犬の生活習慣病はこんなことに注意したい

犬にも糖尿病があるそうです。他にもそこから付随する白内障など、人間でも大変と思える成人病などが心配されるようです。
飼い主が幼犬の頃からケア出来る健康管理や、糖尿病になってしまった時に考えたいことをまとめてみました。

犬の糖尿病はどれくらいかかりやすい?

実際に糖尿病にかかる犬は数字的には少ないようです。しかし、だからと言って予防する必要がないというわけではありません。愛犬も生活習慣によっては発症する可能性だってあるのです。
愛犬を糖尿病にしない為に、普段から気をつけたいことは何でしょうか?

犬に多いのはヒトの1型糖尿病

犬に見られる糖尿病の多くは、ヒトの1型と言われるもので、インスリンが作れなくなってしまうものです。
その為、発症すればすぐにインスリンを注射しなければならないといった状況になってしまう、大変なものなのです。

他の病気から併発してしまうタイプも

他にも、膵臓の病気や副腎の病気に伴うものも多く、いずれにしても人間のようにゆるやかな段階を経ていくというものではなく、インスリンの投与が必要になってしまうのです。
早くから予防し、発症しない為に出来ることをしておくのが一番安心と言えます。

メスなら避妊手術をしておくことも予防の一つ

メスの場合は避妊手術をしておくことも、重要な予防の一つとされています。糖尿病を発症した犬の内、およそ63%もの割合が避妊手術をしていない犬という数値も出ているそうです。
この他にも、避妊手術をしておくことで、ガンなど様々な病気の予防に繋がります。

肥満には日頃から注意し、餌やおやつを与え過ぎないように

幼犬の頃から適量を守り、餌やおやつを与え過ぎないようにするのも基本的な健康管理です。特に避妊手術や去勢をした場合には肥満になりやすい傾向が見られます。肥満を防止する低カロリーフードやおやつも低脂肪のものにし、体重管理に気をつけましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
犬の病気は何でも飼い主には心配ですが、特に一生治療や食事制限を続けなければいけないものは時間も費用もかかる上に、何よりもまず不安なものです。特に糖尿病は、インスリンが欠かせないものとなる為、飼い主のケアが大変になります。
出来るだけ避妊手術をし、体重管理に気をつけてあげたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1855 view

獣医師が解説「犬の認知症」:犬も高齢になってくると認知症を発症することがあることをご…

認知症は日本犬、特に柴犬で多くみられますがそれ以外の犬でも発症します。犬の認知症の症状として、昼夜逆転して昼…

本間獣医科病院 / 1042 view

健康管理にとっても重要!犬の血液検査、時期やタイミングは?

犬の血液検査を受けていますか?血液検査は愛犬の健康管理に大切なものです。時期やタイミングなど、どう受けさせる…

Chriee / 1482 view

獣医師が解説:犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか?

犬も脳梗塞をおこすことがあることをご存じでしょうか? MRI検査が獣医療でも普及してきたことにより犬にも脳梗…

本間獣医科病院 / 1689 view

住まいのコレに気を付けて!愛犬の誤食は危険がいっぱい!

家の中にある物で、犬が良く引き起こすトラブルに誤食があります。衣類やアクセサリー、小物など常に身近にある物た…

cezannee / 953 view

愛犬のこんな症状には要注意!幼犬やシニアに多い膿皮症とは?

膿皮症という皮膚病をご存知ですか?アレルギー性皮膚炎を持っている犬にも起こりやすい膿皮症の症状にはこんなもの…

Chriee / 1160 view

シニア犬の歯石と口臭大丈夫?歯みがきが苦手な愛犬に効果的なグッズまとめ

7歳を過ぎてくると、やっぱり歯石や口臭が気になりやすくなります。歯みがきが苦手な犬でも使いやすい、口臭や歯石…

Chriee / 3495 view

犬の避妊手術と去勢後、どんな体調管理が必要?

犬を飼うに当って、避妊手術や去勢をする人は多いですね。これは自治体や動物病院などで奨励していたり、ペットの健…

Chriee / 1997 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1635 view

なんとかしたい愛犬の涙やけ!まず飼い主がすべきこと

小型犬に多い悩みのひとつ、涙やけ。涙が出るだけだからと放っておくと重い細菌感染症になってしまうことも!飼い主…

cerisee / 1003 view

愛犬の急病にも心強い!病院に行こうか迷った時、気軽に解決できるウェブサイトまとめ

犬を飼っていて困ることの一つは、体調やケガです。行きつけの病院が開いていない日や迷った時にも時間を考えず利用…

Chriee / 1173 view

獣医師が解説「気管虚脱(犬の病気)」:中高齢の小型犬は要注意!気になる症状、予防策と…

中高齢の小型犬によくみられる疾患です。空気の通り道である気管が押しつぶされたように変形してしまい、呼吸困難な…

本間獣医科病院 / 2503 view

関連するキーワード