愛犬は、飼い主さんだけが頼りです!

人間なら夜中に急に具合が悪くなっても救急車を呼ぶことができますが、犬の場合は飼い主さんが病院に連れて行かなくてはなりません。いざその時になって慌てなくで済むように、日頃からもしもの時に備えて準備しておくことが大切ですね。

夜中に連絡のできる病院を予め調べておきましょう。

普段かかりつけの病院に時間外の診療を受け付けているか確認を取っておきましょう。受け付けていない場合には、居住地域の夜間救急対応の動物病院を教えてもらっておくと良いでしょう。また、車がない場合にはペット・タクシーの連絡先も一緒に調べておきましょう。

こんなときどうすれば?迷ったらまず病院に連絡を!

症状によっては、緊急で病院に連れて行く必要のある場合とない場合があります。いきなり病院を訪ねるのではなく、まずは連絡して症状を話し獣医師に相談してみましょう。診療を受ける場合でも、はじめに症状を話しておいた方が受け入れ態勢を整えてもらえたり、スムーズに診療が受けられます。

病院に行く前に用意しておいた方が良いもの

何かを食べたり飲んだりしたことで具合が悪くなった場合はその食べた物や飲んだ物を持ってゆくようにしましょう。また、犬が嘔吐した場合は吐いた物を、下痢やおしっこの色がおかしい場合には便やおしっこを持ってゆくようにしましょう。これらの物を調べることで具合の悪い原因がわかる場合もあります。

なるべく犬を安静に運ぶようにしましょう。

なるべく犬を興奮させないように安静に運ぶことも重要です。ケージごと運ぶとか、いつも使っているベッドごと運ぶ様にすると良いでしょう。特にどこか痛がっている場合は狭いキャリーバッグに入れたり抱っこしているとかえって痛みが増してしまうこともあるので、犬が自由な態勢のとれるような状態で運ぶことが大切です。

夜間救急にかかったら、翌日必ずかかりつけの病院に連絡を!

かかりつけ以外の夜間救急病院で診察を受けた場合、必ず翌日にかかりつけの病院に連絡するようにしましょう。特に継続的に治療が必要な場合は、病院に行って治療内容や出された薬などを持参し再診してもらうようにすると良いでしょう。そうすることで、継続しての治療をスムーズに受けることができます。

夜中に急に愛犬の具合が悪くなると焦ってしまいますね。ですから、普段からいざという時のために準備をしておくことが大切なんです。準備をしておくことでいざという時に落ち着いて、愛犬のために最良の判断をすることができます。また、普段から犬の様子をよく観察しおかしな様子があったら早めに受診することも大切ですね。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「血尿(犬の病気)」:早めの検査を!重大な病気が隠れていることもあるんで…

オシッコが赤い!愛犬が血尿をしていたらビックリして心配になりますよね。考えられる原因をまとめてみました。(犬…

本間獣医科病院 / 3181 view

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 1163 view

獣医師が解説「犬の脳炎」:原因不明の難しい病気!気になる症状をみつけたらすぐ病院へ

脳炎をご存じですか?脳炎はどの年齢の犬にもおこりえる難しい病気です。飼い主として出来ることについて考えてみま…

本間獣医科病院 / 4851 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1492 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1148 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1352 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 5111 view

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 1177 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 1097 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1812 view

ミニチュアダックスフンドは腰を大事にして!犬種によって気をつけたい病気や不調とは!?…

犬を飼っていて重要な事の1つは、病気になった時です。病気・不調は犬種によっても様々なもの。事前にかかりやすい…

Chriee / 1559 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 10581 view

関連するキーワード