犬にも花粉症はあるのか?

人と同じように犬にも花粉症があります。


人の花粉症と違うところは鼻水やくしゃみよりも皮膚の症状がみられるところです。顔を痒がって掻く、目の周りが赤く腫れる・脱毛する、外耳炎、お腹部分が赤くなったり脱毛する、足裏や指の間を痒がり舐めて赤くなる、肛門周りを舐めるなどの症状がみられることが多いです。


また犬ではスギやヒノキに対してのアレルギーだけでなく、ブタクサに対してのアレルギーも多いです。このため症状も長く続くことがあります。

【ご来院出来る方のみ】犬 アレルギー検査(40項目) 【動物病院へ行こう!】【診療・検査代】

IgE検査 アレルギー検査(40項目)
ハウスダストや花粉といった環境中のアレルゲンを特定するため、現在もっとも一般的に行われているのが、アレルゲン特異的IgE検査です。アレルギーの際に出現する血中抗体(IgE)の濃度を測定することで、アレルギーの原因(アレルゲン)を判定することができます。

花粉の時期

花粉の種類としては、スギ花粉やヒノキ花粉、イネ科花粉、ブタクサ花粉などがあります。一年のほとんどをなんらかの花粉が飛散しています。

スギ花粉:2月から4月下旬ころまで飛散
ヒノキ花粉:3月から5月下旬ころまで飛散
イネ科花粉:5月から10月ころまで飛散
ブタクサ花粉:8月から11月ころまで飛散

花粉対策

花粉対策としては人の花粉症の対策と似ています。

・室内では空気清浄機を使い、こまめに掃除をして花粉を減らす。
・洗濯物は室内干しにする、外に干す場合は取り込むときに花粉をよく落とすようにする。
・天気が良く晴れて風のある日は花粉がよく飛んでいます。できるだけ早朝や夜間に散歩し、散歩の後は家に入る前にブラッシングをして毛についた花粉を落としてあげましょう。涼しい季節であれば、散歩のときにはツルツルした素材の服を着せて花粉が付着するのを防ぐのもよいですね。

ローレンス ソフトスリッカーブラシ M

ペットの先進国イギリスで操業200年を超える歴史のあるローレンスの犬用スリッカーブラシです。
●ソフトなラバークッションと細くしなやかな高品質ピンのより被毛にやさしいブラッシングができます。
●ムダ毛・抜け毛を取り除き、毛をふんわりしなやかに仕上げます。
●ハンドルは静電気がおきにくい、天然木を知油しています。
●ブラシの裏面はアルミ製で軽量なため、ブラッシングが楽に出来ます

症状が出たら?

人の花粉症とは違って皮膚症状が多く出るため、飼い主は愛犬が花粉症だということに気づいていないこともあります。毎年同じ時期になると皮膚トラブルが出てくるという場合には、もしかしたら花粉にアレルギーがあるのかもしれません。
痒みがずっと続いている状態はかなりのストレスになります。症状がひどい場合には動物病院を受診しましょう。

ロイヤルカナン 犬用 アミノペプチド フォーミュラ1kg

製品の特徴
食物アレルギーによる皮膚疾患および消化器疾患の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事の窒素源はアミノ酸およびオリゴペプチドで構成されており、炭水化物源としてコーンスターチを使用しています。

ヒビクス 軟膏 7.5ml 動物用医薬品

ヒビクス軟膏は、犬及び猫にお使い頂けます。
ヒビクス軟膏は、4つの有効成分によって「抗炎症作用」「止痒作用」「抗真菌作用」「抗細菌作用」を持ち、「慢性湿疹」「外耳炎」「細菌性皮膚炎」「真菌性皮膚炎」に効果を発揮致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 5250 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1637 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 1150 view

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1687 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1629 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 2209 view

獣医師が解説「血尿(犬の病気)」:早めの検査を!重大な病気が隠れていることもあるんで…

オシッコが赤い!愛犬が血尿をしていたらビックリして心配になりますよね。考えられる原因をまとめてみました。(犬…

本間獣医科病院 / 3319 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 1247 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 2156 view

獣医師が解説「喉のしこり(犬の病気)」:日頃のスキンシップで早期発見を!疑うべき病気…

愛犬の喉にしこりがあるかも!? なにか悪いものだったらと心配になりますね。喉のしこりで考えられる原因をまとめ…

本間獣医科病院 / 9974 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1614 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1536 view

関連するキーワード