猫に生の魚介類を過剰に与えると腰が抜ける?

猫がイカや貝を含む生の魚介類を過剰に摂取し続けると腰を抜かすという風説がありますが、それはチアミン欠乏症によることがわかっています。猫がこの病気を発症すると食欲不振や運動機能障害、重度になると発作や昏睡など神経症状がみられます。

チアミンとは?欠乏症はどのようにして起こる?

チアミンはビタミンB1とも呼ばれ、神経や心臓などの正常な機能に必要な栄養素です。これが体内に不足するとチアミン欠乏症になります。チアミン欠乏症は、チアミンの摂取不足、もしくはチアミナーゼ(チアミンを分解する酵素)の過剰摂取などによる体内チアミンの破壊により引き起こされます。

フジタ製薬 猫用 フェロビタII 70.9g (高カロリービタミンミネラルサプリメント)

猫用 高カロリービタミン・ミネラルサプリメント

猫専用に設計した高カロリーサプリメント。
嗜好性の良いツナフレーバーのペーストで、1チューブ中に約278キロカロリーが含まれています。
各種ビタミン・ミネラル類を豊富に含み、猫が体内で作る事ができないタウリンを強化しています。
マグネシウムを低濃度に抑えてあるので、安心して連用できます。


【原材料】 
糖類、油脂類、ビタミン・ミネラルミックス、メチルセルロース、水、ツナエキス、タウリン、安息香酸ナトリウム(保存料)、クエン酸鉄アンモニウム

ビオ ベテリナリー キャット 30ml 7個入

商品説明


動物性タンパク質(すべての必須アミノ酸)、すべての必須ビタミンとミネラル、オメガ6脂肪酸およびオメガ3脂肪酸(5~10:1)を配合。

人工保存料や人工着色料は一切含まれていません。


原材料

肉類(鶏肉:正肉および鶏副産物)、糖類(マルトデキストリン、D形グルコース、イヌリン、フルクトオリゴ糖)、油脂類(レシチン、菜種油)、デンプン、増粘剤(高純度セルロース、グアーガム)、ビタミン類(ビタミンA酢酸塩、パントテン酸カルシウム、塩化コリン、ビタミンE、ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンD3、ビタミンB12、葉酸、ビオチン)、ミネラル類(炭酸カルシウム、硫酸鉄、酸化亜鉛、硫酸マンガン、トリポリリン酸ナトリウム)

“チアミンの摂取不足”に関して

チアミンの摂取不足は、良質なペットフードを与えていればほとんど心配ありません。フードを選ぶにあたり、「AAFCO」(米国飼料検査官協会)が規定している最少栄養要求量が満たされているかどうかを確認されるとよいでしょう。ペットフード公正取引協議会により総合栄養食であることが証明されている旨が記載されていれば、まずチアミン摂取不足になることはないと考えられます。
 ご家庭によっては、ペットに手作りフードを与えている場合もあります。手作りフードを与える場合には食餌中の低チアミンに注意する必要があります。全粒穀物、酵母、肝臓(とくに豚の肝臓)などはチアミンが豊富な食材ですので取り入れるとよいでしょう。またチアミンは水溶性ビタミンですので、過剰な水洗いやボイルなどで失われやすいことも考慮する必要があります。

ペットナチュラルズ デイリーベスト 猫用 45粒

デイリーベスト 猫用
マルチビタミン・ミネラルサプリメントで毎日の健康をサポート
ビタミン・ミネラル ・アミノ酸・脂肪酸・消化酵素・抗酸化成分など普段のフードからでは補えない栄養素がバランスよく含まれています。
栄養不足・不適切な食事・加齢・ストレスにお困りのネコちゃんに
【小麦不使用・4つのGMP(FDA動物用 ・NSCA・FDA人間用・NPA)に適合】

給与方法
成描には1日に2粒を朝と夜に分けて与えてください。
※子猫には1日1粒

“チアミナーゼの過剰摂取”に関して

魚介類やある種の植物にはチアミナーゼが含まれています。チアミナーゼは酸化還元反応により体内のチアミンを分解してしまうので、食材にチアミナーゼが多く含まれているとチアミン欠乏症になる危険性があります。チアミナーゼ含有量は食材によって異なり、カツオなどの赤身魚やハマグリなどの二枚貝は特にチアミナーゼ活性が高いようです。
 魚類に含まれるチアミナーゼとその関連疾患についての文献がありますので、参考にされるとよいでしょう。

食用魚の生食摂取に
よるビタミンB1 欠乏の可能性は古くから警告さ
れていた> ことであるが、チアミナーゼ陽性魚
のチアミナーゼ含量は上記の表に有るごとく筋
肉等通常の生食部位では相対的に少なく、心配す
るほどではない。内臓などを珍味として食用する
時は、摂取が過量に過ぎないよう注意を払う事が
望まれる。

食品による栄養摂取障害の
一例
(5)魚類に含まれるチアミナーゼと関連疾患
西宗 高弘、岡崎 英規、斎藤勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「猫と生肉」:猫に生肉を与えていい?むやみに生肉を与えるとトキソプラズマ…

猫は肉食動物として進化し、タンパク質要求量が高く、成猫は成犬の2倍の維持量が必要と言われています。したがって…

本間獣医科病院 / 4225 view

まるでスイーツみたい!?愛すべき猫のカワイイおやつの世界へよう♡

猫が食べれる、まるでスイーツのようにかわいいお菓子があるってご存知でしたか?クッキーやケーキ、マカロンなど、…

adelee / 2018 view

獣医師が解説「猫のごはん〜ドライフード編〜」:ウェットと比べて経済的な理由とは!?歯…

猫の栄養素要求量は市販のペットフードにより十分に満たすことができ、またそれが経済的でもあると考えられます。市…

本間獣医科病院 / 2877 view

獣医師が解説「猫のごはん〜ウェットフード編〜」:成分やドライとの違い、与えるときの注…

猫の栄養素要求量は市販のペットフードにより十分に満たすことができ、またそれが経済的でもあると考えられます。市…

本間獣医科病院 / 4738 view

今人気のドライフードはどれ!?猫の餌・アマゾン人気ランキング

種類豊富な猫の餌。みんなどれをあげているんだろう?アマゾンで今最も人気のあるキャットフード(ドライタイプ)の…

cerisee / 1977 view

獣医師が解説「猫の摂食行動」:ごはんを食べないときの原因やリスクについて

健康な猫でも一時的にご飯を食べなくなることはあります。

本間獣医科病院 / 1348 view

猫に必要な栄養素、足りていますか?ライフステージごとに違うエサの与え方について

猫を飼うにあたり、餌の与え方は発育段階により異なるため注意が必要です。ここれはライフステージごとの給餌法につ…

本間獣医科病院 / 729 view

獣医師が解説「猫の水飲み」:飲み過ぎかなと感じたら、疑うべき疾患とは?

愛猫の飲水量に変化はありませんか?飲水量の増加がみられる場合は腎疾患などの病気が潜んでいる可能性があります。

本間獣医科病院 / 926 view

獣医師が解説「猫を飼うときの注意点〜お水編〜」:猫ちゃんの健康にとっても重要!水分補…

健康な動物では、水分摂取量と産生された代謝水の総和が排泄量と等しい状態に調節されています。水分摂取量は飲水量…

本間獣医科病院 / 3223 view

獣医師が解説:猫にお米を与えてもよいのでしょうか?

主食としては不向き!?猫にお米を与えることについて。

本間獣医科病院 / 1154 view

関連するキーワード