愛犬のお風呂は個体差でも変わる

犬を飼い始めた頃に悩むのことの一つにお風呂の回数を挙げる人は多いようです。ショップやブリーダーさんでどれくらいの頻度で入れていたか聞いておくのも良いですし、飼い始めてからは遊び方や生活環境でも違ってくるものです。適切なお風呂の回数を考えてみましょう。

特に問題が無ければ月1回程度でも大丈夫です

室内飼いでも外飼いの場合でも、特に健康状態に問題もなく衛生的な環境であれば、月1〜2回を目安にして入れるのが適切なようです。
あまり回数を増やすのも、皮膚の必要な油分まで取り除いてしまうことがあり、返って健康に良くないという場合があるのです。

皮膚トラブルがある場合は回数を増やして清潔に

皮膚に何らかのトラブルがある場合は、清潔を保つ為に回数を増やすのも良いです。獣医さんに相談しながら週1回など、洗い過ぎて逆に皮膚に負担をかけない程度に増やします。
回数を増やす場合はシャンプーも皮膚に優しい低刺激のものを選ぶと良いですよ。

爪切りなどグルーミングと一緒にすると健康管理もしやすい

月1〜2回のお風呂の場合は、爪切りや、小型犬の場合は肛門嚢絞りを一緒にやるようにすると、時間も上手に使える上に健康管理もしやすくなります。お風呂でシャンプーはしたけど、耳掃除は忘れていた、などうっかりすることも無くなりますね!トリマーさんにお願いする場合も一度にお願いすると良いですよ。

暑い時期でも温かいお風呂で汚れを落とす

暑い夏には冷水でいいのかと考えてしまう飼い主さんもいるようですが、夏でもお湯で洗ってあげましょう。適温は38度程度ですが、あまりにも暑い日なら37度程度に下げても大丈夫です。冷水では汚れが落ちにくい為、水遊びとは違い、お風呂はお湯が一番です。

逆にお風呂をこまめに入れない方がいい場合もあります

病気治療や手術後など、お風呂に入らない方が良い時期もあります。大概は獣医さんから注意があるものですが、そんな時には、気になる場合はシートタイプのもので体を拭いてあげるのも良いですよ!
顔を拭いてあげたり、治療や治癒状態に支障が無ければ水の要らないタイプのシャンプーでお手入れするのもおすすめです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
お風呂のタイミングは以外と難しい場合があります。特に子犬の頃には自分で入れるのも慣れないと大変なものです。
洗い方によっては犬の皮膚に傷ができたり、汚れやシャンプーが残ることで皮膚トラブルになることもあります。時にはトリマーさんにお願いしたり、難しい部分は実際の洗い方を見せて貰うのもいいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 579 view

ちょっと待って!犬を病院に連れて行く前に準備して欲しいこと。

愛犬の具合が悪くなったら病院に連れて行きますよね。でも、その前に準備しておけば治療がスムーズに進むことがあり…

cezannee / 971 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1331 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 922 view

愛犬の歯周病の予防はどうすればいいの?かかってしまった時の治療法は??

歯みがきが苦手な犬は歯周病にかかる率が高くなりがちです。特に3歳以降は発症する率は年々上がってきます。毎日で…

Chriee / 1281 view

獣医師が解説「椎間板ヘルニア」:かかりやすい犬種やその症状とは?

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつないでいる椎間板に変性が起き、それが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こ…

本間獣医科病院 / 1400 view

愛犬の健康管理に!餌と一緒に与えたいサプリメント

愛犬の気になる健康にサプリメントを取り入れてみませんか?餌に混ぜたりふりかけたり、餌と一緒に与えたいいろいろ…

Chriee / 787 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 1531 view

小型犬は要注意!犬の怪我、実は家の中でが一番多いんです

犬が怪我をするのはどんな場所が多いと思いますか?実は家の中での怪我が案外多いのです。特に小型犬は、家の中で大…

cezannee / 1692 view

獣医師が解説「犬の発作」:痙攣、顔面麻痺...愛犬が急に発作を起こしたら?原因や対処…

愛犬が急に発作を起こしたら、突然のことにどうしていいか分からなくなってしまいますよね。 ここでは、発作を起こ…

本間獣医科病院 / 2080 view

獣医師が解説「犬の風邪」:“ケンネルコフ”をご存じですか?発生と予防とは?

愛犬に自分の風邪がうつったらどうしようと、心配したことはありますか?人間の風邪が犬にうつることはありません。…

本間獣医科病院 / 970 view

関連するキーワード