家の中で、犬にとって危険な場所はどこでしょう?

犬が家の中で怪我をする場所で一番多いのは階段や椅子などの段差のある場所です。特に小型犬の場合は骨折などの大怪我につながることもあります。また、扉やふすまに挟まれたりすることも多いようです。毛足の長いカーペットも爪が引っ掛かってしまうことがあります。他にもどんな危険があるか考えてみましょう。

ゲートを使って犬の移動できる場所を制限しましょう。

階段は、犬が一人で勝手に登ると危険です。また、小型犬の場合、登れても一人で降りることができない場合もあります。そんな時、階段の下にゲートを置いて犬が階段を登れないようにすると安全です。料理中のまとわりつき、特に火を使っている時は危ないのでキッチンの入り口にもゲートを置くと良いですね。

きちんと片づけることで危険を回避しましょう。

テーブルの上に料理などが出しっぱなしてはいませんか?テーブルは高いから安心と思っていてはいけません。賢い犬は椅子を引っ張り出すなど工夫してテーブルに乗ってしまうことがあります。そして、高いテーブルから落ちれば骨折などの危険もあります。食べ物はきちんとしまうことでこれらの危険は避けられます。

犬の爪、ちゃんとお手入れしていますか?長い爪は危険です!

ブラッシングなどのお手入れは自分でできても爪を切るのは苦手という方は多いと思います。トリミングや病院に行ったときに必ず短くしてもらうようにしましょう。爪を長くしていると、毛足の長い絨毯やループ状のカーペットなどに引っかかって、最悪の場合爪が折れてしまうこともあります。

小型犬や高齢犬のためのスロープやステップを使ってみましょう。

飼い主さんが座っているソファー、愛犬も一緒に乗りたがりますよね。高齢化が進むと簡単に飛び乗れていたソファーも乗り降りが難しくなり犬自身は飛び上がったつもりでもぶつかってしまうことがあります。そんな時、高齢犬・小型犬用のスロープやステップをつけてあげると安心ですね。

飼い主さん自身が愛犬の怪我の原因になることもあるんです。

大好きな飼い主さんの後をついて回る犬は多いですよね。でも、それに気が付かずにドアを閉めてしまったら?足元の愛犬に気が付かずに蹴ってしまったり、踏んでしまうこともありますよね。こんな風に注意を怠ると飼い主さん自身が愛犬の怪我の原因になってしまうこともあります。

他にも鉢植えなどが置いてあると、葉で目を傷つけてしまうなど家の中には犬にとって危険なものや場所が隠れています。人から見るとなんでもない物も犬にとっては危険な場合も多いので、犬の行動をよく観察し危険を見つけたら、すぐに取り除くようにしましょう。飼い主さんが注意することで家の中の怪我のリスクはなくすことができます。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 1666 view

獣医師が解説「犬の過呼吸」:愛犬の呼吸がいつもと違うと感じたら!?考えられる原因とは…

愛犬が突然過呼吸のように呼吸が荒くなったら慌ててしまいますね。 過呼吸のような状態が考えられる原因をまとめま…

本間獣医科病院 / 3025 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2348 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2314 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 1928 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2644 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 1282 view

愛犬の歯磨きしてる?歯は犬の健康にとっても重要なんです。

人間は、歯を失えば入れ歯などの代替えがありますが犬にはそれがありません。だからこそ、人間以上に犬の健康にとっ…

cezannee / 1174 view

犬の避妊手術と去勢後、どんな体調管理が必要?

犬を飼うに当って、避妊手術や去勢をする人は多いですね。これは自治体や動物病院などで奨励していたり、ペットの健…

Chriee / 1887 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 1945 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2053 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1487 view

関連するキーワード