まず飼主さんが落ち着いて!犬を落ち着かせるのが肝心です。

突然犬が怪我をしてしまったら驚いてしまいますよね。でも、あなたが慌ててしまったら犬もパニックを起こしてしまいます。まずは飼い主さんが落ち着いて、犬を落ち着かせてあげてから応急処置をするようにしましょう。飼主さんが興奮しているとそれが犬に伝わってしまいますます興奮させてしまうので注意して下さいね。

いきなり触ろうとするのは、とっても危険です。

普段は大人しい犬でも、怪我をして激しい痛みがあるときなどは興奮状態になっていることがあります。そんな時、無理に触ろうとすれば噛まれてしまうこともあります。穏やかな声で犬に話しかけながら、ゆっくりとした動作で少しづつ近づき、背中などをそっとさするようにして犬を落ち着かせてください。

落ち着いたと思っても、患部に触れるのは危険です。

落ち着いているように見えても痛みのある個所に触れたとき、とっさに噛むこともあるので、軍手や皮手袋をはめる、大きなタオルで包み込んで動かないようにするなどの対策を取りましょう。また、頭の上や正面から手をいきなり出すと犬が怖がるので顎の下や背中側から犬に触れるようにしましょう。

患部を良く見てから治療しましょう。

犬が落ち着き、補綴することが出来たら患部を見るようにします。長毛犬種の場合には、必要に応じて毛を刈ることも必要になりますが、その際犬を傷つけないよう十分に注意して下さい。ペットショップには刃先の丸くなったハサミなどもあるので用意しておくと良いでしょう。他に懐中電灯などもあると便利です。

患部の消毒に人間用の消毒液は使わないで!

外で怪我した場合など傷口が汚れている場合がありますが、その場合はあれば精製水もしくは生理食塩水を、なければ水道水をスポイトなどでそっと洗い流すようにしましょう。人間用の消毒液を使うと、刺激が強すぎて犬が嫌がってしまい暴れたり、傷口を隠すようなこともあるので使わないようにしましょう。

出血している時、血を止めるにはどうしたらいいの?

患部が出血している時、傷口に滅菌ガーゼを厚めにあてがい少し強めに押さえ付けるようにします。ガーゼに血が滲んできたら血をふき取ってガーゼを取り替えるのではなく、その上からさらに新しいガーゼを押し当てて押さえます。何度も血をふき取ると押さえて血を止めている効果が無くなってしまい血が止まりにくくなります。

愛犬が怪我をしたら、まずは落ち着かせて飼主さんが出来る範囲の応急処置をしてから病院に連れて行った方が良いでしょう。そのためにも、いざという時慌てないように応急処置に必要な道具を揃えておくことと、傷口の消毒方法、血の止め方などの方法を知っておくと慌てずに対処することが出来ますね。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

夜中に愛犬の具合が悪くなったら、きちんと対処できますか?

人間でも犬でも、夜中に急に具合が悪くなることってありますよね?そんな時、落ち着いてきちんと対処できるよう日頃…

cezannee / 2064 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 2877 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 3485 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 3401 view

獣医師が解説「愛犬のニキビ」:カラダや顔にポチッと異変が⁈皮膚病と治療についてまとめ

愛犬の顔や体にポチっとニキビのようなものが出来ていることに気づくことがあるかもしれません。犬の皮膚病でよくみ…

本間獣医科病院 / 2085 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2541 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2214 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1829 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2213 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 1771 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2439 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 1848 view

関連するキーワード