犬の発情周期

雌犬の発情周期は平均6-7ヶ月おきにみられますが、個体、品種などにより差があり、4-18ヶ月程度のばらつきあります。正常な雌犬の発情周期は発情休止期(無発情期)、発情前期、発情期、発情間期の4つに分かれます。

・ 発情休止期:発情期と発情期の間の時期で、性行動は休止状態にあります。
・ 発情前期:膣から出血がみられるようになり、エストロゲン濃度が上昇します。この期間は3-14日(平均9日)ほど続きます。下垂体から黄体形成ホルモンが放出されると、48時間以内に排卵が惹起されます。雌犬は尾を挙上し雄を誘う行動を示しますが、通常はこの時点で雄を許容することはありません。
・ 発情期:排卵し、雄を許容します。陰部は軟化し、分泌液がみられます。発情期は排卵後6日ほど続きます。
・ 発情間期:発情周期の最終段階であり、この時期になると雄を許容しなくなります、発情間期は妊娠雌では2ヶ月、非妊娠雌では2-4ヶ月ほど続きます。

犬の発情周期の異常について

複数のホルモンが発情周期に関与しており、これらのホルモンバランスの異常により様々な発情異常がみられます。下記に発情周期の異常の例を一部紹介します。

・ 発情がこない(膣からの出血がない、陰部の腫脹がみられない):発情症状の見落としがないか確認します。本当に発情期がこない場合は、甲状腺や副腎など内分泌機能の異常、染色体の異常、卵巣の構造異常などが考えられます。また若齢の雌犬では正常でも最初の発情がこない場合があります。
・ 発情期後の発情休止期が長い:発情休止期が12ヶ月以上続く場合です。プロゲステロン、甲状腺ホルモンや副腎ホルモンなど内分泌の異常、卵胞嚢腫など卵胞構造の異常などが考えられます。発情休止期は正常でも4-12ヶ月のばらつきがあります。
・ 発情の分割:発情前期に入ったにもかかわらず、排卵が起こらないことです。しかし、次の発情では繁殖が可能なことも多いです。

これらの他にも発情休止期が短い、発情期が長すぎるなどがあり、年齢や品種によって考えられる原因もかわってきます。卵巣の腫瘍や嚢腫の形成が性ホルモンバランスの異常を引き起こすこともあるため、発情異常や腹囲膨満などの異常所見がみられる場合には早めに獣医師に相談することをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

お腹を出して服従ポーズ!?反省する犬の動画が可愛い!

イタズラは困りますが、見つかって気まずそうにしている時や

Chriee / 2010 view

犬は全体的に賢いペットです。その知能ランキングは??

犬は人間に従順で知能も高いペットですね。言葉も犬種によってはかなり理解出来ているそうです。果たしてその知能は…

Chriee / 2163 view

犬はやっぱりパグが一番!可愛いしぐさに胸キュン!

可愛いしぐさと、豊かな表情で人気の犬種のパグですが実はそれだけではないんです。様々なパグの魅力をご紹介したい…

cezannee / 5919 view

犬と楽しく水遊びをするために注意することと、マナーについて

暑い夏は、犬と一緒に川や湖など、水辺へ出かける機会も多くなります。犬と楽しく水遊びをする時のマナーと気をつけ…

cezannee / 1874 view

知ってますか?かわいい小型犬チワワの意外な真実!?

チワワは小型犬の中でも常に人気は1位や2位と衰えることがありません。そんなかわいいチワワの意外な一面や驚きの…

Chriee / 10008 view

これって睡眠時間が足りていないの?犬があくびをする時の意外な理由知ってますか

愛犬があくびをすることはありませんか?特に眠そうでもないのにあくびをする時もあります。睡眠時間が足りないので…

Chriee / 1368 view

暖かい季節になったら、犬と一緒に外遊びを楽しんでみませんか?

毎日の散歩の時の気分転換や、休日などに犬と一緒にお出かけした時に、外遊びをを楽しんでみましょう。犬と一緒に出…

cezannee / 1887 view

愛犬の気持ちがわかるかも⁈読んで役立つ話題の本まとめ

犬って何をしたいのかわからない!そんな時に役立つ、おもしろく解決できる本をまとめてみました。これで愛犬の気持…

Chriee / 2056 view

性格の違い!?ティッシュ好きな犬にはどんな対処をすればいいの?

意外と多いティッシュ好きの犬。全部の犬ではないので性格や嗜好によるようです。ティッシュの好きな犬にはどんな対…

Chriee / 1903 view

シニア犬には必須なグッズ!?排泄が難しくなった時のいろいろな“おむつ”まとめ。

シニア犬は特に必要になってくるグッズ、おむつ。自分で排泄が難しくなった愛犬には大切なことです。若い犬もマーキ…

Chriee / 2007 view

獣医師が解説:愛犬の分離不安についての解決策

いつも飼い主の後をついてまわって、べったりと飼い主にくっついている愛犬。愛犬にこんなにも必要とされていると感…

本間獣医科病院 / 1203 view

関連するキーワード