食べることに直結する歯は、犬の健康を守るのにとっても大切!

犬は自分で歯を磨くことが出来ませんから、愛犬の歯の健康を守るのは飼い主の責任です。歯磨き等を怠ることで犬も人と同じように虫歯や歯周病になってしまいます。そのまま、放っておけば歯槽膿漏へと進み歯が抜けてしまいます。歯を失うと犬は食欲が落ち結果体が弱ってしまいます。だからこそ犬の歯の手入れは大切です。

歯磨きは、子犬時代に始めるのがベスト!

犬にとって敏感な口元を触られるのは、とっても苦手!だからこそ、子犬の頃から歯磨きの習慣をつけて口中を触っても嫌がらないようにすることが肝心です。特に大型犬の場合、大人になってからいきなり歯磨きをしようとしても嫌がって口を開いてくれないと力が強いのでやっかいです。

犬の歯磨きって、なんで磨けばいいの?

ペットショップに行くと様々なタイプの犬用の歯ブラシがあります。人間用の歯ブラシに近いものから、指にはめるタイプなどいろいろありますが、初心者の方にはガーゼか歯磨き用の不燃布を指に巻き付けて磨くことをお勧めします。ブラシタイプより異物感が少ないので犬もあまり抵抗なく受け入れやすいからです。

犬が喜ぶ歯磨きグッズもあるので試してみましょう。

歯磨きの他にも、犬の歯をきれいに保つために歯の歯垢を除去するガムや、歯の汚れを落とす効果があるおもちゃがあります。ただし、これらを利用することは、歯をきれいに保つための補助にはなりますが、歯ブラシの代わりになるものではないことを覚えておいて下さいね。

どうしても歯磨きが嫌いに犬にはこんなグッズもあるんです。

子犬の頃から歯磨きの習慣づけをしていなかったり、どうしても口周りを触られることが嫌な犬もいます。そんな犬には歯や口内に塗るジェルタイプの歯磨きや、飲料水に混ぜる液体タイプの歯磨きがあります。ジェルタイプは口中に塗るのが難しい場合、良く噛んで遊ぶおもちゃに塗ることで口中に塗布することが出来便利です。

歯磨きしてるのに付いてしまう歯石はプロにお願いしましょう。

しっかり歯磨きしているつもりでも、磨き残しなどがあると歯石となって歯と歯茎の間についてしまいます。歯石は固いので普通に歯磨きしても取ることが出来ません。その場合、獣医さんかトリミングサロンで歯のクリーニングをお願いしましょう。ただし、歯石が深い所に付くと麻酔が必要になることもあります。

犬に上手に歯磨きをするコツは、なんといっても子犬時代からのスキンシップが肝心です。飼い主が何をしても安心して委ねてくれるような関係が犬との間に築かれていれば歯磨きも簡単ですね。後は歯磨きに便利なグッズも利用して愛犬の歯を健康に保ってあげて下さい。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

簡単にチェックしたい!犬の皮膚や毛の状態でわかる、手軽な健康管理とは?

愛犬の体調管理は飼い主さんにとって一番気になることではないでしょうか?嘔吐や食欲不振など判りやすい症状のほか…

Chriee / 1345 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1367 view

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2578 view

春先からが注意!犬のマダニやアレルギー対策について

気温が上昇して屋外での活動が増えてくると、心配なのがマダニの発生です。さらに花粉や草でのアレルギーを起す犬も…

Chriee / 998 view

犬の歯周病は放っておくと怖いんです!口腔ケアで対処してみて!

放置するといろいろな病気にも発展する歯周病。犬も歯周病になります。歯周病のサインを早めに察知するのも大切です…

Chriee / 2636 view

毎日のウンチ、チェックしてる?犬の軟便の症状にはどんな病気が潜んでいるのでしょう

愛犬の便がゆるい時ってありませんか?下痢まではいかないながら軟便気味な症状が見られる時に気をつけてあげること…

Chriee / 2107 view

突然のケガや病気…いざという時あったら便利!犬用の救急箱を用意しよう!

いざという時のために救急箱を用意されている方は多いと思います。では、愛犬のための救急箱はどうでしょう?あると…

cezannee / 1321 view

獣医師が解説「しゃっくり(犬の病気編)」:寄生虫や肺炎などが原因の場合も!見過ごせな…

犬も人間のようにしゃっくりをすることがあります。しゃっくりが起きるのはなぜでしょうか?(犬の病気編)

本間獣医科病院 / 2725 view

愛犬が咳き込んでる!そんな時、こんな病気を疑ってください

犬の病気は表面に表れない症状もありますが、咳き込むなどの判りやすい場合は重要な病気の場合もあるんです。咳き込…

Chriee / 1240 view

夏はペットにとって危険な季節!こんなところに気をつけましょう

人よりも体温調節が苦手なペットたちにとって夏の暑さは、苦手なだけでなく大きな危険が隠れている季節でもあります…

cezannee / 838 view

老化?病気?愛犬の不調は初期症状で見極めるべし

大型犬では7歳頃、小・中型犬では8歳頃から高齢期を迎え急に体力が落ち、不調が出始めます。しかし、齢のせいでは…

cezannee / 1067 view

獣医師が解説「犬の軟便」:病院へ連れていく見極めが難しい!考えられる原因と対処法につ…

いつもと違って柔らかい便をしている、すぐに健康なうんちをするようになればいいですが、続くと心配ですね。軟便が…

本間獣医科病院 / 1901 view

関連するキーワード