てんかん

急に倒れて意識を失い、痙攣を起こします。泡を吹いたり失禁することもあります。顔面麻痺など部分的な発作だけのこともあります。

てんかん発作が起きたときには慌てずに、愛犬の周りの物をどかして愛犬がぶつかってケガなどをしないように場所を確保しましょう。

発作が起きているときは愛犬は意識を失っていますので、むやみに口などをさわらないようにしましょう。噛まれてしまう危険があります。

発作が長く続く場合や、何度も発作を繰り返すときは命の危険もあるため、発作をおさえてあげる必要があります。すぐに動物病院に連絡をしてくださいね。
脳に明らかな異常が見られないものを突発性てんかん、脳の外傷や水頭症、脳炎などが原因のものを症候性てんかんといいます。

中毒

除草剤や殺虫剤、植物などが原因で中毒を起こして痙攣などが起きることがあります。
命を落とす危険があるため、すぐに動物病院に連れていきましょう。

低血糖

特に成長期の子犬で食餌量が足りずに低血糖になってしまい、痙攣を起こすことがあります。万が一低血糖を起こした場合には応急処置として砂糖水を口に含ませてあげましょう。そのあとは必ず病院を受診してくださいね。
糖尿病でインスリンを使った治療をしている場合に血糖値が下がりすぎて痙攣を起こすことがあります。

ユーカヌバ 犬用 Mアシスト 混合穀物食 1kg(食事療法食)

この製品は、炭水化物と食物繊維の独自の配合で、糖尿病を抱える犬の食事管理を栄養学的にサポートします。また、低脂質のため、体重管理もサポートします。

スペシフィック CED 血糖値コントロール 2kg 食事療法食

GI値とは、炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に表す数値です。食品にはGI値に違いがあり、スペシフィックCEDでは「低GI処方」を採用することで、急激に上昇しやすい食後血糖値を穏やかにし、血糖値をコントロールします。

肝不全や腎不全などの病気

肝不全や腎不全などさまざまな病気で痙攣を起こすことがあります。病気の原因によって治療も変わってきますので、早めに動物病院を受診してくださいね。

ロイヤルカナン 犬用 腎臓サポート 200g 食事療法食

腎臓サポートは、慢性腎不全の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、リン及びたんぱく質の含有量を制限しています。また、腎臓病にともなうシュウ酸カルシウム結石症を栄養学的に考慮しています。

【この食事の対象】
・慢性腎臓病(CKD)(中期~後期)
・尿酸塩結石症およびシスチン結石症のリスク低減
・腎機能低下をともなうシュウ酸カルシウム結石症のリスク低減
・高アンモニア血症を呈する肝疾患

スペシフィック SPECIFIC 犬用 CKW 低Na-リン-プロテイン 100g 1個 食事療法食

・リン、ナトリウム、蛋白質を制限し、慢性腎不全の犬に配慮しています。
・ナトリウム含量を制限することで、うっ血性心不全の犬に配慮しています。
・蛋白質を制限しており、肝不全の犬に配慮しています(胆汁うっ滞を除く)。
・シュウ酸カルシウム、シスチン尿石の成分の元となる蛋白質を制限しており、シュウ酸カルシウムやシスチン尿石症の犬に配慮しています。

まとめ

発作を起こしている場合は命にかかわることもあります。
慌てずに、動物病院に連絡してくださいね。
受診時には発作の時の様子(意識はあったか・発作の時間はどれくらいか等)をできるだけ詳しく説明できるようにしましょう。何度か発作を起こしているときには発作の様子を動画に記録しておいたり、間隔をメモしておくなども説明のときに役立ちます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたの愛犬は大丈夫?今すぐできる夏バテ度チェック

犬は人間のように汗をかかないので体温のコントロールが難しく、人間以上に暑さが苦手です。そこで、あなたの愛犬が…

cezannee / 894 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 2017 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1705 view

犬の水分足りてますか?暖かくなったら散歩にも給水器持参でお出かけしましょう

暖かくなると犬もお水をたくさん飲みます。特にお出かけや散歩には必ず持参して十分与えたいですね!飲みやすく便利…

Chriee / 2096 view

治療中、苦手なお薬を愛犬に上手に食べさせるコツは?失敗しにくい目薬のさし方とは?

愛犬の治療中はお薬や目薬の点眼に苦労しませんか?なかなか上手く薬を食べてくれない犬は多いようです。お薬が苦手…

Chriee / 818 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1210 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 915 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 853 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2606 view

獣医師が解説「逆くしゃみ(犬の病気)」:小型犬や短鼻種のワンちゃんに起こりやすい!?…

逆くしゃみって知っていますか? 犬が突然立ち止まって苦しそうにグエ~グエ~というような音をさせながら、空気を…

本間獣医科病院 / 2027 view

獣医師が解説「心臓病(犬編」:生命維持の重要な臓器!心臓に負担をかけない生活習慣とは…

心臓病になるとどのような症状が出るのか、またその対策は?今回はわんちゃんの心臓病についてお話をしたいと思いま…

本間獣医科病院 / 1361 view

要チェック!色、形、匂い、ウンチを見ればわかる愛犬の健康状態

毎日の散歩で、あるいはペットシートで、愛犬がウンチをしたら良く見て健康状態をチェックするようにしましょう。

cezannee / 3178 view

関連するキーワード