春から気をつけたい屋外での健康トラブル

気温が上がって暖かくなってくると、愛犬とのお出かけや散歩の頻度も増える人が多いと思います。
しかし、同時に困るのはマダニの発生や草や花粉などのアレルギートラブルです。それぞれの対策と症状を書いていきます。

草むらを始め住環境にひそむマダニ

暖かくなってくると心配されるのがマダニです。マダニは2〜3ミリから大きなものだと2センチにもなるようですが、犬の体について血を吸うとパンパンに膨れ、大きくなります。
主に草むらで付けてしまうことが多いのですが、稀に人間の靴や衣類などについて住空間に運ばれてしまうこともあります。

マダニに刺されてしまった時の症状は?

マダニを媒介する感染症などを引き起すと、下痢や発熱などの症状が見られます。犬の平熱は人間よりもか高く、小型犬は39度後半から39度前半、大型犬はやや低めの36度後半から38度台と言ったところです。
マダニが吸い付いているのを発見したり、既に食い込んでしまっていたら、病院へ連れていきましょう。

マダニの被害に遭わない為にフロントラインで予防を

マダニの被害を予防する為に毎年奨励されているのがフロントラインです。犬を飼っている人なら常識となっていると思いますが、毎年気温が上昇する時期からきちんと塗布しておくとマダニ刺されない為の予防に繋がります。
フロントラインは体重によって適量がある為、健康診断も兼ねて病院で処方して貰うとより安心です。

アレルギーを引き起こす草木

春は花粉症の季節ですが、犬にも花粉症があるようです。お散歩中に遭遇しやすい草むらにアレルギーを引き起こす雑草もあります。
春だけでなく、黄色の細かい花が咲くブタクサなどもその一つです。愛犬の皮膚が赤くなったりかさついたりとトラブルが起こっていたら獣医さんに相談して検査してもらうのも良いです。

雑草や草木によるアレルギーから守るには?

花粉から守る為には服を着用させて散歩するのも良い方法です。お散歩から返ったら自宅に入る前に軽く叩いてついた花粉を落とすのも良いですよ!
特にアレルギー体質の犬は、草むらにあまり入らないように飼い主さんが気をつけてあげましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
暖かくて気持ちの良い季節のお散歩には、思わぬトラブルも潜んでいます。最近は予防している飼い主も増えたことでマダニを見る機会もあまりありませんが、庭など住環境にもマダニはいます。小さくて体が薄い場合にはまだ何処からも吸血していないものです。発見したらすぐに処理しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 463 view

要チェック!色、形、匂い、ウンチを見ればわかる愛犬の健康状態

毎日の散歩で、あるいはペットシートで、愛犬がウンチをしたら良く見て健康状態をチェックするようにしましょう。

cezannee / 2263 view

犬のおならには情報がいっぱい⁈おならでわかる内蔵の異常や病気について

犬のおならには体調を知る為の情報が意外とたくさんあります。臭いや頻度、音の有無など、内蔵の異変に気づけるもの…

Chriee / 960 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 535 view

獣医師が解説「食欲不振(犬の病気)」:原因は歯のトラブルや重篤な病気など!毎日の食べ…

愛犬が食欲がなさそう、様子をみて大丈夫?食欲不振になぜなっているのか。原因によってはすぐに動物病院を受診した…

本間獣医科病院 / 1241 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 966 view

それは熱中症かも?愛犬の食欲不振などに表れるサイン

気温が高くなると心配なのが熱中症です。屋外はもちろんですが室内でも危険はいっぱい!突然の食欲不振など、愛犬の…

Chriee / 389 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 1562 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 784 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1145 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 1721 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 845 view

関連するキーワード