逆くしゃみ

散歩中などに突然立ち止まってグエーグエーというような音をさせながら空気を鼻から吸い込むような症状がみられたら逆くしゃみかもしれません。
突然、逆くしゃみが起こると初めて見た方は驚いてしまうかもしれませんが、逆くしゃみは通常1分ほどですぐ収まります。また逆くしゃみで意識がなくなることは通常なく、自然におさまります。

意識を失ったり倒れたりすることがあれば、それは逆くしゃみではなく他の病気かもしれません

気管虚脱

興奮したときなどにガーガーというような鳴き声を出していたらそれは気管虚脱かもしれません。

気管虚脱は気管が扁平につぶれてしまうことにより呼吸がうまくできなくなって呼吸困難となります。呼吸がうまくできなくなるために酸欠で舌が紫色になってしまうこともあります。すぐに落ち着かせてあげましょう。

短頭種気道症候群

パグやブルドッグなどの短頭種によくみられるもので、鼻孔狭窄症や軟口蓋過長症、喉頭小嚢反転症などがあります。

鼻孔狭窄症とは鼻の穴が狭くなってしまっているために呼吸がしづらくなってしまいます。
軟口蓋過長症は気管入口にある軟口蓋という部分が長くなってしまっているために呼吸がしずらくなります。この呼吸しずらい状態が続くと喉頭小嚢という部分が反転し、喉頭虚脱という状態を起こすこともあります。

いびきをかく、いつも呼吸が苦しそう、水を飲むときなどにむせるなどが見られたら注意が必要かもしれません。
治療としては鼻孔を拡げてあげたり、軟口蓋の切除の手術をすることにより改善ができます。

リラクゼーション時のサポート!

ペットナチュラルズ カーミング 小型犬用 21粒

初乳カーミングコンプレックスとビタミンB1(チアミン)が精神神経機能の健康維持に考慮。
カーミングははペットの個々の性格・エネルギーレベルに影響することなく問題行動によるストレスに。デイリーユースはもちろんのこと、リラクゼーション時のサポートとして与えてください。
こんな場合にオススメ

・引越し・旅行 ・病院・グルーミング時
・倦怠感・分離ストレス ・環境の変化
・来客が多い・パーティー時 ・乗車時
・花火・雷雨

呼吸が突然荒くなる原因はさまざまです。一時的なものであれば様子をみてもよいですが、何度も繰り返したり、続くようであれば治療が必要かもしれませんので、動物病院を受診してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 604 view

かみ合わせ、歯の病気...犬の健康に重要な歯のこと、どれくらい知ってますか?

犬の口の中をじっくり見たことはありますか?犬の正しい歯並びや葉の病気について知ることは犬の健康を管理する上で…

cezannee / 764 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 845 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 734 view

獣医師が解説「膿皮症」:家庭犬に多く、一度こじらせるとやっかいな皮膚病です

皮膚の細菌に感染して化膿してしまう病変を「膿皮症」といいます。今回はその原因と対策について説明します。

本間獣医科病院 / 7037 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 1308 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 784 view

獣医師が解説「犬の脳震盪」:後遺症が残ることも!飼い主さんが注意すべき点とは?

もしも愛犬が脳震盪を起こしたらどうするべきでしょうか?

本間獣医科病院 / 3887 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 828 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 615 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 1426 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 850 view