知っているようで知らない身近にある危険な植物

犬にとって危険な食べ物と言えば、玉ねぎ、チョコレートなど知っている飼主さんは多いのですが、案外、身近にあって犬にとって危険な植物につては知らない飼主さんが多いようです。中には犬が口にすることで深刻な事態を引き起こす植物もあるので注意しましょう。

あなたの家にもあるかも!犬にとって危険な観葉植物

アイビーやドラセナ(幸福の木)など良く家庭で見かける観葉植物ですが、実はこれらは毒性のある植物です。葉の毒性が強く、犬が食べてしまうと吐き気、嘔吐、下痢などの症状が現れます。ドラセナは消化器障害などを引き起こす場合もあるので特に注意が必要です。

庭で見かける可憐な花々にも毒性のある危険な花があります。

お庭のあるお宅では、犬を庭に放して遊ばせることもあるかと思いますが良くお庭で見かける花の中にも犬にとって危険な毒を持ったものがあります。パンジー、アジサイ、スイセン、沈丁花など、あなたのお庭に植えてありませんか?パンジー、スイセンは神経麻痺などの深刻な症状を引き起こすこともあります。

季節ごとに楽しむ鉢植えの花にも注意して!

冬になると良く売られている鉢植えにシクラメンがあります。寒い季節に咲く可憐な花を家に飾りたいと冬場に人気の鉢植えですね。でも、シクラメンにも毒性があるので犬にとっては危険な花なのです。他にもクリスマスローズ、ヒヤシンス、チューリップなども毒性があります。

お散歩で注意したい危険な植物たち

散歩で通るイチョウ並木や、公園で見かける藤棚やソテツ、アヤメ、これらも毒性を持った植物です。野山で見かけるワラビも人間にとっては美味しい山菜ですが、生のまま犬が食べると吐き気や嘔吐などの症状が現れる危険な植物です。他にもきのこ類など人間が口にしても危険なものがあるので注意しましょう。

毒性のある植物は、犬に近づけないのがベスト!

観葉植物や鉢植えの場合、犬が届かない場所に飾るようにしましょう。庭の草花は囲いをするなどして犬が近づけないようにし、散歩コースはなるべく、危険な植物のある場所は避けるようにすることで犬を植物の中毒から守ることが出来ます。もし、犬がこれらの植物を食べてしまったらすぐに病院へ連れて行くようにして下さい。

犬は胸やけや不快感を治すため嘔吐を促す目的で草を食べることがあります。ただし、安全な植物と毒性のある植物を食べた場合とでは嘔吐の他に、ふらついたり、泡を吹いたり、明らかな違いがあるのですぐにわかります。そんな時は、水を飲ませると消化を促すことになるので水を飲ませず病院へ連れて行くようにしましょう。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

犬のいびきは病気のサイン⁈愛犬のいびきの疑問解決します。

犬もいびきをかくコは多いものです。中には人間顔負けのいびきをかく犬もいますね。あまり大きないびきは病気のサイ…

Chriee / 1319 view

犬にも隠れ肥満があるって知ってた?!お散歩や普段の生活で内蔵脂肪を落とすコツ

犬も内臓脂肪がつきます。肥満気味の犬は内臓脂肪がついている可能性が高いのです。でも、落としていくにはどうした…

Chriee / 1697 view

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 1065 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1333 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 936 view

あなたの愛犬は大丈夫?暖かくなってきたらフロントラインプラスで予防を

春先に入って気温が上昇してくると、ノミやマダニの活動が活発になります。散歩中など日常の生活の中で犬に付着して…

Chriee / 2421 view

愛犬が寝たきりになったら…高齢犬の床ずれ対策は大丈夫?

犬も高齢になると寝たきりになってしまうことがあります。そうなると人と同じで床ずれが出来てしまうことをご存じで…

cezannee / 1754 view

獣医師が解説「犬のオナラ」:くさ~いニオイには要注意!?オナラのあれこれまとめ

犬もオナラをします。プッと音を立てたり、音はしなかったけどぷーんと臭ってきたり。くさ~いオナラは体調不良が原…

本間獣医科病院 / 1269 view

獣医師が解説「血便(犬の病気)」:病気の発見につながることも!?タイプ別と対処法まと…

うんちに血が!? 愛犬の普段の便の色や硬さ、においなどみていますか?ちょっとした変化にすぐ気づいてあげること…

本間獣医科病院 / 2057 view

これなら使わせてみたい!?愛犬の健康グッズ5選

ペット用のサプリも多いですが、健康グッズも実はいろいろあって、愛犬の健康を気づかう飼い主さんには使ってみたい…

Chriee / 1867 view

犬と楽しく遊んでいたら突然の発作!?パテラって何?

小型犬に多いパテラ。先天的なものもありますが、普段の過ごし方が原因で急になってしまったりします。予防の仕方や…

Gigii / 2209 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 1917 view

関連するキーワード