いつ入るのがベスト?愛犬用のペット保険

愛犬を迎えたばかりで保険の加入を検討したい人や、すでに飼っているけど悩んでいる人も、保険に加入するには会社ごとに期限を設けていたり、加入のタイミングもあるのをご存知ですか?
加入時期に応じたサービスや制限などをまとめてみました。

子犬を迎えたらすぐに加入するのがベスト

犬を迎えたら出来るだけ早く保険に加入するのが最も良いタイミングです。ペットショップから迎える場合には同時に加入出来る保険を用意しているところも増えています。内容を検討して良いと感じたら迎えると同時に加入しておくと良いですよ。
万が一購入後すぐに病気になっても適用されることが多いので安心です。

保険は疾患のない健康な時に加入する

人間もそうですが、何らかの持病が発見されてからの保険加入はほぼ出来なくなってしまいます。保険に加入するにはまず健康であることが第一の条件なのです。
元気であれば保険は必要ないと感じてしまい勝ちですが、まだ若く元気なうちに加入しておきましょう。

シニア犬など加入出来ない時期があります

保険会社によっては、加入年齢の制限を設けています。制限される年齢は保険会社によってさまざまですが、7歳のシニアになった時点で加入出来ない所もああります。
これは過去に加入していた場合でも制限は変わらないので、保険加入を考えたらシニア以前に決めておくと良いですよ。

キャンペーンなどのお得な期間に加入する

春はペット保険の新規加入者に向けてキャンペーンを展開している所が多い傾向にあります。また、この時期はペットを迎える人も多いようです。
キャンペーン内容は多くの場合プレゼントという感じのようですが、中には保険料が割安になるものもあります。お得に利用できるタイミングでお得に加入しましょう。

保険料は時期に関係なく毎年上がります

人間用の保険であれば加入時の保険料のままある程度の時期までは上がらずに継続可能なので、早期に入るほどお得ですが、ペット保険は毎年年齢に応じて確実に保険料も上がっていくものがおとんどです。
入っておくのが一番安心ですが、タイミングを考えて実際愛犬に必要な治療費と保険料の負担を考えるのも良いですよ。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
ペット保険は年々その内容も充実しており、医療負担の割合もそうですが、健康相談や特約など便利なものもたくさん付帯されています。
賠償特約などは最近は人間用の保険にもペットの賠償も付帯しているものもあります。タイミングとお得な条件で上手な加入をしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

突然犬が過呼吸を起こしたら?過呼吸の原因と治療、応急処置を解説

犬も過呼吸を起すことがあります。突然の過呼吸や呼吸の乱れにはどんな病気や体調不良があるのでしょうか?そして異…

Chriee / 14175 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 1043 view

愛犬が寝たきりになったら…高齢犬の床ずれ対策は大丈夫?

犬も高齢になると寝たきりになってしまうことがあります。そうなると人と同じで床ずれが出来てしまうことをご存じで…

cezannee / 1690 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1685 view

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 1271 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2448 view

これなら使わせてみたい!?愛犬の健康グッズ5選

ペット用のサプリも多いですが、健康グッズも実はいろいろあって、愛犬の健康を気づかう飼い主さんには使ってみたい…

Chriee / 1793 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10267 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2791 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 2285 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4624 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1691 view

関連するキーワード