犬の震えや吐く状況で考えられるのは?

犬のちょっとした動きや症状には特に心配ないものもあれば、早急に獣医さんに診せた方がよいものもあります。特に震えや吐くといった症状はいろいろです。
愛犬に見られるこれからの症状にはどんな病気が隠れているか知っておきましょう。

震えていても心配ない場合は?

犬は寒さで震えることは多いものです。寒い日の屋外はもちろん、室内でも室温が下がっている時には震えることは多いものです。特に小型犬は寒さに弱い犬種が多い為、ちょっとの温度差で震えることもあります。明らかに寒さで震えているのが分かる時には適度に暖房したり服を着用させるのも良いです。

緊張で震えてしまうこともあります

初めての人に会ったり、何らかで緊張している時にも犬は震えます。犬にもよりますが、病院で診察を待っている時や治療してもらっている時などにも緊張や「何をされるんだろう?」という恐怖心で震える犬は多いものです。

慌てて食べたり、食べた直後の運動はNG

犬が吐いてしまうのは心配です。しかし、単純に食べ過ぎてしまった時にも吐くことがあります。
特に慌てて食べてしまった時や食べた直後に激しい運動をした時に吐くことは多いものです。食べてどれぐらいの時間が経過したかでも判断できることもあります。

空腹で吐いてしまうこともあります

空腹時間が長いと吐いてしまう犬もいます。体質にもよるので、食事の回数を見直してみましょう。飼い主の生活サイクルにもよりますが、一日に与える回数が1〜2回で吐いているなら、2〜3回に分けてみたり、おやつで補って改善するか様子をみましょう。

震えや吐くことが多い主な病気

震えたり吐くことを伴うものには、勿論病気が隠れていることも多いものです。特に感染症や中毒などは早期の治療が必要なものなので、繰り返し吐いたり、室温に問題がないのに震えている場合は早急に病院へつれていきましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
震えや吐く行為は、ちょっとしたことが原因で特に心配がないことも多いものです。しかし、時には重大な病気が潜んでいることもあります。
愛犬の状態や頻度、食事のタイミングや室温なども考え、それに対して不自然なようであればすぐに病院で相談しましょう。吐いた後舌の色が悪いと体力も落ちているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1524 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1082 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 1272 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 1823 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1214 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 833 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 961 view

愛犬のお散歩にもいいかも!こんなに可愛くてオシャレになった最近のエリザベスカラー

愛犬の治療中や介護のグッズとして便利なエリザベスカラー。硬いものはちょっと不便と感じることはありませんか?お…

Chriee / 3717 view

これなら使わせてみたい!?愛犬の健康グッズ5選

ペット用のサプリも多いですが、健康グッズも実はいろいろあって、愛犬の健康を気づかう飼い主さんには使ってみたい…

Chriee / 1651 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 2411 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 2071 view

関連するキーワード