飲水と尿の関係

健康な動物では、水分摂取量と産生された代謝水の総和が排泄量と等しい状態に調節されています。

水分摂取量は飲水量と食餌中の水分の合計であり、代謝水とは代謝中に産生される水分のことです。割合としては前者が大きな部分を占めています。水分の排泄は、消化器、呼吸器、皮膚、泌尿器などを通して行われますが、その中心的な臓器は泌尿器です。

つまり、腎臓の働きによって、体内の水分量が過剰なときは尿量が増加し、逆に水分が不足しているときは尿が濃縮され尿量が減少するように調節されます。

H4Oサイエンスウォーターペット (アルミパウチ) 100ml 1ケース 60本入り

水素は反酸化のための理想的な物質です。H4Oは通常の水より150万倍多くのハイドロゲンを含んでいます。
H4Oはあなたのペットのために、より良い健康と、より明るい未来を維持します。

猫はもともと飲水量が少ない動物

猫の祖先は砂漠の動物であるためもともと飲水量が少ない動物です。水分摂取量が少ないですので、それだけ尿量も少なくなります。

尿は体内の老廃物を排出する働きがありますので、尿量を少なくするためにはそれだけ濃縮された尿をつくる必要があります。しかし、尿の濃縮は腎臓に負担をかけることになります。

猫の異常な飲水量はどのくらい?

飲水量が多い状態(多飲)とは、猫においては1日の水分摂取量が45ml/kg以上の場合とされ、その原因によって代償性多飲と原発性多飲に区別されます。尿の濃縮機構が障害されることにより腎臓から過度に水分が喪失され(多尿)、それに対する代償として飲水量が増加した状態を代償性多飲といいます。尿の濃縮機構との関連が説明できない多飲は原発性多飲として区別されます。

多飲がみられたら動物病院で検査をしてもらいましょう!

多飲は様々な原因があります。原発性多飲は、心因性、消化器疾患、渇中枢の刺激、食餌(ナトリウムの過剰摂取)など、代償性多飲は、抗利尿ホルモンの合成あるいは分泌の異常、あるいは尿細管の抗利尿ホルモンに対する反応性の異常(腎不全、子宮蓄膿症、内分泌疾患など)が原因として考えられます。

動物病院で経験されるほとんどの症例は代償性多飲によるもので、原発性多飲はまれです。多飲がみられる場合には、早めに検査をし、原因究明と適切な治療を受けることが望まれます。

ロイヤルカナン 猫用 pHコントロール 2 フィッシュテイスト 500g 食事療法食

pHコントロール2(フィッシュテイスト)は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与する目的で特別に調製された食事療法食です。

猫PHコントロール 【URINARY2】と同様ですが、フィッシュテイストなので嗜好性が高くなっています。

ヒルズ 猫用 k/d チキン パウチ 85g

製品の特徴
腎臓とクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)をサポートします。
腎臓の負担を減らすため、蛋白質を制限しています。
腎臓の健康に配慮し、リンを制限、高レベルのオメガ-3脂肪酸を含んでいます。
血圧と腎臓へのストレスに配慮してナトリウムを制限しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「猫に与えてはいけない食材」:魚介類(魚、貝、イカなど)について

猫に与えてはいけない食材/魚介類(魚、貝、イカなど)についてまとめました。

本間獣医科病院 / 780 view

獣医師が解説「猫の摂食行動」:ごはんを食べないときの原因やリスクについて

健康な猫でも一時的にご飯を食べなくなることはあります。

本間獣医科病院 / 1368 view

獣医師が解説「猫のごはん〜ウェットフード編〜」:成分やドライとの違い、与えるときの注…

猫の栄養素要求量は市販のペットフードにより十分に満たすことができ、またそれが経済的でもあると考えられます。市…

本間獣医科病院 / 4834 view

獣医師が解説「猫と生肉」:猫に生肉を与えていい?むやみに生肉を与えるとトキソプラズマ…

猫は肉食動物として進化し、タンパク質要求量が高く、成猫は成犬の2倍の維持量が必要と言われています。したがって…

本間獣医科病院 / 4311 view

まるでスイーツみたい!?愛すべき猫のカワイイおやつの世界へよう♡

猫が食べれる、まるでスイーツのようにかわいいお菓子があるってご存知でしたか?クッキーやケーキ、マカロンなど、…

adelee / 2062 view

獣医師が解説「猫を飼うときの注意点〜お水編〜」:猫ちゃんの健康にとっても重要!水分補…

健康な動物では、水分摂取量と産生された代謝水の総和が排泄量と等しい状態に調節されています。水分摂取量は飲水量…

本間獣医科病院 / 3296 view

猫に必要な栄養素、足りていますか?ライフステージごとに違うエサの与え方について

猫を飼うにあたり、餌の与え方は発育段階により異なるため注意が必要です。ここれはライフステージごとの給餌法につ…

本間獣医科病院 / 753 view

獣医師が解説:猫にお米を与えてもよいのでしょうか?

主食としては不向き!?猫にお米を与えることについて。

本間獣医科病院 / 1209 view

今人気のドライフードはどれ!?猫の餌・アマゾン人気ランキング

種類豊富な猫の餌。みんなどれをあげているんだろう?アマゾンで今最も人気のあるキャットフード(ドライタイプ)の…

cerisee / 2009 view

獣医師が解説「猫のごはん〜ドライフード編〜」:ウェットと比べて経済的な理由とは!?歯…

猫の栄養素要求量は市販のペットフードにより十分に満たすことができ、またそれが経済的でもあると考えられます。市…

本間獣医科病院 / 2926 view

関連するキーワード