愛犬と泊れる宿は増えています

愛犬と泊れる宿は年々増えており、今ではほぼ全国的に何らかの形で宿泊可能な宿があります。泊れると言っても、実はその内容はかなりの差があるのも現状です。そしてさまざまなタイプがあるのを覚えておきましょう。

最も愛犬も飼い主も嬉しいタイプの宿は、室内もレストランも自由というものではないかと思います。犬用のディナープレートも用意されている所も多く、厳選されたご当地牛のステーキや餌からこだわったチキンなど、愛犬が大喜びしそうなメニューも豊富だったりします。

さらに嬉しいのはベッドで一緒に就寝出来るホテルです。愛犬と一緒に寝るという飼い主さんは意外と多く、こういった環境で飼っている場合には旅行で愛犬をケージに入れて眠るなんて出来ない、という飼い主さんは多いものです。愛犬も落ち着かない場合が多いですね。

特に普段から室内でフリーな状態で暮らしている犬なら、普段と変わらない環境で泊れるのはリラックスしますし、飼い主も愛犬も本当の意味で旅行を楽しめるのではないでしょうか?楽しい筈の旅行が愛犬のストレスになってしまわないように、愛犬に合った宿の選び方に気をつけてあげましょう。

泊れると言ってもいろいろサービスや条件は違います

愛犬と入れる温泉宿も最近特に人気の高い宿です。愛犬用のコンパクトな温泉が用意されている所も多いので、お風呂が大好きな愛犬には至福の時と言えそうですね。貸し切り風呂や部屋風呂など、愛犬と同じ空間で入れる所も増えています。食事も部屋食で一緒に摂れる所もあり、他の犬が気になってしまう場合にも、自宅感覚で寛げる旅行の条件とも言えそうですね。

これらとは違うタイプの宿で多いのは、レストランへのペット入室はNGというものです。レストランだけでなく、室内持込は可能なものの、クレートに入れておくのが条件という所もあります。つまり、正確に言えば犬も泊れるというよりは犬持込可能という感じでしょうか?

中には狭い空間にいるのが好きな犬もいますし、大人しく出来る犬であれば問題はありませんが、室内でフリーな状態にしてあげたい時や、一緒に眠りたい場合には、こういった部分をしっかりチェックして宿選びをする必要があります。ペットと泊れるお宿と言ってもタイプはいろいろであることを覚えておきましょう。

一概に犬と泊れると言ってもタイプはいろいろです。良く見られる主なタイプを挙げてみましょう。

1、クレートに入れることを条件として宿泊室への持込可能。
  その他レストランや共用部分の入場は禁止など。
2、宿泊室ではフリーで入室可能。ベッドは禁止。
  レストランや共用部分はクレートに入れれば入場OK。
3、宿泊室ではフリーで入室可能。ベッドもOK。
  食事は部屋食のみ犬もOK。一部犬用のメニュー有り。
4、宿泊室もレストランも基本的に施設内ではほぼ同伴可能。
  犬用メニューも豊富。

この他、小型犬のみの場合や、小型犬と中型犬のみの場合、小型犬から超大型犬までOKな所などさまざまです。上に挙げた例では1や2のような宿の場合には犬用のフードを用意していく必要があるところが多いようです。他にはトイレシートをサービスしてくれる所と持参する所もあり、こういったアメニティの部分も予約前にチェックしておかないと、いざチェックインしてから困ることにもなります。

また、犬の宿泊料金は、宿によって異なります。1頭であれば飼い主の宿泊料金に含まれている場合や、別料金の場合、また2頭以降から別料金になっている場合などさまざまです。別料金の場合も犬のサイズでも設定はいろいろですが、小型犬であれば1,000円〜という所が多いようですね。料金はWEBサイトで多くの所が提示しているので予約の際に確認しておきましょう。

実際に利用する時のマナーや注意点は?

ところで、ベッドで寝るのもOKだったり施設内のほとんどの場所で入場可能な宿でも、やはり気をつけたいマナーはあります。どこの宿泊先でも共通して出している条件は勿論いろいろあります。最も基本的なことを挙げてみましょう。

1、狂犬病予防接種を受けている
2、混合ワクチンの摂取をきちんとしている
3、トイレの躾ができている
4、無駄吠えをしない
5、首輪、リードをつける

この他、留守番が出来るかどうかなども条件として挙げているところもあります。これは飼い主が外出の際に預かっておけるサービスを設けている所でも見られますが、食事などで飼い主が部屋を空ける時に大人しく出来るかどうかということでもあります。

また、1や2に関しては証明書の提示を求められるところが主です。健康上の事情などなんらかの特別な理由で摂取を通常より遅らせているような場合には、宿泊を見送るなどするのが賢明です。

それ以外にも避妊手術をしていない犬なら、ヒート中を避けるというのもマナーの一つになります。さまざまな点で他の犬とのトラブルになる原因が無いことは必須条件になります。

人によっては、何だか厳しいと感じる人もいるかも知れません。しかし、普段大人しい犬だとしても、慣れない環境で他の犬達と接することでどんなトラブルが起こるかは飼い主でも予想がつきません。

相手の犬を噛んでしまったり、混合ワクチンを怠っていることで感染症などに感染していたら大変な事態に陥ります。他の犬への感染も心配されるだけでなく、宿の営業にも関わる問題になってしまいます。

この狂犬病予防接種や混合ワクチンに関しては、ドッグランなどを利用する場合にも規約として提示している所は多いですし、普段からそういった所を利用している飼い主であれば、マナーとして心得ている人は多いと思います。何より、愛犬を守る大切なものとして毎年しっかり実施している飼い主が多いので、問題の少ない部分と言えるのではないでしょうか。

無駄吠えやお留守番は、幼犬の頃からの躾次第になってしまいます。性格にもよりますが、無駄吠えも自宅ではあっても外出先では意外と大人しく出来る犬もいます。飼い主がいない時に大人しく出来るかどうかの判断も普段自宅でのお留守番以外に、ペットホテルなどに預けた時にどうしているかなど、普段の様子で考えると判断しやすくなります。

旅行の前に注意したいことは?

初めてペットとお出かけする時には何が必要か迷ってしまうことも多いものですね。日帰りのお出かけとお泊りをする場合では、準備することはかなり異なってきます。宿泊数や目的地によっても変わります。所持品以外にもペットの健康状況やワクチンを見直す必要性も出てくることを念頭において準備します。

特に忘れてしまいがちなことはワクチンです。混合ワクチンが必須条件であることは前に説明しましたが、実はその種類も目的地によっては異なることもあるのです。

現在、日本では2〜9種類の混合ワクチンがあり、中でも5種か8種で摂取する犬が多いようです。普段水辺での遊びが多い場合には8種を選択しておくと安心ですが、アレルギー反応が出やすい犬の場合には5種で抑えるなど、体質や普段の生活環境に応じて獣医さんと相談して行っているかと思います。

普段の生活に支障はないレベルでも、旅行先によっては混合ワクチンを変える必要性も出て来るのです。心配な場合や良く分からない時には出発前に獣医さんに相談して必要があれば摂取しておくと安心です。

◎目的地によって適切な数の混合ワクチンを接種しているかを見直す
◎疾患を抱えている場合やアレルギーなど気になる部分は適切な処置をしておく
◎長期の旅行になる場合には、予め健康状態のチェックをする
◎お出かけ前にシャンプーや爪切りなどのお手入れをしておく

特に飼い主さんも初めての場所や長期の旅行の場合には、事前にガイドブックやネットで状況や環境を調べておくことも大切です。普段は健康な犬でも、旅行中に何らかの体調不良を起こしたり、ケガをする可能性だってあります。

気になることがあれば獣医さんに事前に診せたり、万が一の場合に備えて、保険に加入している場合には忘れずに保険証を持参しましょう。電話やメールでいつでも健康相談出来るところをチェックしておくのも良いですし、目的地で予め動物病院を探しておくと、何かあった時にも慌てずに済みます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

とても高額なペットの医療費。保険に入った方がいいの?

人間と違い健康保険がないペットたちの医療費は高額になります。それを補う為にペットの保険があることをご存知です…

cezannee / 662 view

癒し系なら犬ではダントツ?愛くるしい表情がたまらないポメラニアンの魅力

タヌキのような表情が何とも可愛いポメラニアン。癒し系の犬として人気の高い犬種です。そんなポメラニアンの飼い方…

Chriee / 2667 view

喧嘩は強いの可愛い犬種“ピットブル”!日本で見かけないのは何故?

ピットブルという犬種をご存知ですか?喧嘩の強い大型犬ですが何とも愛嬌のある可愛い犬なんです。日本では見かけま…

Chriee / 9012 view

愛犬の首輪どうやって選べばいいの?サイズ?素材?

ワンちゃんグッズの首輪は、たくさんの種類や素材がありますよね?どれを選べばいいのでしょうか? タイプ、サイズ…

amblee / 816 view

これからの季節にあると便利です!愛犬の為の蚊よけグッズ

気温が上がってくるとあっという間に出て来るのが蚊です。愛犬の予防はしていてもやはり近くにいるのは嫌ですね。蚊…

Chriee / 998 view

最近見かける細い犬がかわいい♥人気の種類は?!

最近見かける細くて小型のわんちゃんたち。じわじわ人気が出てきていますが、どんな種類がいるんでしょうか? 細く…

amblee / 33438 view

知らなかった!小型犬と大型犬、大きさによってかかるコストがこんなに違う!

飼う犬はどうやって決めますか?案外見落としがちなのは犬にかかるコストではないでしょうか?小型犬と大型犬ではか…

cezannee / 2218 view

今人気なのは一体どんな犬??人気の種類ランキング2015

時代によっていろいろ変わる犬の人気。種類も昔に比べたら更に変化しています。 いまどきの人気の高い犬は??ラン…

Chriee / 1907 view

盲導犬の育成費用はいくらかかる?様々なワーキングドッグの育成について

盲導犬、介助犬、など、人間のために働く様々なワーキングドッグがいますが、彼らを育成するのには、いったいどれく…

cezannee / 3816 view

ドライブに便利なリードフックって⁈屋外で使える、犬用便利アイテムをご紹介!

愛犬と使える便利な屋外用のグッズをピックアップしてみました!お庭で、ベランダで、そしてテーマパークやお散歩中…

Chriee / 3788 view

ペットシッターってどんな人が達なの?依頼のポイントや注意点について

愛犬をお留守番させるとき、あなたはいつもどうしていますか?知人に頼む?ペットホテルに預ける?実は他にもペット…

cezannee / 934 view

犬と一緒に感動体験や楽しいイベントに参加しませんか?

今や人間の子供より、ペットの犬の方が多いという統計もある様に犬は大切な家族の一員です。そんな犬と一緒に楽しめ…

cezannee / 887 view

関連するキーワード