家の中で、犬にとって危険な場所はどこでしょう?

犬が家の中で怪我をする場所で一番多いのは階段や椅子などの段差のある場所です。特に小型犬の場合は骨折などの大怪我につながることもあります。また、扉やふすまに挟まれたりすることも多いようです。毛足の長いカーペットも爪が引っ掛かってしまうことがあります。他にもどんな危険があるか考えてみましょう。

ゲートを使って犬の移動できる場所を制限しましょう。

階段は、犬が一人で勝手に登ると危険です。また、小型犬の場合、登れても一人で降りることができない場合もあります。そんな時、階段の下にゲートを置いて犬が階段を登れないようにすると安全です。料理中のまとわりつき、特に火を使っている時は危ないのでキッチンの入り口にもゲートを置くと良いですね。

きちんと片づけることで危険を回避しましょう。

テーブルの上に料理などが出しっぱなしてはいませんか?テーブルは高いから安心と思っていてはいけません。賢い犬は椅子を引っ張り出すなど工夫してテーブルに乗ってしまうことがあります。そして、高いテーブルから落ちれば骨折などの危険もあります。食べ物はきちんとしまうことでこれらの危険は避けられます。

犬の爪、ちゃんとお手入れしていますか?長い爪は危険です!

ブラッシングなどのお手入れは自分でできても爪を切るのは苦手という方は多いと思います。トリミングや病院に行ったときに必ず短くしてもらうようにしましょう。爪を長くしていると、毛足の長い絨毯やループ状のカーペットなどに引っかかって、最悪の場合爪が折れてしまうこともあります。

小型犬や高齢犬のためのスロープやステップを使ってみましょう。

飼い主さんが座っているソファー、愛犬も一緒に乗りたがりますよね。高齢化が進むと簡単に飛び乗れていたソファーも乗り降りが難しくなり犬自身は飛び上がったつもりでもぶつかってしまうことがあります。そんな時、高齢犬・小型犬用のスロープやステップをつけてあげると安心ですね。

飼い主さん自身が愛犬の怪我の原因になることもあるんです。

大好きな飼い主さんの後をついて回る犬は多いですよね。でも、それに気が付かずにドアを閉めてしまったら?足元の愛犬に気が付かずに蹴ってしまったり、踏んでしまうこともありますよね。こんな風に注意を怠ると飼い主さん自身が愛犬の怪我の原因になってしまうこともあります。

他にも鉢植えなどが置いてあると、葉で目を傷つけてしまうなど家の中には犬にとって危険なものや場所が隠れています。人から見るとなんでもない物も犬にとっては危険な場合も多いので、犬の行動をよく観察し危険を見つけたら、すぐに取り除くようにしましょう。飼い主さんが注意することで家の中の怪我のリスクはなくすことができます。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1837 view

みんなどうしてる?犬のバスタイム、適切な回数はどれくらい?

犬を自宅で入れる場合もトリマーさんにお願いする場合も、気になるのはその頻度だと思います。爪切りなどと合わせて…

Chriee / 1148 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 7065 view

犬にも生理痛がある?飼い主が知っておきたい5つのこと

メス犬を飼っていると心配なのは生理中のケアです。犬も生理痛があるのか気になる飼い主さんも多いものです。愛犬の…

Chriee / 7142 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2312 view

こんな症状は危険!フィラリアが犬の内蔵にもたらす影響はこんなに恐ろしい

今はほとんどの飼い主さんが愛犬にフィラリア予防をしていると思います。実際にはフィラリアは愛犬の内蔵にこんな影…

Chriee / 1044 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1286 view

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 1028 view

獣医師が解説「白内障」:進行すると失明することも!その予防と治療とは?

目はわんちゃんと私達がコミュニケーションを取る上でとても大切な器官です。そのため、どんな目の異常でも見逃さず…

本間獣医科病院 / 2335 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1702 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2215 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 2512 view

関連するキーワード