知っているようで知らない身近にある危険な植物

犬にとって危険な食べ物と言えば、玉ねぎ、チョコレートなど知っている飼主さんは多いのですが、案外、身近にあって犬にとって危険な植物につては知らない飼主さんが多いようです。中には犬が口にすることで深刻な事態を引き起こす植物もあるので注意しましょう。

あなたの家にもあるかも!犬にとって危険な観葉植物

アイビーやドラセナ(幸福の木)など良く家庭で見かける観葉植物ですが、実はこれらは毒性のある植物です。葉の毒性が強く、犬が食べてしまうと吐き気、嘔吐、下痢などの症状が現れます。ドラセナは消化器障害などを引き起こす場合もあるので特に注意が必要です。

庭で見かける可憐な花々にも毒性のある危険な花があります。

お庭のあるお宅では、犬を庭に放して遊ばせることもあるかと思いますが良くお庭で見かける花の中にも犬にとって危険な毒を持ったものがあります。パンジー、アジサイ、スイセン、沈丁花など、あなたのお庭に植えてありませんか?パンジー、スイセンは神経麻痺などの深刻な症状を引き起こすこともあります。

季節ごとに楽しむ鉢植えの花にも注意して!

冬になると良く売られている鉢植えにシクラメンがあります。寒い季節に咲く可憐な花を家に飾りたいと冬場に人気の鉢植えですね。でも、シクラメンにも毒性があるので犬にとっては危険な花なのです。他にもクリスマスローズ、ヒヤシンス、チューリップなども毒性があります。

お散歩で注意したい危険な植物たち

散歩で通るイチョウ並木や、公園で見かける藤棚やソテツ、アヤメ、これらも毒性を持った植物です。野山で見かけるワラビも人間にとっては美味しい山菜ですが、生のまま犬が食べると吐き気や嘔吐などの症状が現れる危険な植物です。他にもきのこ類など人間が口にしても危険なものがあるので注意しましょう。

毒性のある植物は、犬に近づけないのがベスト!

観葉植物や鉢植えの場合、犬が届かない場所に飾るようにしましょう。庭の草花は囲いをするなどして犬が近づけないようにし、散歩コースはなるべく、危険な植物のある場所は避けるようにすることで犬を植物の中毒から守ることが出来ます。もし、犬がこれらの植物を食べてしまったらすぐに病院へ連れて行くようにして下さい。

犬は胸やけや不快感を治すため嘔吐を促す目的で草を食べることがあります。ただし、安全な植物と毒性のある植物を食べた場合とでは嘔吐の他に、ふらついたり、泡を吹いたり、明らかな違いがあるのですぐにわかります。そんな時は、水を飲ませると消化を促すことになるので水を飲ませず病院へ連れて行くようにしましょう。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「逆くしゃみ(犬の病気)」:小型犬や短鼻種のワンちゃんに起こりやすい!?…

逆くしゃみって知っていますか? 犬が突然立ち止まって苦しそうにグエ~グエ~というような音をさせながら、空気を…

本間獣医科病院 / 2077 view

犬の体にできるイボって皮膚病?取らなくても大丈夫?

愛犬の皮膚にイボが出来ていることはありませんか?イボは子犬にも見られることがあります。イボからしこりまで皮膚…

Chriee / 2643 view

愛犬のお口が臭い!ひどい口臭はこうして解決できる!?

シニアになってくると気になるのが愛犬の口臭です。歯磨きができるコでも気になるという飼い主さんは多いようです。…

Chriee / 1437 view

獣医師が解説「糖尿病」:どんなワンちゃんがかかりやすいの?予防法は?

糖尿病は膵臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足したり、うまく働かなかったりすることで起こります。…

本間獣医科病院 / 1532 view

みんなどうしてる?犬のバスタイム、適切な回数はどれくらい?

犬を自宅で入れる場合もトリマーさんにお願いする場合も、気になるのはその頻度だと思います。爪切りなどと合わせて…

Chriee / 1062 view

川や湖での愛犬との水遊びで健康トラブルを起こさない!さまざまな注意事項や予防策とは

暖かくなると川辺でのバーベキューや湖へのキャンプなど、水に触れるレジャーも増えますね!愛犬が健康トラブルを起…

Chriee / 939 view

獣医師が解説「犬の咳」:病気のサインかも?考えられる原因や治療法について

愛犬がよく咳をしている。もしかしたらその咳は深刻な病気のサインかもしれません。その咳の原因はなんでしょうか?…

本間獣医科病院 / 1820 view

くしゃみはどんな病気の症状?愛犬の逆くしゃみについて知っておきましょう

突然起こる犬の逆くしゃみ。どの犬もというわけではありませんが、驚く飼い主さんは多い筈です。病気の症状の一つ?…

Chriee / 804 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 1665 view

獣医師が解説:「犬の水頭症」ボーっとしている、寝てばかりいる…症状と予防について

なんだか目がうつろでぼーっとしている、なかなかお手やおすわり、しつけが覚えられない、そんな症状が愛犬にあった…

本間獣医科病院 / 1560 view

獣医師が解説「息が荒い(犬編)」:呼吸困難!?症状から考えられる病気や対応について

息が荒い!呼吸困難かも…愛犬が荒い呼吸をしていたら...。考えられる病気と対応をまとめました。

本間獣医科病院 / 4437 view

獣医師が解説「犬の低血糖」:怖い副作用もある!どのような対処や治療が必要なのでしょう…

低血糖とは血糖値の異常な低下と定義されます。近年の超小型犬~小型犬ブームもあり、子犬での発生も多い病態です。…

本間獣医科病院 / 2361 view

関連するキーワード