愛犬のお風呂は個体差でも変わる

犬を飼い始めた頃に悩むのことの一つにお風呂の回数を挙げる人は多いようです。ショップやブリーダーさんでどれくらいの頻度で入れていたか聞いておくのも良いですし、飼い始めてからは遊び方や生活環境でも違ってくるものです。適切なお風呂の回数を考えてみましょう。

特に問題が無ければ月1回程度でも大丈夫です

室内飼いでも外飼いの場合でも、特に健康状態に問題もなく衛生的な環境であれば、月1〜2回を目安にして入れるのが適切なようです。
あまり回数を増やすのも、皮膚の必要な油分まで取り除いてしまうことがあり、返って健康に良くないという場合があるのです。

皮膚トラブルがある場合は回数を増やして清潔に

皮膚に何らかのトラブルがある場合は、清潔を保つ為に回数を増やすのも良いです。獣医さんに相談しながら週1回など、洗い過ぎて逆に皮膚に負担をかけない程度に増やします。
回数を増やす場合はシャンプーも皮膚に優しい低刺激のものを選ぶと良いですよ。

爪切りなどグルーミングと一緒にすると健康管理もしやすい

月1〜2回のお風呂の場合は、爪切りや、小型犬の場合は肛門嚢絞りを一緒にやるようにすると、時間も上手に使える上に健康管理もしやすくなります。お風呂でシャンプーはしたけど、耳掃除は忘れていた、などうっかりすることも無くなりますね!トリマーさんにお願いする場合も一度にお願いすると良いですよ。

暑い時期でも温かいお風呂で汚れを落とす

暑い夏には冷水でいいのかと考えてしまう飼い主さんもいるようですが、夏でもお湯で洗ってあげましょう。適温は38度程度ですが、あまりにも暑い日なら37度程度に下げても大丈夫です。冷水では汚れが落ちにくい為、水遊びとは違い、お風呂はお湯が一番です。

逆にお風呂をこまめに入れない方がいい場合もあります

病気治療や手術後など、お風呂に入らない方が良い時期もあります。大概は獣医さんから注意があるものですが、そんな時には、気になる場合はシートタイプのもので体を拭いてあげるのも良いですよ!
顔を拭いてあげたり、治療や治癒状態に支障が無ければ水の要らないタイプのシャンプーでお手入れするのもおすすめです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
お風呂のタイミングは以外と難しい場合があります。特に子犬の頃には自分で入れるのも慣れないと大変なものです。
洗い方によっては犬の皮膚に傷ができたり、汚れやシャンプーが残ることで皮膚トラブルになることもあります。時にはトリマーさんにお願いしたり、難しい部分は実際の洗い方を見せて貰うのもいいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬の涙やけの原因は泣き虫だから!?治療法や普段気をつけたいのはこんなこと

犬の目の廻りの毛が変色してしまう涙やけ。主にマズルの短い犬に多く見られる涙やけの原因と治療法、そして普段から…

Chriee / 1424 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4806 view

犬が散歩を嫌がるのはこんな理由が原因かも!散歩に行かない意外なその心理とは?

いつもは大好きなお散歩なのに、突然嫌がるようになることはありませんか?愛犬のお散歩拒否にはどんな理由と原因が…

Chriee / 2568 view

意見が分かれる犬の安楽死はどんな症状や状況の時に考えるべき?

犬の安楽死につては意見はいろいろ分かれるようですが、病気などの症状によっては決断された飼い主さんもいます。自…

Chriee / 2376 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2656 view

犬のおならには情報がいっぱい⁈おならでわかる内蔵の異常や病気について

犬のおならには体調を知る為の情報が意外とたくさんあります。臭いや頻度、音の有無など、内蔵の異変に気づけるもの…

Chriee / 1603 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1237 view

病気になってからでは遅い!愛犬の健康管理に必要な健康診断の受診タイミングとは!?

犬の健康管理は犬種や個体に合わせていろいろです。健康診断を受けさせる飼い主さんも多いですね。では、実際にはど…

Chriee / 1046 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2050 view

犬にも花粉症があります!散歩や外出で気をつけたい花粉症の対策とは?

犬にも花粉症があるのをご存知ですか?愛犬の状況から分かる花粉症の症状や、散歩などの日常で飼い主が気をつけたい…

Chriee / 1036 view

獣医師が解説「下痢(犬編)」:うんちは健康のバロメーター!病院に行く前にすべきことと…

犬のうんちは濃い黄土色で、硬すぎず柔らかすぎないものが良いうんちです。うんちは健康のバロメーター。いつもと違…

本間獣医科病院 / 2279 view

完治しないと言われている犬のてんかん、その症状とは?

犬にもてんかんを発症するコがいます。完治はしないと言われており、飼い主のケアが必要になってきます。てんかんの…

Chriee / 1596 view

関連するキーワード