誤食に潜む様々な危険についてご説明します。

犬が誤食してしまった場合、中には自然に排泄されるものもありますが、中毒を引き起こしたり、腸閉塞や内臓を傷つけるような危険なものもあります。どんな物を誤食しやすいのか、またどんな物を誤食すると危険なのかを考えてみましょう。

誤食で一番多い衣類、飲み込んでしまうとこんな危険が!

犬が良く誤食する物の中で一番多いと言われているのが衣類です。特に飼主さんの匂いのついた物を好むので、洗濯物や脱いだ衣類はすぐに犬の届かない場所にきちんと仕舞うようにしましょう。また、衣類を飲み込んでしまうと体内で水分を含み膨張するため腸閉塞などの危険があります。

ゴミ箱の中に捨ててある物も要注意!

食べ物の匂いのついた物などが一緒に捨てられていると犬はゴミ箱をひっくり返して中身をあさることがあります。その時、一緒にプラスチックや金属などが捨ててあると誤食してしまうこともあります。固くてとがったものは、口中や内臓を傷つけてしまいます。また、いつまでも解けず体内残ってしまうこともあります。

飼い主さんが、うっかり落としてしまった食べ物や薬など。

人間が食べて安全な物でも犬が食べると危険なものがあります。例えばタマネギの含まれる料理やチョコレートなどは犬が食べると中毒を起こす場合があります。また、食べ物ではありませんが錠剤やカプセルの薬も危険です。落したものを拾い食いされないよう注意しましょう。

犬に誤食させないためには

誤食しそうなものをなくすことが肝心ですが、もし犬が誤食しそうになったら取り上げようとしてはいけません。飼主さんが慌てて大きな声を出したり、取り上げようとすると犬は取られまいとして飲み込んでしまう傾向にあるからです。そんな時は、お菓子やおもちゃなど犬が好むもので気を引いて取り上げるようにしましょう。

もし、誤食してしまったら。

まず絶対に食べ物や水を与えないようにして下さい。食べ物や水を与えることで消化作用が起こってしまうからです。そしてなるべく早急に病院に行くようにして下さい。また、誤食した物や、誤食後どれくらい時間が経っているかによって検査や治療法が違ってくるので正確に獣医師に伝えるようにしましょう。

誤食は気が付いてすぐに対処できればよいのですが、愛犬の体調が悪くなり病院に行って初めてわかる場合もあります。時間が経つほど危険度もまし、治療も困難になります。衣類を飲み込んで開腹手術が必要になったケースもありますので、とにかく誤食は未然に防ぐよう周りの物に気を付けるようにして下さいね。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ご存知ですか?犬の病気・不調に使用されるステロイドのメリットとデメリット

犬の病気・不調の際の治療として用いられることの多いステロイド。急を要するような症状には非常に心強いものですが…

Chriee / 3448 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 2079 view

愛犬の健康やしつけなど困った時に無料で相談出来ちゃう!

健康上の疑問やしつけなど、愛犬で困った時に無料で相談できる所があると心強いと思いませんか?そんな飼い主さんの…

Chriee / 4031 view

これは病気・不調なの?!愛犬の食糞症って?

パピーを迎え入れたけれど、あのかわいい愛犬が、まさかの食糞症! これは病気・不調のサインなのでしょうか!? …

amblee / 1368 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 1548 view

実は結構多いんです!気をつけてあげたい”犬のうつ病”について

ストレス社会の現代、人間だけじゃなく犬もうつ病になるって知っていますか?犬のうつ病について、症状や治療法、罹…

cerisee / 2475 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1439 view

犬の避妊手術と去勢後、どんな体調管理が必要?

犬を飼うに当って、避妊手術や去勢をする人は多いですね。これは自治体や動物病院などで奨励していたり、ペットの健…

Chriee / 2250 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 2279 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2294 view

獣医師が解説「犬の避妊手術」:適齢期は?手術時間やメリット・デメリットについて

女の子のワンちゃんを飼われている方の多くは避妊手術をするかどうか一度は悩まれると思います。ここでは避妊手術に…

本間獣医科病院 / 1632 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1392 view

関連するキーワード