犬の震えや吐く状況で考えられるのは?

犬のちょっとした動きや症状には特に心配ないものもあれば、早急に獣医さんに診せた方がよいものもあります。特に震えや吐くといった症状はいろいろです。
愛犬に見られるこれからの症状にはどんな病気が隠れているか知っておきましょう。

震えていても心配ない場合は?

犬は寒さで震えることは多いものです。寒い日の屋外はもちろん、室内でも室温が下がっている時には震えることは多いものです。特に小型犬は寒さに弱い犬種が多い為、ちょっとの温度差で震えることもあります。明らかに寒さで震えているのが分かる時には適度に暖房したり服を着用させるのも良いです。

緊張で震えてしまうこともあります

初めての人に会ったり、何らかで緊張している時にも犬は震えます。犬にもよりますが、病院で診察を待っている時や治療してもらっている時などにも緊張や「何をされるんだろう?」という恐怖心で震える犬は多いものです。

慌てて食べたり、食べた直後の運動はNG

犬が吐いてしまうのは心配です。しかし、単純に食べ過ぎてしまった時にも吐くことがあります。
特に慌てて食べてしまった時や食べた直後に激しい運動をした時に吐くことは多いものです。食べてどれぐらいの時間が経過したかでも判断できることもあります。

空腹で吐いてしまうこともあります

空腹時間が長いと吐いてしまう犬もいます。体質にもよるので、食事の回数を見直してみましょう。飼い主の生活サイクルにもよりますが、一日に与える回数が1〜2回で吐いているなら、2〜3回に分けてみたり、おやつで補って改善するか様子をみましょう。

震えや吐くことが多い主な病気

震えたり吐くことを伴うものには、勿論病気が隠れていることも多いものです。特に感染症や中毒などは早期の治療が必要なものなので、繰り返し吐いたり、室温に問題がないのに震えている場合は早急に病院へつれていきましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
震えや吐く行為は、ちょっとしたことが原因で特に心配がないことも多いものです。しかし、時には重大な病気が潜んでいることもあります。
愛犬の状態や頻度、食事のタイミングや室温なども考え、それに対して不自然なようであればすぐに病院で相談しましょう。吐いた後舌の色が悪いと体力も落ちているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 4043 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2941 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1441 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2475 view

犬のおならには情報がいっぱい⁈おならでわかる内蔵の異常や病気について

犬のおならには体調を知る為の情報が意外とたくさんあります。臭いや頻度、音の有無など、内蔵の異変に気づけるもの…

Chriee / 1801 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2964 view

獣医師が解説「痙攣(犬の病気)」:突然の痙攣、でも慌てないで!その対処法とは?

突然 愛犬が痙攣を起こしたらどうしていいか分からなくなってしまいますね。痙攣の原因と対処法をまとめました。(…

本間獣医科病院 / 2934 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 2008 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 2190 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1511 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 8023 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 2109 view

関連するキーワード