生理痛はある?

犬の生理というのは、妊娠可能な状態になるための準備として起こります。

これを「発情出血」といい、排卵の前に起こります。出血してから発情期に入るまでを発情前期といい、発情前期が終わるとオスを受け入れる発情期に入ります。
このように、人間の生理とはしくみが違うため、人間の女性に起こるような生理痛というのは理論上起こらないとされています。

ストレスは?

しかし生理中の愛犬をみていると、機嫌が悪かったり攻撃的になる、元気がなくなってよく寝ているなど、なんとなく人と似ている症状がみられるという人も多いのではないでしょうか?
これは人間の生理と犬の生理のメカニズムは違っても、性ホルモンの分泌やバランスが関わっているため人の生理痛に似た不快感などを感じているのではないでしょうか。

対策は?

発情のたびに元気がなくなったり、機嫌が悪くなるなどの症状がひどく出る場合には避妊手術をしてあげることでストレスを減らしてあげることができます。
子宮と卵巣を摘出する避妊手術をすると生理はこなくなります。愛犬の赤ちゃんがほしいと考えている人は、避妊手術をしてしまうと当然ですが妊娠は不可能となりますので注意してくださいね。

シーズイシハラ クリーンワン ペットの紙おむつ Mサイズ 33枚

介護やおもらし、生理時などに。
ピッタリフィットで動きやすく漏れにくい

●適応サイズの目安:Mサイズ

●素材
表面材:表面材:ポリオレフィン系不織布
吸収材:綿状パルプ・吸水紙・高分子吸収材
防水材:ポリエチレンフィルム
止着材:ポリプロピレンテープ
伸縮材:ポリウレタン
結合材:ホットメルト接着剤
外装材:ポリエチレン

●ご注意
・この製品は、愛犬・愛猫用のペット用おむつです。用途以外には使用しないでください。
・本製品をハサミ等で切らないで、そのままご使用ください。中身のこぼれや尿モレの原因になります。
・使い捨てのペット用紙おむつですので、洗濯しないでください。
・汚れた紙おむつは、早く取り替えてください。
・ペットが紙おむつを噛んだり、食べたりしないように注意してください。
・本製品を、誤って人やペットが飲み込んだり、中身が目に入った場合は、医師や獣医師にご相談ください。
・テープは直接、皮膚・被毛につけないでください。
・高温・多湿を避け、直射日光の当たらない場所に保管してください。
・製品の仕様は予告無く変更することがあります。

ロイヤルカナン 犬用 ベッツプラン ニュータードケア 8Kg 準食事療法食

[犬用 ベッツプランTM ニュータードケア]は、生後6ヶ月齢からの避妊・去勢した犬のために特別に調製された食事療法食です。<br><br>この食事は、避妊・去勢した犬で特に気をつけなければいけない理想的な体重維持に配慮して設計されています。また、健康的な下部尿路の維持についても配慮しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4706 view

愛犬の保険、加入時期はいつがいい?保険会社でも違う加入のタイミングとは?

犬を飼い始めたら考えたいのがペット保険です。保険会社ごとの特徴や価格を比較しながら検討するのはもちろんですが…

Chriee / 1176 view

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3118 view

愛犬が怪我をしたら、あなたはちゃんと応急処置が出来ますか?

愛犬が突然怪我をしたら、あなたは慌てずにちゃんとした応急処置が出来ますか?いざという時、慌てないための犬の応…

cezannee / 998 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 3405 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2507 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 1030 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2545 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 2358 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 989 view

怖い慢性腎不全の初期症状を見逃さないで!犬の血液検査、その重要性とは?

血液検査は、見ただけではわからない犬の健康状態を知るのに大切な検査です。今回は中でも高齢犬に多い慢性腎不全と…

cezannee / 1627 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 3510 view

関連するキーワード