣医科病院 / 7920 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 2164 view

夜中に愛犬の具合が悪くなったら、きちんと対処できますか?

人間でも犬でも、夜中に急に具合が悪くなることってありますよね?そんな時、落ち着いてきちんと対処できるよう日頃…

cezannee / 2419 view

関連するキーワード