愛犬は、飼い主さんだけが頼りです!

人間なら夜中に急に具合が悪くなっても救急車を呼ぶことができますが、犬の場合は飼い主さんが病院に連れて行かなくてはなりません。いざその時になって慌てなくで済むように、日頃からもしもの時に備えて準備しておくことが大切ですね。

夜中に連絡のできる病院を予め調べておきましょう。

普段かかりつけの病院に時間外の診療を受け付けているか確認を取っておきましょう。受け付けていない場合には、居住地域の夜間救急対応の動物病院を教えてもらっておくと良いでしょう。また、車がない場合にはペット・タクシーの連絡先も一緒に調べておきましょう。

こんなときどうすれば?迷ったらまず病院に連絡を!

症状によっては、緊急で病院に連れて行く必要のある場合とない場合があります。いきなり病院を訪ねるのではなく、まずは連絡して症状を話し獣医師に相談してみましょう。診療を受ける場合でも、はじめに症状を話しておいた方が受け入れ態勢を整えてもらえたり、スムーズに診療が受けられます。

病院に行く前に用意しておいた方が良いもの

何かを食べたり飲んだりしたことで具合が悪くなった場合はその食べた物や飲んだ物を持ってゆくようにしましょう。また、犬が嘔吐した場合は吐いた物を、下痢やおしっこの色がおかしい場合には便やおしっこを持ってゆくようにしましょう。これらの物を調べることで具合の悪い原因がわかる場合もあります。

なるべく犬を安静に運ぶようにしましょう。

なるべく犬を興奮させないように安静に運ぶことも重要です。ケージごと運ぶとか、いつも使っているベッドごと運ぶ様にすると良いでしょう。特にどこか痛がっている場合は狭いキャリーバッグに入れたり抱っこしているとかえって痛みが増してしまうこともあるので、犬が自由な態勢のとれるような状態で運ぶことが大切です。

夜間救急にかかったら、翌日必ずかかりつけの病院に連絡を!

かかりつけ以外の夜間救急病院で診察を受けた場合、必ず翌日にかかりつけの病院に連絡するようにしましょう。特に継続的に治療が必要な場合は、病院に行って治療内容や出された薬などを持参し再診してもらうようにすると良いでしょう。そうすることで、継続しての治療をスムーズに受けることができます。

夜中に急に愛犬の具合が悪くなると焦ってしまいますね。ですから、普段からいざという時のために準備をしておくことが大切なんです。準備をしておくことでいざという時に落ち着いて、愛犬のために最良の判断をすることができます。また、普段から犬の様子をよく観察しおかしな様子があったら早めに受診することも大切ですね。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説:犬に生理痛はあるのでしょうか?

避妊手術をしていないメスの犬には「生理」が年に1~2回ほどあります。生理中の犬にも人間の女性が感じるような「…

本間獣医科病院 / 1455 view

そのシャンプー大丈夫?犬の健康に影響するシャンプーの注意点とは

シャンプーを自宅でする飼い主さんは要注意!シャンプーの仕方によっては愛犬の健康トラブルを起すこともあるんです…

Chriee / 1045 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 2443 view

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1389 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4437 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1174 view

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 910 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1037 view

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 940 view

犬が震えたり吐く時はこんな病気を疑ってみて!

犬が震えている時や、吐く症状にはさまざまな原因があります。特に心配ないものや、見落としてしまいがちな病気や体…

Chriee / 1879 view

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 915 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 933 view

関連するキーワード