誤食に潜む様々な危険についてご説明します。

犬が誤食してしまった場合、中には自然に排泄されるものもありますが、中毒を引き起こしたり、腸閉塞や内臓を傷つけるような危険なものもあります。どんな物を誤食しやすいのか、またどんな物を誤食すると危険なのかを考えてみましょう。

誤食で一番多い衣類、飲み込んでしまうとこんな危険が!

犬が良く誤食する物の中で一番多いと言われているのが衣類です。特に飼主さんの匂いのついた物を好むので、洗濯物や脱いだ衣類はすぐに犬の届かない場所にきちんと仕舞うようにしましょう。また、衣類を飲み込んでしまうと体内で水分を含み膨張するため腸閉塞などの危険があります。

ゴミ箱の中に捨ててある物も要注意!

食べ物の匂いのついた物などが一緒に捨てられていると犬はゴミ箱をひっくり返して中身をあさることがあります。その時、一緒にプラスチックや金属などが捨ててあると誤食してしまうこともあります。固くてとがったものは、口中や内臓を傷つけてしまいます。また、いつまでも解けず体内残ってしまうこともあります。

飼い主さんが、うっかり落としてしまった食べ物や薬など。

人間が食べて安全な物でも犬が食べると危険なものがあります。例えばタマネギの含まれる料理やチョコレートなどは犬が食べると中毒を起こす場合があります。また、食べ物ではありませんが錠剤やカプセルの薬も危険です。落したものを拾い食いされないよう注意しましょう。

犬に誤食させないためには

誤食しそうなものをなくすことが肝心ですが、もし犬が誤食しそうになったら取り上げようとしてはいけません。飼主さんが慌てて大きな声を出したり、取り上げようとすると犬は取られまいとして飲み込んでしまう傾向にあるからです。そんな時は、お菓子やおもちゃなど犬が好むもので気を引いて取り上げるようにしましょう。

もし、誤食してしまったら。

まず絶対に食べ物や水を与えないようにして下さい。食べ物や水を与えることで消化作用が起こってしまうからです。そしてなるべく早急に病院に行くようにして下さい。また、誤食した物や、誤食後どれくらい時間が経っているかによって検査や治療法が違ってくるので正確に獣医師に伝えるようにしましょう。

誤食は気が付いてすぐに対処できればよいのですが、愛犬の体調が悪くなり病院に行って初めてわかる場合もあります。時間が経つほど危険度もまし、治療も困難になります。衣類を飲み込んで開腹手術が必要になったケースもありますので、とにかく誤食は未然に防ぐよう周りの物に気を付けるようにして下さいね。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 3856 view

ペットに寄生するしぶといダニ、今度こそ完璧に駆除しましょう!

ダニは多くの種類がいて中には人間を刺すダニもいます。ペットにとって最も厄介なのはマダニです。そんなマダニは、…

cezannee / 2011 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由とは? 私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物…

本間獣医科病院 / 1353 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 3920 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 2069 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 1633 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1933 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 2002 view

獣医師が解説「犬の鼻水」:見逃さないで、そのサイン!鼻水の色や血で疑うべき病気とは?

犬が鼻水を出していたら気になりますね。すぐにおさまれば様子をみても大丈夫かもしれませんが、なかなか止まらなか…

本間獣医科病院 / 3497 view

蚊が媒介する犬の病気、フィラリア症。その怖さと予防について。

田んぼや水辺の多い日本では、蚊も多く発生します。そのため、犬には昔からフィラリア症という病気が蔓延していまし…

adelee / 2717 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 2302 view

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 1172 view

関連するキーワード