愛犬の餌とおやつを与えるバランスを考えていますか?

愛犬に与えるおやつはどんなものにしていますか?また量は?
おやつは必ず与えるものではありませんが、しつけ中の時期にはおやつでコントロール出来ることも多いものです。しかし、食べ過ぎはいけません。
餌とのバランスを考えた適度なおやつの与え方をパピーの頃から考えていくと肥満防止や健康管理に役立ちますよ。

餌の選び方で健康管理にも!

生後2〜3ヶ月の離乳食の時期には、ソフトなおやつから与え始めると良いですね!野菜ボーロやチーズなど、カルシウムや乳酸菌を含んだものなら、お腹の環境を整えたり栄養価も高いので、しつけのごほうびとしてもおすすめです。離乳食をしっかり完食していれば一つのコマンドを覚えるごとに一つという具合の量で十分です。

普通のフードになったら堅めのおやつを

離乳食から普通のドライフードが食べられるようになったら、ジャーキーやガムなどの堅めのおやつもおすすめです。歯の生え変わり期間の歯が痒い時期には硬いものをかじることでストレス解消や家具へのいたずら防止にも役立ちます。何よりあごが丈夫になるというメリットもあります。

おやつもフードも分量をしっかり守る

おやつとフードの分量は、パッケージに記載されている量を守るようにしましょう。犬の体重に沿った一日当たりの分量はどのフードやおやつにも明記されているものです。おやつを一日の限度量いっぱいまで与えてしまう場合は、その分フードを少し減らすなど、バランスを考えて肥満にならないように注意します。

サプリなど栄養補助となるおやつは?

犬の健康状態によっては、病院で勧められたサプリなど栄養補助食品を摂取する場合もありますが、フードや他のおやつとの分量のバランスを獣医に相談するのもおすすめです。
飼い主さんによっては複数のおやつを与えているのに、それぞれが限度量で与えてカロリーオーバーになっていることもあるようです。

餌もおやつもなるべく同じ人が管理する

愛犬が食べ過ぎてしまう原因の一つには、複数の人におやつを貰ってしまうというのがあります。犬友達などでお散歩の時など飼い主が把握できて少量なら良いですが、家族が多かったり人の出入りが多い環境で誰がどれくらいあげているか分からない場合は要注意です。フード管理は一人か複数でも把握して管理すると良いですよ。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬が喜ぶとついついおやつをあげ過ぎてしまう飼い主さんは多いと思います。しかし、食べ過ぎて肥満になってしまうのは健康上良くありません。特に避妊手術や去勢した場合は肥満になりやすいので、おやつを定期的に与える場合は餌を少なめにしたり、カロリーを抑えめにするなどバランスが大切ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

愛犬にも安心な食べ物「さつまいも」の驚くべき魅力とは?

さつまいもが美味しい季節ですね!さつまいもが好きな犬には嬉しい季節です。実はさつまいもって犬には結構すごい食…

Chriee / 1317 view

タケノコが美味しい季節です!ところで犬にタケノコを与えていいの?

多くの人に親しまれている“タケノコ”。旬の食べ物を大好きな愛犬にも味わってもらいたい…。しかし実は与えないほ…

Chriee / 1234 view

すき焼きの煮汁も要注意!?犬に与えると危険な食べ物”玉ねぎ”の中毒症状の正体とは?

「犬には玉ねぎをあげてはいけない」は有名な話。なぜだめなのか?と聞かれると答えられますか?犬に与えてはいけな…

Antoine / 3180 view

旬な果物“いちご”は犬にとって良い食べ物?悪い食べ物?

いちごが美味しい季節です。ところでいちごは犬に食べさせて良いのでしょうか?それとも?旬ないちごは犬にとって良…

Chriee / 1392 view

犬にお茶を飲ませると内蔵に悪いって本当?その本当の理由とは?

一般的にお茶を犬に飲ませるのは良くないと言われています。お茶は犬の内蔵に悪いという話もありますが、果たして実…

Chriee / 1423 view

絶対にやめて!犬にあげてはいけないあのお菓子。食べるとこんなに危険!

甘い香りがするチョコレートは犬の嗅覚からすると魅惑の食べ物です。ですが多量に食べてしまうと中毒の危険性も!食…

Antoine / 5224 view

獣医師が解説:意外と知られていない!?犬にチョコレートを食べさせてはいけない理由

私たち人間にとって何ら毒性を示さない食べ物の中に、実は動物によっては有害となる食べ物があります。私たちが善意…

本間獣医科病院 / 1108 view

手作り食やトッピングの参考に抑えておきたい!犬がアレルギー反応を起こす野菜や穀物

アレルギーの出やすい犬を飼っている人は手作り食やトッピングで悩むものです。アレルギーが起こりやすい野菜はどん…

Chriee / 1084 view

食が細い愛犬の救世主♡ほくほくがおいしい秋の味覚のあの食材は犬にとってのカロリーメイ…

秋の旬食材の代表格と言えば”さつまいも”ですね。甘みもたっぷりあるため、好きな犬も多いことでしょう。犬にさつ…

Antoine / 1832 view

愛犬の餌を変える適切な時期や上手な切り替え方法とは?

成長に合わせて、または健康管理など、一生涯のうちに何度か犬の餌を切り替えるタイミングがあります。そのタイミン…

Chriee / 1230 view

食物繊維もたっぷり!西洋では薬や香料として古くから親しまれてきたあの野菜(セロリ)は…

西洋料理のスープに欠かせないセロリは、βカロテンとカリウムなどが豊富で栄養価も高い食材です。そんなセロリを犬…

Antoine / 1673 view

スルメは犬に与えてはいけない食べ物。実際にどんな影響があるか知ってますか?

犬を飼っていると、ついおやつに人間と同じ食べ物を与えてしまう飼い主は多いものです。他の人が知らずに与えてしま…

Chriee / 1622 view

関連するキーワード