知っているようで知らない身近にある危険な植物

犬にとって危険な食べ物と言えば、玉ねぎ、チョコレートなど知っている飼主さんは多いのですが、案外、身近にあって犬にとって危険な植物につては知らない飼主さんが多いようです。中には犬が口にすることで深刻な事態を引き起こす植物もあるので注意しましょう。

あなたの家にもあるかも!犬にとって危険な観葉植物

アイビーやドラセナ(幸福の木)など良く家庭で見かける観葉植物ですが、実はこれらは毒性のある植物です。葉の毒性が強く、犬が食べてしまうと吐き気、嘔吐、下痢などの症状が現れます。ドラセナは消化器障害などを引き起こす場合もあるので特に注意が必要です。

庭で見かける可憐な花々にも毒性のある危険な花があります。

お庭のあるお宅では、犬を庭に放して遊ばせることもあるかと思いますが良くお庭で見かける花の中にも犬にとって危険な毒を持ったものがあります。パンジー、アジサイ、スイセン、沈丁花など、あなたのお庭に植えてありませんか?パンジー、スイセンは神経麻痺などの深刻な症状を引き起こすこともあります。

季節ごとに楽しむ鉢植えの花にも注意して!

冬になると良く売られている鉢植えにシクラメンがあります。寒い季節に咲く可憐な花を家に飾りたいと冬場に人気の鉢植えですね。でも、シクラメンにも毒性があるので犬にとっては危険な花なのです。他にもクリスマスローズ、ヒヤシンス、チューリップなども毒性があります。

お散歩で注意したい危険な植物たち

散歩で通るイチョウ並木や、公園で見かける藤棚やソテツ、アヤメ、これらも毒性を持った植物です。野山で見かけるワラビも人間にとっては美味しい山菜ですが、生のまま犬が食べると吐き気や嘔吐などの症状が現れる危険な植物です。他にもきのこ類など人間が口にしても危険なものがあるので注意しましょう。

毒性のある植物は、犬に近づけないのがベスト!

観葉植物や鉢植えの場合、犬が届かない場所に飾るようにしましょう。庭の草花は囲いをするなどして犬が近づけないようにし、散歩コースはなるべく、危険な植物のある場所は避けるようにすることで犬を植物の中毒から守ることが出来ます。もし、犬がこれらの植物を食べてしまったらすぐに病院へ連れて行くようにして下さい。

犬は胸やけや不快感を治すため嘔吐を促す目的で草を食べることがあります。ただし、安全な植物と毒性のある植物を食べた場合とでは嘔吐の他に、ふらついたり、泡を吹いたり、明らかな違いがあるのですぐにわかります。そんな時は、水を飲ませると消化を促すことになるので水を飲ませず病院へ連れて行くようにしましょう。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたのワンちゃんは大丈夫?飼い主が気付くべき愛犬の不調

犬達は人間のように言葉が話せない分、私達が気付いてあげなくてはなりません。おう吐、下痢をした場合、犬が不調を…

bellee / 1036 view

知っておきたい、夏に多い犬の病気とトラブルの予防と応急処置

夏は発汗による体温調節が出来ない犬にとっては苦手な季節。人間以上に熱中症や夏バテにかかりやすい上、皮膚病や怪…

cezannee / 1990 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2214 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4702 view

犬も糖尿病になる⁈生活習慣病からワンちゃんを守る、健康的な食事とは?

犬も糖尿病になるのでしょうか?生活環境やフードも人間並みに豊かになっている反面、肥満気味の犬や生活習慣病も心…

Chriee / 1026 view

犬の水分足りてますか?暖かくなったら散歩にも給水器持参でお出かけしましょう

暖かくなると犬もお水をたくさん飲みます。特にお出かけや散歩には必ず持参して十分与えたいですね!飲みやすく便利…

Chriee / 2479 view

飼い主がいないと不安になる犬の分離不安という病気のまとめ

あなたの愛犬はちゃんとお留守番が出来ますか?飼い主がいないと落ち着かない、時には自分自身を傷つけてしまうこと…

Chriee / 1856 view

犬の健康に影響!?乳歯からの生え変わりで心がけたいこと

個体差はあるものの、生後半年前後で犬は乳歯から生え変わります。そのタイミングがうまくいかない場合には健康に以…

Chriee / 1306 view

犬の年齢ごとに変わる病気や不調、シニア犬になったら特に気をつけたい愛犬の5つの病気!

犬も人間同様、年齢ごとにかかりやすい病気・不調があります。特にシニアになってから特に気をつけたい主な病気とそ…

Chriee / 1281 view

獣医師が解説「骨折」:骨折かも・・・と思ったらどうすればいい?予防や症状は?

骨折とは何らかの力によって骨の構造の連続性の一部、または全部が絶たれた状態です。近年は、室内飼育のわんちゃん…

本間獣医科病院 / 1847 view

今、犬の寿命はどれぐらい?種類によってさまざまなんです

犬を飼っていると気になるのは寿命です。出来るだけ長く一緒にいたいのは飼い主なら誰でも思うことです。種類ごとの…

Chriee / 937 view

獣医師が解説「犬の熱中症」:気温の高い時期は注意が必要!いざという時、自宅で行える応…

気温が高く、日差しの強い時期になると、熱中症の発生が増えます。どのような症状になるのか、また、犬種によるかか…

本間獣医科病院 / 1701 view

関連するキーワード