犬にも花粉症はあるのか?

人と同じように犬にも花粉症があります。


人の花粉症と違うところは鼻水やくしゃみよりも皮膚の症状がみられるところです。顔を痒がって掻く、目の周りが赤く腫れる・脱毛する、外耳炎、お腹部分が赤くなったり脱毛する、足裏や指の間を痒がり舐めて赤くなる、肛門周りを舐めるなどの症状がみられることが多いです。


また犬ではスギやヒノキに対してのアレルギーだけでなく、ブタクサに対してのアレルギーも多いです。このため症状も長く続くことがあります。

【ご来院出来る方のみ】犬 アレルギー検査(40項目) 【動物病院へ行こう!】【診療・検査代】

IgE検査 アレルギー検査(40項目)
ハウスダストや花粉といった環境中のアレルゲンを特定するため、現在もっとも一般的に行われているのが、アレルゲン特異的IgE検査です。アレルギーの際に出現する血中抗体(IgE)の濃度を測定することで、アレルギーの原因(アレルゲン)を判定することができます。

花粉の時期

花粉の種類としては、スギ花粉やヒノキ花粉、イネ科花粉、ブタクサ花粉などがあります。一年のほとんどをなんらかの花粉が飛散しています。

スギ花粉:2月から4月下旬ころまで飛散
ヒノキ花粉:3月から5月下旬ころまで飛散
イネ科花粉:5月から10月ころまで飛散
ブタクサ花粉:8月から11月ころまで飛散

花粉対策

花粉対策としては人の花粉症の対策と似ています。

・室内では空気清浄機を使い、こまめに掃除をして花粉を減らす。
・洗濯物は室内干しにする、外に干す場合は取り込むときに花粉をよく落とすようにする。
・天気が良く晴れて風のある日は花粉がよく飛んでいます。できるだけ早朝や夜間に散歩し、散歩の後は家に入る前にブラッシングをして毛についた花粉を落としてあげましょう。涼しい季節であれば、散歩のときにはツルツルした素材の服を着せて花粉が付着するのを防ぐのもよいですね。

ローレンス ソフトスリッカーブラシ M

ペットの先進国イギリスで操業200年を超える歴史のあるローレンスの犬用スリッカーブラシです。
●ソフトなラバークッションと細くしなやかな高品質ピンのより被毛にやさしいブラッシングができます。
●ムダ毛・抜け毛を取り除き、毛をふんわりしなやかに仕上げます。
●ハンドルは静電気がおきにくい、天然木を知油しています。
●ブラシの裏面はアルミ製で軽量なため、ブラッシングが楽に出来ます

症状が出たら?

人の花粉症とは違って皮膚症状が多く出るため、飼い主は愛犬が花粉症だということに気づいていないこともあります。毎年同じ時期になると皮膚トラブルが出てくるという場合には、もしかしたら花粉にアレルギーがあるのかもしれません。
痒みがずっと続いている状態はかなりのストレスになります。症状がひどい場合には動物病院を受診しましょう。

ロイヤルカナン 犬用 アミノペプチド フォーミュラ1kg

製品の特徴
食物アレルギーによる皮膚疾患および消化器疾患の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事の窒素源はアミノ酸およびオリゴペプチドで構成されており、炭水化物源としてコーンスターチを使用しています。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 1138 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 2724 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1351 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1671 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 1521 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 891 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 2738 view

あなたはどうする?初めて犬を飼う時の病院の選び方とは?

一人暮らしやご夫婦で犬を飼う人が増えています。初めての場合に悩むのも病院の選び方です。突然の病気にもすぐに対…

Chriee / 1123 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 1930 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 1861 view

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 843 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 2351 view

関連するキーワード