いつから生理が始まるの?

犬の生理は避妊手術をしていなければ小型犬で生後6か月頃から、大型犬では生後1歳ころにみられるようになります。
生理は6~10か月間隔でくるようになり、ほとんどの犬では1年に2回ほど生理がくるようになります。
犬の生理は発情出血といわれるもので、排卵の前に起こります。

発情と妊娠は?

出血してから発情期に入るまでを発情前期といい、多くの場合は発情前期は10日前後(3~27日間と個体差があります)で終わって発情期に入ります。
発情期は約10日ほどあり、この時期にオスの犬に興味を持つようになり、オス犬を受け入れるようになります。発情期の3日目に排卵が起こりますので、赤ちゃんを考えている飼い主はこの頃に交配をさせるようにします。
発情期が終わると発情休止期に入ります。発情休止期に入るとオスの犬を受け入れなくなります。乳が張るなど妊娠と同じような状態がみられる偽妊娠がみられるのもこの時期です。

ロイヤルカナン 犬用 ベッツプラン ニュータードケア 1Kg

製品の特徴
犬用 ベッツプラン ニュータード ケアは、生後6ヶ月齢からの避妊・去勢した犬のための総合栄養食です。この食事は避妊・去勢した犬で特に気をつけなければいけない理想的な体重維持に配慮 し、カロリーを低く調整しています。また下部尿路の健康維持についても配慮し、ミネラルなどの栄養バランスを調整しています。

注意すべきは?

出血が少ないと犬が舐めてしまうために飼い主も気づかないまま過ぎてしまっていることもありますが、出血が気になるようであれば犬用の生理用品がありますので使ってみてください。
発情期にはドッグランなどは控えるようにし、望まない妊娠などが起こらないように注意してください。

シーズイシハラ クリーンワン ペットの紙おむつ SSサイズ 36枚

介護やおもらし、生理時などに。
ピッタリフィットで動きやすく漏れにくい

●適応サイズの目安:SSサイズ

わからなければ動物病院へ!

4,5歳を過ぎてくると子宮蓄膿症になる犬が増えてきます。今までに比べて出血している期間が長かったり、臭いが気になる、元気がないなど気になることがあるときには早めに動物病院で診てもらってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 8192 view

海苔などにも要因がある犬の結石。症状と飼い主ができるその予防法まとめ

海苔に含まれるあるものは犬の結石の原因にもなるんです。犬の結石の症状と、食べ物や飲料水の与え方など、普段から…

Chriee / 947 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1429 view

みんなどうしてる?犬のバスタイム、適切な回数はどれくらい?

犬を自宅で入れる場合もトリマーさんにお願いする場合も、気になるのはその頻度だと思います。爪切りなどと合わせて…

Chriee / 796 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1436 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 675 view

飼い主が何気なく吸っているタバコ、愛犬の健康にはどんな影響があるか知ってますか?

ペットの健康を気遣う飼い主さんは増えていますが、タバコはどうでしょうか?しっかり別の部屋で吸う人もいると思い…

Chriee / 939 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 1884 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 1484 view

アレルギー体質の犬はご注意!ワクチンに気をつけることや食べ物の選び方は?

アレルギー体質の犬のケアにはいろいろ気を使う必要があります。普段から気をつけたいアレルギー体質の犬の食べ物の…

Chriee / 713 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 1834 view

獣医師が解説「涙やけ」:もしかしたら流涙症かも!?その原因や改善のポイントとは

涙が多くて、涙やけができてしまう。実はそれは流涙症かもしれません。流涙症の原因はなんでしょうか?

本間獣医科病院 / 2054 view

関連するキーワード