床ずれの予防と対策で寝たきりの高齢犬も快適に!

人間もそうですが、床ずれは出来てしまうとなかなか治りにくく、痛みを伴うつらい病気です。また、治療にも時間がかかってしまます。ですから、そうならないためのしっかりした予防と対策が肝心です。愛犬が高齢になったら、その可能性も考えて早めに対処できるようにしておきましょう。

床ずれって、どうしてなってしまうの?

犬も病気や高齢化が進むと寝たきりになってしまうことがあります。そうなると長時間、床に接している部分の血行が悪くなり細胞が壊疽してしまいます、これを床ずれと言います。始めは皮膚内部の細胞が炎症を起こすので気が付きにくく、皮膚の表面が赤くなったり水ぶくれになってやっと気が付くことも多いようです。

高齢犬に床ずれが多い訳と床ずれになりやすい箇所

犬も高齢になると食欲が落ち痩せてきます。痩せてしまうと全体的に骨ばってしまい皮膚に直接骨が当たるような箇所が出てきます。頬、腰、肩、足首など骨の出っぱっている部分がそれです。そういった部分が寝ている時床に接していると床ずれを、起こしやすいため高齢の犬が寝たきりになると床ずれになる確率が高くなります。

床ずれの予防にはどうすれば良いの?

床ずれを防ぐためには、同じ場所が長時間床に当たらないようにすることが肝心ですから、寝返りを打たせてあげるようにしましょう。また、血行が悪くなりがちな個所をマッサージしてあげることも床ずれの予防と同時に、床ずれのチェックにもなるのでお勧めです。

寝具を変えることでも床ずれのリスクは軽減できます。

床ずれの予防に良くても、寝ている犬に1日中付き添って寝返りを打たせてあげるというのは実際にはなかなか飼い主さんの出来ることではありませんし、犬自身も断続的に眠りを妨げられることはストレスにもなります。そんな時には、寝具を低反発素材の物に替えてあげると体に加わる圧力が低減され床ずれが出来難くなります。

小型犬には手作りのウォーターベットが効果的!

低反発素材より効果的なのがウォーターベットです。犬用の物が市販されていますが小型犬用なら簡単に作ることもできます。まず、犬の入る大きさの段ボール箱を用意し、ごみ袋など大きめの丈夫な袋を何枚か用意し水を入れて口を塞いだ物を段ボール箱に入れて上にブランケットとなどを敷けば出来上がりです。

床ずれは一度出来てしまうと治るのに時間がかかります。また、適切な治療を受けさせないと傷口が悪化し、最悪の場合には傷口にウジがわくこともあります。そんな床ずれにならないように、犬が寝て過ごすことが多くなったら、体に圧がかかりにくい素材の寝床を用意し、なるべく寝返りを打たせたり、マッサージをしてあげることが大切になってくるんですね。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬のうつ病?」:もしかして、、、と思ったら症状をチェック!原因と予防策…

犬は感情豊かな動物で、繊細な心を持っています。生活環境の変化などから犬にもうつ病のような症状があらわれること…

本間獣医科病院 / 1147 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 3150 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 1271 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2312 view

知っておいて欲しい、犬のフィラリア予防の大切さ。

毎月犬に薬を飲ませてるけど、なぜ毎月飲ませないといけないのか、そもそもフィラリアが何なのか、実際よくわからな…

Gigii / 1116 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1308 view

完治しないと言われている犬のてんかん、その症状とは?

犬にもてんかんを発症するコがいます。完治はしないと言われており、飼い主のケアが必要になってきます。てんかんの…

Chriee / 1561 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2450 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2216 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2033 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2335 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 4768 view

関連するキーワード