愛犬のお風呂は個体差でも変わる

犬を飼い始めた頃に悩むのことの一つにお風呂の回数を挙げる人は多いようです。ショップやブリーダーさんでどれくらいの頻度で入れていたか聞いておくのも良いですし、飼い始めてからは遊び方や生活環境でも違ってくるものです。適切なお風呂の回数を考えてみましょう。

特に問題が無ければ月1回程度でも大丈夫です

室内飼いでも外飼いの場合でも、特に健康状態に問題もなく衛生的な環境であれば、月1〜2回を目安にして入れるのが適切なようです。
あまり回数を増やすのも、皮膚の必要な油分まで取り除いてしまうことがあり、返って健康に良くないという場合があるのです。

皮膚トラブルがある場合は回数を増やして清潔に

皮膚に何らかのトラブルがある場合は、清潔を保つ為に回数を増やすのも良いです。獣医さんに相談しながら週1回など、洗い過ぎて逆に皮膚に負担をかけない程度に増やします。
回数を増やす場合はシャンプーも皮膚に優しい低刺激のものを選ぶと良いですよ。

爪切りなどグルーミングと一緒にすると健康管理もしやすい

月1〜2回のお風呂の場合は、爪切りや、小型犬の場合は肛門嚢絞りを一緒にやるようにすると、時間も上手に使える上に健康管理もしやすくなります。お風呂でシャンプーはしたけど、耳掃除は忘れていた、などうっかりすることも無くなりますね!トリマーさんにお願いする場合も一度にお願いすると良いですよ。

暑い時期でも温かいお風呂で汚れを落とす

暑い夏には冷水でいいのかと考えてしまう飼い主さんもいるようですが、夏でもお湯で洗ってあげましょう。適温は38度程度ですが、あまりにも暑い日なら37度程度に下げても大丈夫です。冷水では汚れが落ちにくい為、水遊びとは違い、お風呂はお湯が一番です。

逆にお風呂をこまめに入れない方がいい場合もあります

病気治療や手術後など、お風呂に入らない方が良い時期もあります。大概は獣医さんから注意があるものですが、そんな時には、気になる場合はシートタイプのもので体を拭いてあげるのも良いですよ!
顔を拭いてあげたり、治療や治癒状態に支障が無ければ水の要らないタイプのシャンプーでお手入れするのもおすすめです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
お風呂のタイミングは以外と難しい場合があります。特に子犬の頃には自分で入れるのも慣れないと大変なものです。
洗い方によっては犬の皮膚に傷ができたり、汚れやシャンプーが残ることで皮膚トラブルになることもあります。時にはトリマーさんにお願いしたり、難しい部分は実際の洗い方を見せて貰うのもいいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2291 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 2689 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 1099 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 1691 view

これなら使わせてみたい!?愛犬の健康グッズ5選

ペット用のサプリも多いですが、健康グッズも実はいろいろあって、愛犬の健康を気づかう飼い主さんには使ってみたい…

Chriee / 2176 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 1121 view

あなたの愛犬は大丈夫?犬に多い病気「白内障」にかかったら・・・

ふと、愛犬の眼を覗きこんだら白く濁っていた場合。ある程度高齢の犬ならまず白内障が疑われます。それくらい白内障…

cezannee / 1432 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2455 view

獣医師が解説「鼠径ヘルニア(犬の病気)」:新しくワンちゃんを迎える前にチェック!その…

鼠径ヘルニアは、臍ヘルニア、会陰ヘルニアと並んで発生の多いヘルニアです。脚の付け根から、お腹の中の脂肪や臓器…

本間獣医科病院 / 3028 view

獣医師が解説「犬のマダニ」:ワンちゃんをマダニから守ろう!お散歩後のチェックから防除…

大切な家族であるワンちゃんたち。できれば生涯を通じて快適な暮らしを送らせてあげたいですね。そのためにはワンち…

本間獣医科病院 / 1601 view

混合ワクチン完了前は要注意!子犬に多い風邪について

犬の風邪と言われるケンネルコフをご存知ですか?主に混合ワクチン完了前の子犬に多い病気です。症状と感染経路、実…

Chriee / 2816 view

獣医師が解説「血尿(犬の病気)」:早めの検査を!重大な病気が隠れていることもあるんで…

オシッコが赤い!愛犬が血尿をしていたらビックリして心配になりますよね。考えられる原因をまとめてみました。(犬…

本間獣医科病院 / 3313 view

関連するキーワード