愛犬の痴呆は飼い主さんが気をつけてあげましょう

犬の痴呆は、人間のように言葉や態度などはっきりした分かりやすいものが無いだけに、なかなか把握しにくいかも知れません。実際に痴呆症を発症した犬の飼い主さんでも症状を把握するのは完全ではないようです。犬の痴呆症について書いてみたいと思います。

犬の痴呆は何歳頃から始まるのか?

犬種や個体差によっても様々ですが、早い場合は大型犬であれば7〜8歳頃から、中型犬、小型犬は10歳以降に見られることがあり、15歳前後が最も多いようです。小型犬であれば15歳以降というと本当にもう高齢ですよね。足腰も弱る頃という感じかと思います。

痴呆はこんな症状が見られます

時間の概念が乱れることが多く、普段なら寝ている時間に起きていたりと睡眠時間のズレが起こったり、深夜何も無い時に吠えるようになったりと、いつもと違う行動が見られようです。
ずっと出来ていたトイレが分からない、いつもの道を迷うなどの行動が見えたら痴呆を疑ったほうが良いでしょう。

痴呆になりやすい犬種は?

痴呆を起しやすい犬種としては日本犬が最も多いようです。しかしもちろん、環境や健康状態などの個体差もある為、日本犬以外の犬種も痴呆になる犬はいます。
愛犬がある程度の高齢になって、いつもと違う行動や呼びかけに対して反応がおかしい時には早めに受診してみると良いですね。

痴呆が進んでしまうとどうなってしまうのか?

嗅覚や聴覚も低下していくので、普段なら過敏に反応出来ていた犬でも、反応が見られなくなったり、さらには飼い主も認識出来ない場合もあります。
トイレが分からない、出来ない場合は室内ではオムツをして対処するなど、症状が出て来たら必要な準備を早めに備えておくのも大切ですね。

痴呆の症状が見られたら早期に病院へ

愛犬に痴呆が疑われる症状が見えてきたら、早期に病院を受診しましょう。適切な治療を早い段階から受けることで進行を遅らせたり、軽減することが出来ます。
愛犬に起こっている症状や普段との違いを適切に説明出来るように、普段から愛犬の行動を見ているのも飼い主に出来ることです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬が高齢になってくると、身体の衰えは当然出て来ますが、痴呆になってしまうとさらに大変なことも増えてくると思います。
実際に痴呆になってしまったら、飼い主として出来ることをしてあげるのも大切ですし、十分な治療も大切です。
そして何より、元気なうちにはたくさん一緒に遊んであげたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

獣医師が解説「犬の耳ダニ」:目で見える?激しく痒がる、耳が赤くなる…こんなサインに要…

耳ダニとは、ヒゼンダニというダニの仲間であるミミヒゼンダニを指し、犬や猫の耳道に寄生し、外耳炎を発症させます

本間獣医科病院 / 2941 view

気をつけて!あなたの家や身近にあるかもしれない、犬にとって危険な植物。

私たちの身近にある良く知っている植物の中には、犬にとってとても危険な植物があります。それらの植物を犬が食べて…

cezannee / 2385 view

獣医師が解説:「シニア犬の生理」注意すべき病気や症状について

犬の生理は6~8か月周期できますが、高齢になってくると生理がこなくなる閉経の状態になるのでしょうか?

本間獣医科病院 / 1393 view

獣医師が解説「フィラリア」:予防こそが最善の策!感染すると治療に危険や負担を伴う怖い…

フィラリアは蚊に刺されることでうつり、わんちゃんにとって、とても重要な病気の一つです。現在ではフィラリアの理…

本間獣医科病院 / 1105 view

犬にもうつ病があるのをご存知ですか!?そのサインと症状、ケアの一例をご紹介!

愛犬を苦しめてしまう病気の中に、うつ病があります。通常の病気やケガと違い、症状が目に見えないので、つい見逃し…

Chriee / 2460 view

獣医師が解説「腸閉塞」:なんでも口に入れちゃうコは要注意!気になる症状と対策は?

何らかの原因で腸がつまってしまい食べものが流れなくなった状態です。ワンちゃんでは、食べ物でない異物を食べてし…

本間獣医科病院 / 2282 view

犬にマイクロバブルのお風呂、シャンプーよりいいって本当?

最近多いマイクロバブルのお風呂。動物病院でも推奨している所もあったり通常のシャンプーより犬に良いと聞きますが…

Chriee / 5252 view

愛犬の目が赤い時は?こんな病気の症状かもしれません

愛犬の目が赤い時はありませんか?見た目は元気でも目が赤くなっていると心配ですよね?目が赤い症状はいくつかの病…

Chriee / 2124 view

獣医師が解説「犬の脳腫瘍」:種類や検査方法、治療について

現在では犬の高齢化もあることから脳腫瘍は珍しくなく、MRIなどの画像診断を用いることで犬の脳腫瘍の診断が可能…

本間獣医科病院 / 2214 view

愛犬の困った涙やけ!正しい手入れの仕方と予防をご紹介

愛犬の眼の周りの毛が赤茶けた色に染まってしまう涙やけ。どうしたら健康的できれいな目元にすることができるでしょ…

cezannee / 2079 view

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使う以外の方法ってありますか?

ペットのノミ・ダニ対策、薬を使えば簡単なのはわかってるけど、様々な理由で使えない、使いたくない場合があります…

cezannee / 2549 view

犬のくしゃみは風邪?それとも花粉症?要注意のくしゃみって?

愛犬が突然くしゃみをすることはありませんか?風邪?それとも花粉症なの?おさまると何でもないけど放っておいても…

Chriee / 1615 view

関連するキーワード