家の中で、犬にとって危険な場所はどこでしょう?

犬が家の中で怪我をする場所で一番多いのは階段や椅子などの段差のある場所です。特に小型犬の場合は骨折などの大怪我につながることもあります。また、扉やふすまに挟まれたりすることも多いようです。毛足の長いカーペットも爪が引っ掛かってしまうことがあります。他にもどんな危険があるか考えてみましょう。

ゲートを使って犬の移動できる場所を制限しましょう。

階段は、犬が一人で勝手に登ると危険です。また、小型犬の場合、登れても一人で降りることができない場合もあります。そんな時、階段の下にゲートを置いて犬が階段を登れないようにすると安全です。料理中のまとわりつき、特に火を使っている時は危ないのでキッチンの入り口にもゲートを置くと良いですね。

きちんと片づけることで危険を回避しましょう。

テーブルの上に料理などが出しっぱなしてはいませんか?テーブルは高いから安心と思っていてはいけません。賢い犬は椅子を引っ張り出すなど工夫してテーブルに乗ってしまうことがあります。そして、高いテーブルから落ちれば骨折などの危険もあります。食べ物はきちんとしまうことでこれらの危険は避けられます。

犬の爪、ちゃんとお手入れしていますか?長い爪は危険です!

ブラッシングなどのお手入れは自分でできても爪を切るのは苦手という方は多いと思います。トリミングや病院に行ったときに必ず短くしてもらうようにしましょう。爪を長くしていると、毛足の長い絨毯やループ状のカーペットなどに引っかかって、最悪の場合爪が折れてしまうこともあります。

小型犬や高齢犬のためのスロープやステップを使ってみましょう。

飼い主さんが座っているソファー、愛犬も一緒に乗りたがりますよね。高齢化が進むと簡単に飛び乗れていたソファーも乗り降りが難しくなり犬自身は飛び上がったつもりでもぶつかってしまうことがあります。そんな時、高齢犬・小型犬用のスロープやステップをつけてあげると安心ですね。

飼い主さん自身が愛犬の怪我の原因になることもあるんです。

大好きな飼い主さんの後をついて回る犬は多いですよね。でも、それに気が付かずにドアを閉めてしまったら?足元の愛犬に気が付かずに蹴ってしまったり、踏んでしまうこともありますよね。こんな風に注意を怠ると飼い主さん自身が愛犬の怪我の原因になってしまうこともあります。

他にも鉢植えなどが置いてあると、葉で目を傷つけてしまうなど家の中には犬にとって危険なものや場所が隠れています。人から見るとなんでもない物も犬にとっては危険な場合も多いので、犬の行動をよく観察し危険を見つけたら、すぐに取り除くようにしましょう。飼い主さんが注意することで家の中の怪我のリスクはなくすことができます。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1366 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2204 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4814 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 1883 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1334 view

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 1207 view

獣医師が解説「嘔吐」:対処法をご紹介!空腹、アレルギー、内臓疾患など原因はさまざま

犬が吐いてしまった!考えられる原因と対処法元気なのに急に吐いた、毎日のように吐く、吐く原因と対処法をまとめま…

本間獣医科病院 / 2963 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 960 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 3624 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 1319 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 7291 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1080 view

関連するキーワード